autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 噂のマツダ 4WD「i-ACTIV AWD」を北海道の雪上で試す!

試乗レポート 2015/12/31 09:35

噂のマツダ 4WD「i-ACTIV AWD」を北海道の雪上で試す!(1/2)

関連: マツダ Text: 日下部 保雄 Photo: 島村栄二
噂のマツダ 4WD「i-ACTIV AWD」を北海道の雪上で試す!

マツダの4WDにおける最大の特長「予兆制御」とは

マツダ CX-3 XD Touring Lpkg 4WDと日下部保雄氏i-ACTIV AWDのパワートレインレイアウトを前に、日下部氏

マツダのAWDが意外と「凄い」とかねてから聞いていたのだが、ようやくそれをトライするチャンスがやってきた。

北海道の北西部に位置するマツダの冬季テストコース、剣淵試験場でマツダの4WD「i-ACTIV AWD」を様々な角度から試乗することができたのだ。

i-ACTIV AWDのハード面の構成は、通常のスタンバイAWDの基本に則ってプロペラシャフトと多板クラッチの電子制御カップリング、リアデフを持つ一般的なもので、このハード面の構成については特に特徴的なところはない。

i-ACTIV AWDの最大の特徴は、多くのセンサーから情報を取り込んで前後の駆動力配分を“早めに”行うことにある。しかもマツダらしいのは、i-ACTIV AWDの為に新たに追加したセンサーはなく、コストを抑えつつ効果的なシステムを作り上げたことだ。

これらのセンサーは走行状態の判断としてアクセルペダル位置、ステアリング舵角、ブレーキ油圧。路面状況を知る手掛かりとしてワイパー、外気温、前後加速度、エンジン空気量/回転、ステアリングコラムトルク、パワーステアリング。そしてスリップを予測するセンサーとしては前後輪のスリップ比を検知している。

これを組み合わせることで27のセンサーからi-ACTIV AWDを構成する。いわゆる「予兆制御」を行うことがポイントだ。

ビギナードライバーには強い味方となるi-ACTIV AWD

マツダ CX-5 XD L-pkg 6AT 4WD [19インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]
マツダ CX-5 XD L-pkg 6AT 4WD [19インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]マツダ CX-5 XD L-pkg 6AT 4WD [19インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]

では、その実力を早速試してみよう。

登坂路での発進では、後輪にあらかじめ駆動力を分配することでスリップなくスタートできる。

最新のオンデマンドAWDは完成度が高く、このような場面でも前輪のスリップ直後に後輪に駆動力が配分され、スムースに発進でき、降雪地帯のドライバーには力強い味方だが、i-ACTIV AWDはほぼ前後輪で同時に駆動するので、スタート時の横ブレがほぼなく、まったく何事もなかったように発進できる。

さらに顕著にわかるのは、テストコースに設定されていた登坂発進のUターン路。

マツダ CX-5 XD L-pkg 6AT 2WD [19インチ ブリザックスタッドレスタイヤ]

このような場面ではフロントのハンドル取られがあってから後輪で押す格好になるので、狙いどおりに曲がれないケースもあったが、i-ACTIV AWDでは乾燥路のようにスムースに発進しハンドルどおりに曲がれるという強みを発揮した。

もちろんタイヤ性能以上の事は出来ないが、雪道を意識しないで走り出せるのはビギナードライバーにも安心感が高い。

また積雪とアイスバーンが混じる狭い道を走るときの安定性にも違いがある。

センサーから集まった情報から路面状況を判断して後輪に駆動力を最適配分しているので、前輪から発生する横ブレが少なく、路面μが異なるパッチ路など路面のグリップ力変化の大きい場面、あるいは凹凸による安定性が乱される場面などでは直進安定性は高い。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ の関連記事

マツダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ の関連記事をもっと見る

マツダ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23