autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ Eクラス 海外試乗レポート/河口まなぶ

試乗レポート 2013/4/10 15:15

メルセデス・ベンツ Eクラス 海外試乗レポート/河口まなぶ(1/2)

関連: メルセデス・ベンツ Eクラス Text: 河口 まなぶ Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ Eクラス 海外試乗レポート/河口まなぶ

新たに2つの顔を持った新型Eクラス

メルセデス・ベンツメルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツの基幹モデルであるEクラスが受けた今回のフェイスリフトは、端的に言ってしまえば“いまどきウケの良い、スポーティな方向へ舵を切った”ものであるが、実は大きな意味を含んでいる。

メルセデス・ベンツは現在、ブランド全体においてデザインで変革を行おうとしており、その流れの中にあって基幹モデルであるEクラスに施された今回の仕立ては、実は相当に思い切ったものだと見ることができる。

写真を見ていただくと判るが、今回のEクラスで最大の特徴は何といっても、ひとつ下のクラスであるCクラスと同様に、2つの顔を持ったことだろう。つまり、スポーティなアバンギャルドとクラシカルなエレガンスという選択が可能となったわけだ。

メルセデス・ベンツメルセデス・ベンツメルセデス・ベンツメルセデス・ベンツメルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツメルセデス・ベンツメルセデス・ベンツメルセデス・ベンツメルセデス・ベンツ

本国以上にスポーティ路線にシフトしている日本市場

メルセデス・ベンツ

しかし、である。

既に実証済みであることからも判るように、Cクラスではほとんどのユーザーがアバンギャルドを選んでいる。また同時にこの2つの顔が選べるようになったW204の登場によって、Cクラスは長年に渡って後塵を浴び続けたBMW3シリーズに対して、悲願の逆転を実現した経緯がある。

メルセデス・ベンツ

そうした成功体験も含め、ここ数年でメルセデス・ベンツはデザイン的に大きく舵を切ることになる。既にAクラスやCLAはその流れの中にあり、そしてEクラスも同じように…ということである。

今年の年央に上陸を果たすであろうEクラスは、日本独自のラインナップとして“アバンギャルド推し”となっているようだ。

つまり、売れ線にはアバンギャルド顔のみがラインナップされ、最もベーシックなモデルにのみスリーポインテッドスターをボンネットに載せたクラシックな顔付きのモデルが用意される。そう考えると日本市場は、本国以上にスポーティ路線にシフトしているともいえる。

メルセデス・ベンツ

かつてメルセデスのラインナップについて記すとき、グリル内にスリーポインテッドスターが配されたスポーツグリルは、限られたモデルだけの証…と書いたものだ。しかし今はどうだろうか?

今回のEクラスがアバンギャルド推しとなったことで、ボンネットにスリーポインテッドスターが載るモデルは、C/Eクラスの最もベーシックなモデルとSクラスのみになってしまった。

そう、気が付けばメルセデス・ベンツの顔つきはそのほとんどがスポーティ路線を既に走っている、と気付くのである。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円