autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、全国販売店業務システムを一新 ~営業担当者向け端末をタブレット化~

自動車ニュース 2015/2/23 14:39

トヨタ、全国販売店業務システムを一新 ~営業担当者向け端末をタブレット化~

関連: トヨタ
商談風景イメージタブレット画面 商談メモタブレット画面 商品提案タブレット画面 商品説明

トヨタは、全国の系列販売店向け業務システム「ai21(アイ21)」の全面改良を2014年12月に実施し、このほど販売店への本格展開を開始したことを発表した。

今回の全面改良の第一の目的は、利用客へより質の高いサービスを提供することである。トヨタの販売店では約20年前よりノートパソコンを活用した営業活動に取り組んでいるが、今回、営業担当者用ノートパソコンの営業支援機能をタブレット端末に対応させることで、より迅速できめ細かいユーザーへの対応が可能となる。

さらに、高効率なクラウド型のサーバーセンター構築等による販売店のITコスト低減やシステム担当者の工数削減といった、販売店の業務効率向上も見込んでいる。

ai21は、トヨタが提供する、車両販売店向け統合型業務システムで、営業担当者の商談・受注管理から、購入後の点検・整備の案内/受付業務、財務会計・人事給与といった事務領域まで、幅広い範囲を総合的にカバーする。2001年から展開を開始し、現在では全国のトヨタの販売会社約300社が利用している。今回の全面改良は、2007年以来2度目となる。トヨタ系全チャネルおよびレクサス店の合計約5,000店舗で、2015年12月までに新システムに順次切替える。

ai21全面改良の詳細

(1)営業支援系機能のタブレット端末対応

展示車周辺の立ち話やユーザー宅の玄関先などでも、動画を交えた「商品説明」や割賦商品と組み合わせた「お得な買い方の提案」が可能となり、ITを活用した提案力と、利用客満足度の向上を目指す。

【タッチ操作に対応させた主な機能】 ※現状(ノートパソコン)も同等の機能を実装済

◇商談メモ/見積書の作成

◇エアロパーツなど、選択したアクセサリーの装着状態を、360度立体的な画像に投影

◇乗り換え後の維持費のシミュレーション

◇成約内容に基づくローン審査/自動車保険/テレマティクス等関連サービスへの申込連携

◇成約車両の在庫検索/メーカーへの車両発注等、基幹業務への連携

(2)基幹業務系機能のWeb化

主に事務所内で使用する、点検/車検などのサービス受付、新車/U-Carの受注・在庫管理、財務会計等の機能においては、旧来は画面制御のため、各端末に専用ソフトをインストールするシステムだったが、Webブラウザーで動作する形式に変更することで、販売店内システム担当者の保守・運用工数(定期的なプログラムの入替など)を軽減する。

※(1)(2)とも、最新のOS「ウインドウズ8.1」に対応。ai21を動作させるため、販売店が端末と併せて購入していた有償ソフトを極力削減し、端末コストの低減をはかる。

(3)集約サーバーセンターの再構築

業務データを集中処理する、トヨタ専用クラウドセンターを新たに構築。現在は、一部のai21サーバーを販売店に設置しているが、すべて不要となり、コスト低減のほか、災害・セキュリティーの脅威を極小化することで、預かるユーザーの情報を、より安全・安心な環境で運用することができる。

(4)オールトヨタ販売店イントラネットの強化

(株)トヨタデジタルクルーズが提供する、トヨタとトヨタの販売店を結ぶネットワークを大容量型に更新することで、通信速度を向上しながらも、利用料を旧来より下げ、販売店のコスト負担を低減。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24