autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 安っぽさは消えた!!三菱 新型「ミラージュ」を生産国タイで速攻試乗! 2ページ目

試乗レポート 2015/12/10 13:52

安っぽさは消えた!!三菱 新型「ミラージュ」を生産国タイで速攻試乗!(2/2)

関連: 三菱 ミラージュ Text: 国沢 光宏 Photo: 三菱自動車工業株式会社
安っぽさは消えた!!三菱 新型「ミラージュ」を生産国タイで速攻試乗!

「これならば問題なし!」と呼べるほどのレベルへと仕上げられている

三菱 新型ミラージュ

では試乗といきましょう。

搭載されるエンジンは3気筒の1200cc。日本もマイナーチェンジでこのエンジンだけになるようだ。

タイ人のメディアに「日本はアイドルストップが付いているのか?」と聞かれ「減速中は13km/hでエンジンが止まる」と答えていた。そうなのね。

三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)

エンジンフィールは現在の1200ccと変わらない。車重900kgと軽いため、過不足なく走ります。

乗り心地&ハンドリングは相当進化している。前期型に乗ると明らかに剛性感足りず、コーナー攻めたらペタンとロールし、ズルズルとアンダーになった。

乗り心地も軽自動車のレベル。そのあたりをマイナーモデルで改善したと言っていたが・・・なるほど。

騒音振動、乗り心地、全て2ランクくらい向上した感じ。これまたコンパクトカーの平均になった。このくらい仕上がっていれば問題なし。

試乗終了後、工場取材も行われた。工場長は日本人なのでたっぷり話を聞けました。

車両のクオリティとして評価すると、今や日本と同じレベルにあるとのこと。前期型で指摘されるインテリアの質感不足は「樹脂の色合いなどのためかもしれません」。確かに生産ラインを見たら、溶接行程で自動化率が日本より少ない程度。今や三菱全体で最大の規模になったとのこと。

環境に対する配慮も日本と同じ。完成検査ラインは排気管にカプラー付けて排気ガスが漏れないようしているし、燃料を入れる行程では日本にも無い排気ダクト付け、工場内にガソリン臭を漏らさないようになっていた。

広報担当の女性に話を聞いたら「一生懸命作っているので日本でもっと売れたら嬉しいです」。

「日本の三菱自動車に頑張るよう伝えます」と答えておきました。

三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ(2015年マイナーチェンジモデル)三菱 新型ミラージュ三菱 新型ミラージュ
筆者: 国沢 光宏

三菱 ミラージュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ミラージュ の関連記事

三菱 ミラージュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ミラージュ の関連記事をもっと見る

三菱 ミラージュ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28