autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSI 実燃費レビュー【ワインディング編】 2ページ目

燃費レポート 2010/6/10 10:52

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSI 実燃費レビュー【ワインディング編】(2/2)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSI 実燃費レビュー【ワインディング編】

Sモードならワインディングでクルマとの一体感を味わえる

ゴルフ 1.2TSIトレンドラインゴルフ 1.2TSIトレンドライン

ひとたびワインディングロードに入ると、DSGのこの動きは変貌する。国道や県道ほど、素早くシフトアップをしない。傾斜の強い路面での加速中やハンドルを切っている状態では、そのギアを維持しようとする。

加速を続け、同時にエンジンブレーキに備えるためだ。すぐにシフトアップしないで、同じギアを使い続ける働きは、Dモードの下に位置しているSモードを選ぶと、より強くなる。スロットルペダルを奥まで強く踏み込むと、1速か2速、場合によっては3速(!)キックダウンし、そのままレッドゾーンの5,000回転まで引っ張る。

Dモードだったらとっくにシフトアップしている高いエンジン回転域であっても、そのままのギアを維持して走り続ける。エンジンブレーキを多用するワインディングロードでは、Sモードの方が走りやすいし、クルマとの一体感を味わえる。

DSGのソフトウェアが更新されて、発進時の滑らかさが向上したのも朗報だ。これまでは、一瞬エンジンが失速したかのようなギクシャク感を伴うことがあったが、今回は皆無だった。

いいことばかりのトレンドラインだが、ここでは弱点も露呈した。

ゴルフ 1.2TSIトレンドライン

タイヤノイズである。連続するコーナーで右に左にハンドルを切っていくと、ハンドルを切っている状態ではタイヤと路面の摩擦によるノイズが過大になる。

直進時にはそれほど大きくなく気にならないのだが、舵角が与えられるとタイヤのトレッド面と路面との間に横方向の摩擦が生じて、その音が大きくなる。

前述した通り、ゴルフは静粛性が高いから、余計に目立つのだ。

この時に履いていたタイヤは「コンチネンタル ECOコンタクト3」という銘柄で、サイズは195/65R15。クルマ側に原因があるのか、タイヤ側に原因があるのか、履き替えてみないことには特定できない。

ワインディングロードでの燃費は、10.4km/L。エンジンを高回転まで回したからガソリンを多く使ったが、それでも立派な値だ。

フォルクスワーゲン ゴルフ 1.2TSIトレンドライン 実燃費レビュー

ワインディング編の実燃費は「10.4km/L」となりました

エコと走行性能を両立させた「ゴルフ TSIトレンドライン」実燃費レビュー第2回は、ワイディング編!平日、交通量が少ない茨城県の「筑波山」を走行し、VW ゴルフの走行安定性を実感しつつロープウェイ乗り場へ。

大駐車場に立ち寄った後、筑波山を下山し、桜川市を北上。北関東自動車道 桜川筑西ICの入り口までのワインディング編の実燃費は「10.4km/L」となりました。

【一般道編】走行ルート:丸の内~水戸街道~筑波参道口/実燃費:14.3km/L

【ワインディング編】走行ルート:筑波山~真壁町~北関東自動車道 桜川筑西IC/実燃費:10.4km/L

筆者: 金子 浩久

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円