autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート かわいいあいつが、いつの間にやらイケメンに!?/MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポ 3ページ目

試乗レポート 2015/12/14 13:52

かわいいあいつが、いつの間にやらイケメンに!?/MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポ(3/5)

関連: ミニ ミニクラブマン , ミニ ミニ Text: 今井 優杏 Photo: 原田淳・小林岳夫
かわいいあいつが、いつの間にやらイケメンに!?/MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポ

荷室や後席の使い勝手にも磨きがかかった

MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏

さて、横方向と同時に全長も290mm伸ばしたクラブマンだが、だからこそ使いやすさには磨きがかかった。

実はクラブマンはMINIの3ドアや5ドアが網羅するスモール・コンパクトセグメントではなく、その上のコンパクトセグメントにカウントされる。

BMWで言うなら1シリーズ、他社で言うならメルセデス・ベンツのAクラスなどと同じCセグメントに打って出る戦略車なのだ。ご存知の通りCセグメントは競合ひしめく激戦区。普通のクルマじゃ歯が立たない。クラブマンにはすでに個性という武器があるからこそ、使い勝手を重点的に見直して戦場に飛び込んできた。

伸びた全長分の多くをリアシート中心に充てて従来モデルよりも余裕のあるニークリアランスを実現し、室内空間を広くとった。

個人的に注目したのは後部座席のシートの凝ったデザインだ。真ん中にドリンクホルダー付きの肘置きをあしらい、調度のようなステッチとパイピングの施されたソファライクなそれは、後席に試乗した奥様へのボディブローとなって、じわじわ効きそうである。

両手に荷物・・・そんなときでも「安心してください、開いてますよ!」

MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏MINI 新型「ミニ クラブマン」試乗レポート/今井優杏

さらに荷室も360Lという余裕を確保した。

後部座席のシートは40:20:20という分割可倒式を採用、使用感でもきめ細やかさを見せている。

ラゲッジルームに外からアプローチするバックドアはクラブマンお得意のスプリット式。真ん中がパカっと割れて左右に開く観音開きだ。さらにそのドアを使いやすくしたのが、BMWでもすでに採用されているイージー・オープナー。リアバンパーの下で足をさっと払う仕草をすることで、1度目で右側、2度目で左側のドアを開くことが出来る。

ま、お行儀の悪い!とは思うのだけど、なんだかんだ荷物の多い女性にとってこれは本当にありがたい機能。ファミリー需要を見込めるミニ クラブマンでは必須の機能だと思う。

[1.5ターボの走りはどうだ!?・・・次ページへ続く]

ミニ ミニクラブマン 関連ページ

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニクラブマン の関連記事

ミニ ミニクラブマンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニクラブマン の関連記事をもっと見る

ミニ ミニクラブマン の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24