autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ロボットタクシー社の取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~ 2ページ目

新型車リリース速報 2015/10/2 08:23

ロボットタクシー社の取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~(2/3)

Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部
ロボットタクシー社の取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~

ハマスタの中なら、道交法もなんも関係ナシ!

ロボットタクシーの取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~[国家戦略特区プロジェクト発表会/2015年10月1日(木)/横浜スタジアム(神奈川県横浜市)]ロボットタクシーの取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~[国家戦略特区プロジェクト発表会/2015年10月1日(木)/横浜スタジアム(神奈川県横浜市)]

「ならば出来るところでガンガンやって経験し、データを取ろう」

そう考え、小泉氏がふと思いついたのが、ロボットタクシー社の親会社DeNA(ディーエヌエー)が経営する「横浜DeNAベイスターズ」の本拠地、ハマスタこと横浜スタジアム。

「交代投手が乗るリリーフカーとして、ハマスタにロボットタクシーが現れたら面白いよね」と、谷口会長らに無茶振りしたと話す。

そんな会話からわずか1ヶ月、今回の会見会場はまさにそのハマスタだ。

そう、会見後に小泉 進次郎政務官は、ロボットタクシーに乗って、颯爽とベイスターズvs巨人戦の始球式に参加・・・

するはずだったが、あいにくの雨模様で試合自体が中止。自動運転で先行するアメリカ・メジャーリーグも成し得ていない「野球場での無人走行」は、残念ながら翌日へ延期されてしまった。この「世界初」の偉業は、10月2日(金)、ハマスタのナイター(ベイスターズvs巨人戦)で行われる予定だ。

ベンチャーらしいスピード感で事が進む

ロボットタクシーの取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~[国家戦略特区プロジェクト発表会/2015年10月1日(木)/横浜スタジアム(神奈川県横浜市)]ロボットタクシーの取り組みが国家戦略特区プロジェクトに ~神奈川・湘南で2016年頭にも実証スタート~[国家戦略特区プロジェクト発表会/2015年10月1日(木)/横浜スタジアム(神奈川県横浜市)]

神奈川での実証実験車両のベースは、トヨタの「エスティマハイブリッド」。

特定の自動車メーカー等と手を組んでいるワケではなく、自動運転の仕組みは全て自社で開発された。赤外線レーザー、ミリ波レーダー、ステレオカメラ、GPSデータといった先進安全技術等を集約し、人工知能を用いた統括制御を用いて自動運転を実現させる。

公道での不測の事態に備えドライバーは常時乗車。オーバーライド機能で、ブレーキやステアリング操作した瞬間、手動運転に切り替わる安全装置も備えている。

ロボットタクシーの谷口会長は「小泉政務官と出会い、わずか半年。黒岩 神奈川県知事と会って1ヶ月。そんなスピード感で今回の国家戦略特区プロジェクト参加が決まった。ベンチャー企業はスピードが命。この歴史的な瞬間に大感動している」と喜びを語った。

[小泉 進次郎政務官がGooleやAppleに強い危機感を抱くワケとは・・・次ページへ続く]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!