autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!? 3ページ目

自動車評論家コラム 2016/8/24 20:27

マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?(3/3)

関連: マツダ Text: 桃田 健史
マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?

「RX-9」のポジションはズバリ!「GT-R」

日産GT-R(2017年モデル)レクサス LC500

仮に、「RX-VISION」=「RX-9」とした場合、「RX-9」はスーパーカーになる。

これから量産計画を立てるとなると、ベンチマークはアキュラ(日本ではホンダブランド)「NSX」となり、価格は2000万円級となるだろう。その価格を付けるとなれば、パワートレインには3ローターが必然となるはずだ。

いっぽうで、「RX-9」をマツダ第七世代のシンボルとして見る場合、商品企画としては高級スポーツカーであり、パワートレインは2ローター・ターボとなり、ベンチマークはレクサス「LC500」となるかもしれない。

だが、「LC500」は現行レクサスラインアップを考慮すると1000万円級になる可能性が高い。マツダとしては、レクサス級のブランドイメージにいきなりジャンプすることは、現時点で難しい。

そうなると、ちょうど良いベンチマークとなるのが、「GT-R」だ。R35が2007年に登場した際、車両価格は777万円だった。その後の改良を経て、現在は1000万円級にとなっている。

「RX-9」としても、売り出しは800万円程度で、仕様変更やスポーツパッケージ化などの改良によって、モデル後半に1000万円越えという価格イメージが想像できる。

■>>マツダの歴代ロータリー車等を写真でチェック(画像62枚)

「RX-9コンセプト」発表タイミングは?

マツダ RX-VISION

マツダラインアップが第七世代となる2017年、「RX-9コンセプト」登場のタイミングは同年の東京モーターショーになる可能性が高い。そして量産型の登場は「市販化GOから2~3年」と考えれば、世界発表の場が2019年1月の北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)という「逆算」が成り立つ。

日本を含め、先進国での「若者のクルマ離れ」が加速するなか、夢に満ちたジャパニーズスポーツカー「RX-9」登場をいまから大いに期待したい。

[Text:桃田健史]

■>>マツダの歴代ロータリー車等を写真でチェック(画像62枚)

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27