autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レクサス HS250h 新型車解説

新型車解説 2009/7/14 16:15

レクサス HS250h 新型車解説(1/2)

関連: レクサス HS Text: オートックワン 編集部 Photo: 島村栄二
レクサス HS250h 新型車解説

レクサス版プリウスがデビュー!!

イメージ1
レクサス HS250h カラー:レッドマイカ クリスタルシャインエンジンルーム

レクサスからまた新たなハイブリッド車の登場だ。

レクサス版プリウスの異名を持つこのクルマの名前はレクサスHS250h。全長4,700mm×全幅1,785mm×全高1,505mmからなるボディサイズは、プリウスより一回り大きく、レクサスISとほぼ同等といったボリューム感だ。

そもそもこの「HS」とは、地球や人、さらに上質と“調和”するセダンを意味する「Harmonious Sedan(ハーモナイズ セダン)」の頭文字を取ったものだ。

まず特徴はその燃費性能だ。10・15モードで23.0km、JC08モードで19.8kmと、直4の2.4Lエンジン(150ps×19.1kgm)+モーター(143ps×27.5kgm)の組み合わせで、この低燃費性能は驚きだ。

しかも排気量は2.4Lでも、実際のパワーは2.5L車並のパフォーマンス性能を発揮するということで、なんともお得。

しかもプリウスと同じレギュラーガソリン仕様というからさらに嬉しい。

装備面では新型プリウス同様、通常の走行モードに加え、EVドライブモード、エコモード、パワーモードの3つのドライブモードを採用。

さらにG-Linkと連携してドライバーのエコドライブを支援するハーモニアスドライビングナビゲーターも搭載している。

材料面でも、環境に負荷が掛からないエコな素材を用いて作られている。

例えば植物由来のエコプラスチックをラゲージトリムの表皮材に採用したり、リサイクル材からなる防音材や、リサイクルプラスチックの使用量を大幅に増加させているなど、環境面に寄与する取り組みがされている。

また、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。さらに「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定も取得済みだ。

レクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンラート オパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャイン

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円