autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース F1タイヤサプライヤー「ピレリ」、今シーズン残り3戦のタイヤ選択を発表

自動車ニュース 2012/10/17 17:12

F1タイヤサプライヤー「ピレリ」、今シーズン残り3戦のタイヤ選択を発表

F1タイヤサプライヤーのピレリは、今シーズン残り3戦のタイヤ選択を発表した。

アブダビGPでは、決勝が夕方から夜にかけて、気温の低下が進む中で行われ、サーキットには多様なスピードとコーナーが存在する中、路面がスムースで、過度のデグラデーションが無いため、「P Zeroホワイト・ミディアムタイヤ」と「P Zeroイエロー・ソフトタイヤ」が使用される。

一新されたアメリカGPでは、初となるオースティンでのレースとなり、夏の間にピレリのエンジニアが検証したシミュレーションデータから、ハードとミディアムが最も適応していると判断。新設のサーキットでは、比較的保守的な選択があらゆる可能性をカバーすると考えられている。高い気温が予想される中、最近もピレリのエンジニアがサーキットを訪れ、非常に大きなタイヤへの負荷を確認している。

最終戦のブラジルGP インテルラゴス・サーキットでは、高低差、高速コーナー、タイヤ構造にかかる非常に大きな負荷などにより、タイヤにとって厳しいサーキットであることが有名。そのため、2012年シーズン最終レースとなるブラジルGPでも、ハードとミディアムを選択している。

ピレリは、先日の日本GPにて、3位表彰台を飾った日本人F1ドライバー小林可夢偉がドライバーを務めるザウバーにもタイヤ供給を行っている。

次は、第17戦インドGP(ニューデリー)が10月26日~28日に行われる。

PZero Red

PZero Yello

PZero White

PZero Silver

オーストラリアGP

(メルボルン)

Soft

Medium

マレーシアGP

(クアラルンプール)

Medium

Hard

中国GP

(上海)

Soft

Medium

バーレーンGP

(サヒール)

Soft

Medium

スペインGP

(カタルーニャ)

Soft

Hard

モナコGP

(モンテカルロ市街地)

Supersoft

Soft

カナダGP

(モントリオール)

Supersoft

Soft

ヨーロッパGP

(バレンシア市街地)

Soft

Medium

イギリスGP

(シルバーストン)

Soft

Hard

ドイツGP

(ホッケンハイムリンク)

Soft

Medium

ハンガリーGP

(ブダペスト)

Soft

Medium

ベルギーGP

(スパ・フランコルシャン)

Medium

Hard

イタリアGP

(モンツァ)

Medium

Hard

シンガポールGP

(シンガポール市街地)

Supersoft

Soft

F1日本GP

(鈴鹿サーキット)

Soft

Hard

韓国GP

(霊岩-ヨンアム)

Supersoft

Soft

インドGP

(ニューデリー)

Soft

Hard

アブダビGP

(ヤス・マリーナ)

Soft

Medium

アメリカGP

(テキサス州オースティン)

Medium

Hard

ブラジルGP

(サンパウロ)

Medium

Hard

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!