autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ベントレー、2シータースポーツカー『EXP 10 SPEED 6』を世界初公開!【ジュネーブショー2015】

自動車ニュース 2015/3/3 14:13

ベントレー、2シータースポーツカー『EXP 10 SPEED 6』を世界初公開!【ジュネーブショー2015】

ベントレー『EXP 10 SPEED 6』

ベントレーは、ラグジュアリーとパフォーマンスの今後の方向性を提示する車として、「EXP 10 Speed 6」を『ジュネーブモーターショー 2015』にて初公開した。

このコンセプトカーは、モダンなデザインと優れた職人技、最高級の素材、そして先進技術を用い、英国流に仕立てた2シーターの高性能スポーツカーである。

数々のレースで成功を収めた創業当時から、モータースポーツで世界的な活躍をみせている現在に至るまで、ベントレーのDNAにはいつもスピード(速さ)というものが脈々と受け継がれている。EXP 10 Speed 6を通してそのイメージを具現化し、ベントレーを象徴するデザインの数々を高度なクラフトマンシップと現代のテクノロジーに融合させた。

エクステリアとインテリアにアクセントとして採用された銅製のパーツを見ると、このコンセプトカーの新パワートレインが秘めた、高性能ハイブリットのポテンシャルに期待が膨らむ。

デザインは現代的、しかし紛れもなくベントレー

ベントレー『EXP 10 SPEED 6』

EXP 10 Speed 6のエクステリアは、航空機の胴体と主翼の空力形状を参考にした力強くがっしりとしたデザイン。ベントレーの特徴として受け継がれてきた美しさと精密さを備えたデザインに現代的な解釈を加えることを目指した。その結果、ベントレーらしい雰囲気を残しつつ、すっきりとしたモダンなエクステリアのクーペが誕生した。

ひと目でベントレーと分かるマトリックスグリルや、4灯の丸目ヘッドライトに採り入れた新デザインを始めとし、モータースポーツで使用されるブリティッシュグリーンをさらに濃く、鮮やかなメタリックにしたエクステリアカラーに至るまで、往年のベントレーを参考にした魅力的で現代的なアイデアがそこかしこに散りばめられている。ベントレーらしい伝統のラグジュアリーさが最新技術で生き生きと蘇っている。

EXP 10 Speed 6のボディ形状とボディラインはダイナミックな彫刻をイメージしている。シャープなラインと滑らかな曲面を調和させ、ねじれたようなデザインでスピード感を表現した。たくましい外観形状とアスリートのような佇まいに加え、フロントはショートオーバーハングとロングボンネットを組み合わせてグリルを低めに設定。リア形状は長めのCピラーでワイド化した。

エクステリアの素材やディテールは、そのひとつひとつをモダンベントレーの視点で設計。最先端技術により金属の3Dプリントが可能となり、メッシュグリルやエキゾースト、ドアハンドル、サイドベントなどがマイクロメートル単位の精度で造形されている。例えば、ベントレー独特のメッシュグリルを斜めから眺めると、それが平坦な格子状ではなく、奥行きのある複雑な3D形状になっていることが分かる。精密加工のヘッドライトガラスには、ベントレーでよく使われるキルト模様のレザーを模した立体的なテクスチャーが施された。

このエクステリア全体で表現しているのが、次世代のベントレーである。無駄がなく、引き締まり、この上なく精密で、過去と現在と未来のすべてのベントレーをひとつに進化させたデザインとなっている。

ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』

ベントレー史上最高となる性能重視のラグジュアリーなキャビン

ベントレー『EXP 10 SPEED 6』

インテリアを特徴づけているのは、キャビンを取り囲むように構成された切れ目のないライン。コンソールから伸びたラインが、左右対称の翼を広げたような形状に沿ってドアへと流れ、最後はコンソールのアームレストにつながっている。細めのセンターコンソールには、優美な操作機器と直観的に使用できる12インチのタッチスクリーンを装備し、キルト模様の入ったエレガントなスポーツシートをコンソールの両側に配した。未来を感じさせるテクノロジーとベントレーの高度なクラフトマンシップが違和感なくまとめられている。

インテリアのディテールは、ベントレーが受け継いできたDNAの本質を大切にしながら、さらに一歩前進させた形とした。例えば、ベントレー伝統のローレット加工は実用性にも優れ、車内の様々な操作機器に取り入れられているが、このコンセプトモデルではスチールと銅という2種類の金属を使用した3Dのテクスチャーに仕上げてある。

センターコンソールのアルミ製フレームの中には弓なりに曲がったタッチスクリーンを設け、指先で簡単に操作できるデジタルインフォメーションを一体化した。ギアレバーは非対称な形状でアルミと銅とサクラ材で仕上げてあり、浮かび上がったようにデザインされたBのボタンが組み込まれている。このボタンを押すと、車の発進に合わせてフェイシアのメーター類が水平位置からドライバーが見やすい位置まで起き上がる。機械式のタコメーターとデジタル式のディスプレイを組み合わせることで、ドライバーインフォメーションのモダンさとアナログの美しさが完璧なバランスで調和する。

インテリアのリア空間は、特別に設計した4個セットの旅行かばんを収納できるように2つに分割された。インテリアの他の空間と同じく、リア空間もベントレーの優れた職人の手によって最高品質のPoltrona Frau製レザーで装飾が施されている。

ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』ベントレー『EXP 10 SPEED 6』

会長兼CEO Wolfgang Dürheimer 氏のコメント

「EXP 10 Speed 6は、ベントレーが目指す未来像のひとつ、パワフルで優雅で個性あふれる車というコンセプトを形にしたものです。2シーターの超高級スポーツカーとして最高峰のモデルとなり得る車です。ドライバーを主体とした胸躍るような性能、そして近代ベントレーのトレードマークであるラグジュアリーとエフォートレス(努力いらず)な走りを実現します。この車が将来、Continental GTと肩を並べるような新たなカーラインアップとなる可能性もありますし、そうなればこのセグメントの頂点を極めるニューフェイスとなることでしょう。また、EXP 10 Speed 6のスタイリングは、ベントレーの現行モデルに大きな影響を与えるであろうと考えています。スポーツカーの新しいコンセプトモデルというだけでなく、ベントレーのスポーツカーの将来像であり、未来を見据えた当ブランドの大胆なビジョンを示す車です」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー の関連記事

ベントレーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー の関連記事をもっと見る

ベントレー の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17