autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、スクーター「PCX」と「PCX150」に新色を追加

自動車ニュース 2015/5/18 12:17

ホンダ、スクーター「PCX」と「PCX150」に新色を追加

関連: ホンダ
ホンダ PCX(マットテクノシルバーメタリック)ホンダ PCX150(キャンディーノーブルレッド)

ホンダは、スタイリッシュなエクステリアと環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」と「PCX150」に新色を追加し、それぞれ5月22日(金)より発売開始する。

125ccの「PCX」には、精悍なイメージのマットテクノシルバーメタリックを追加。「PCX150」には、鮮やかなキャンディーノーブルレッドを追加し、それぞれ全4色のラインアップとした。

価格は「PCX」が329,400円(消費税込)、「PCX150」が360,720円(消費税込)としている。

「PCX」のカラーバリエーション

・マットテクノシルバーメタリック(新色)

・パールジャスミンホワイト(継続色)

・ポセイドンブラックメタリック(継続色)

・キャンディーノーブルレッド(継続色)

「PCX150」のカラーバリエーション

・キャンディーノーブルレッド(新色)

・パールジャスミンホワイト(継続色)

・ポセイドンブラックメタリック(継続色)

・マットテクノシルバーメタリック(継続色)

20歳代、30歳代に人気のあるPCXシリーズ

「PCX」、「PCX150」は、ともに2014年にフルモデルチェンジし、ヘッドライト、テールランプなどの全灯火器にLEDを採用。また、新設計のフロント・リアカウルを採用するなど、スタイリッシュで高級感のあるエクステリアとしている。

エンジンについては、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」の一部を改良し、低・中速域で力強いトルク特性を発揮することで、両車種ともに燃費性能の向上を実現した。

PCXシリーズは、20歳代、30歳代のユーザーを中心に、スタイリッシュなエクステリアに加え、燃費性能に優れ力強い出力特性のエンジンや使い勝手の良い装備などで高い支持を得ている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19