autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン「ゴルフ トゥーラン」が11年ぶりにフルモデルチェンジ

自動車ニュース 2016/1/12 15:33

フォルクスワーゲン「ゴルフ トゥーラン」が11年ぶりにフルモデルチェンジ

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ トゥーラン

フォルクスワーゲングループジャパンは、7人乗りのコンパクトMPV「ゴルフトゥーラン」を、11年ぶりにフルモデルチェンジし、1月12日より発売開始した。

ゴルフトゥーラン初のエントリーグレードとして「TSIトレンドライン」(受注生産)を新たに設定し、従来型同様の「TSIコンフォートライン」と最上位グレードの「TSIハイライン」を含めた3グレードとしている。

ボディカラーはカリビアンブルーメタリックとアトランティックブルーメタリックを含む全5色展開で、価格(消費税込)は、「TSIトレンドライン」が2,847,000円、「TSIコンフォートライン」が3,170,000円、「TSIハイライン」が3,769,000円。

トップクラスの先進安全技術や装備、運転支援システムを採用

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ トゥーラン

ゴルフトゥーランは従来型モデルにおいても、ABS、ESPに加えて、合計6つのエアバッグや、前席むち打ち軽減ヘッドレスト、全席3点式シートベルト、エマージェンシーストップシグナルなどを全車に標準装備するなど、アクティブセーフティ、パッシブセーフティの両面でクラスをリードしていた。

新型ゴルフトゥーランは、それに加えて、新たに安全運転をサポートする『アダプティブクルーズコントロール“ACC”』や『レーンキープアシストシステム“Lane Assist”』、ドライバーへの注意喚起を促す『ドライバー疲労検知システム』、万が一の衝突に備える『プロアクティブ・オキュパント・プロテクション』、衝突回避をサポートする『プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”』、衝突被害を軽減する『9つのエアバッグ』や『インテグレーテッドチャイルドシート(後席一体型チャイルドシート)』、歩行者保護を目的とした『アクティブボンネット』、そして二次被害の防止を目的とした『ポストコリジョンブレーキシステム』といったフォルクスワーゲン独自の最新安全テクノロジーを全車に標準もしくはオプションで設定している。

新型ゴルフトゥーランも、安全技術の開発に妥協のない取り組みを続け、実用化に成功するとクラスやグレードに関わりなく幅広い展開を図るという、フォルクスワーゲンの安全哲学の上で、開発・生産され、欧州の公的自動車安全評価である2015ユーロNCAPにおいて、最高レベルの5スターを獲得した。

最新の生産方式「MQB」を採用し、よりスタイリッシュなプロポーションを実現

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ トゥーラン

全長とホイールベースが長くなったことで、エクステリアの印象は、従来型よりずっとスマートでスタイリッシュになった。ボディ全体の光による陰影がモダンで彫の深い面処理と、精密な水平基調のラインによる力強い存在感を創出している。

新しいゴルフトゥーランのフロント部分は、水平基調のラインで構成され、従来よりワイドになったボディを強調している。ボディサイドは、力強いホイールアーチと複数の水平ラインが、視覚面でのアクセントになっていて、AピラーからDピラーまでひとつながりになったウインドーのデザインは、従来型よりもずっとフラットでスタイリッシュな印象を与える。このサイドビューで特徴的なのは、彫りの深い2重のキャラクターラインが前後のドアハンドルと同じ高さに引かれており、真横から見ると、2つのドアハンドルがキャラクターラインと重なってひとつの線を成すように感じられる点である。

またリアセクションでは、サイドから伸びたキャラクターラインが、車両全体の造形的な一体感を高める役割を果たして、このキャラクターラインが、左右のテールランプの両端を結んでおり、その中央にVWエンブレムが配置されている。

さらに広くなった室内空間で、多彩なシートアレンジ(最大荷室容量:1,857L)

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ トゥーラン

全長4,535mm、全幅1,830mm、全高1,640~1,670mmのボディサイズは、従来型より130mm長くなり、35mm幅広くなり、最大で30mm低くなった。

ホイールベースは110mm延長されて2,785mmになっており、とりわけホイールベースが延びたことで、室内空間は従来型よりさらに広くなっている。

室内で、キーとなるメカニズムはフラットフォールドシート。これにより、2列目および3列目の最大5座の独立シートとフロント助手席のバックレストを、簡単な操作により全て折り畳んで、段差のないひとつながりのラゲッジフロアを得た。(助手席バックレストまで倒せるのはコンフォートラインとハイラインのみ)。

ラゲッジスペースは、3列目シートだけ畳んだ5人乗りの状態で最大917L、さらに2列目シートも畳んでフロントシートから後ろの部分をすべてラゲッジスペースとして使うと最大1,857Lにもなる。

居住性の面では、従来型と比べて2列目シートの前後スライド幅が40mm増え、3列目シートはレッグスペースが54mm拡大された。ドア開口部が拡がり、2列目の左右(外側)シートにワンタッチで前方にスライドする「イージーエントリー機能」を採用したことで、3列目シートの乗り降りもこれまで以上に容易になっている。

新開発1.4L TSIエンジンと7速DSGで走行性能と燃費効率を大幅向上(18.5km/L)

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ トゥーラン

ボディサイズがひとまわり大きくなってホイールベースも延長された一方で、車両重量は従来型と比べて20kgも減少。徹底した軽量設計と、ミニバンとしては画期的なCd値0.296のエアロダイナミクス、さらに新開発のオールアルミ製1.4L TSIエンジンは、最高出力が従来型よりも10PS増え、150PS/5,000~6,000rpm、最大トルクは従来型よりも30Nm大きく250Nm/1,500~3,500rpmとなり、コンパクトMPVでは、トップクラスのパフォーマンスを実現した。

このエンジンと7速DSGの組み合わせなどにより、新型ゴルフトゥーランは、燃料消費率を従来の15.0km/Lから18.5km/Lと、従来よりも23%改善することに成功している。

※燃費:JC08モード

最新のコネクティビティ

フォルクスワーゲン 新型ゴルフ トゥーラン

フォルクスワーゲンが提供する各種オンラインサービス“Car-Net”の一環として、新型ゴルフトゥーランに標準装備のインフォテイメントシステム“Composition Media”に搭載する新たな機能がApp-Connectである。

これは、車載インフォテイメントシステムとスマートフォンなど、機器間の接続手段として開発されたMirror Link、CarPlay(Apple社)、Android Auto(Google社)の3つの通信プロトコルに対応する。App-Connectを介してComposition Mediaにスマートフォンを接続すれば、各社が定める、もしくは対応するアプリを車載のタッチスクリーンで閲覧するだけでなく、操作することが可能になる。

例えば、Apple社が提供するMapsの簡易ナビゲーション機能やSMSなどをタッチスクリーンを介して利用できる他、Siriによる音声操作も可能となる。

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円