autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ ヴェゼル(VEZEL)・ヴェゼルハイブリッド 新型車解説/渡辺陽一郎 2ページ目

新型車解説 2013/12/19 16:05

ホンダ ヴェゼル(VEZEL)・ヴェゼルハイブリッド 新型車解説/渡辺陽一郎(2/2)

関連: ホンダ ヴェゼル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 本田技研工業/茂呂幸正
ホンダ ヴェゼル(VEZEL)・ヴェゼルハイブリッド 新型車解説/渡辺陽一郎

フィットハイブリッドとは異なる方式で、4WDも設定

ホンダ ヴェゼル

エンジンは直列4気筒の1.5リッターで、ノーマルタイプのほかにハイブリッドもラインナップされている。ノーマルタイプはフィットの1.5リッターと共通なのだが、実はハイブリッドについてはフィットとヴェゼルで異なる方式が取られている。

フィットハイブリッドがアトキンソンサイクルエンジンとしたのに対し、ヴェゼルハイブリッドは「直噴式」だ。そのためにエンジン自体の性能も、最高出力が132馬力(6,600rpm)、最大トルクは15.9kgf-m(4,600rpm)と高い。エンジンとモーターの駆動力を合計したシステム最高出力は「152ps」(フィットハイブリッドは「137ps」)に達し、フィットハイブリッドを15ps上まわっている。

ノーマルエンジンは、最高出力が131ps(6,600rpm)、最大トルクは15.8kg-m(4,600rpm)だ。

ホンダ ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルホンダ ヴェゼル

トランスミッションは、ノーマルエンジンがCVT(無段変速AT)。ハイブリッドは2組のクラッチを用いた7速DCTだ。DCTは全車にパドルシフトを装着。有段ATを生かした変速操作が可能だ。

ヴェゼルの駆動方式は、「FF」と「4WD」が用意されている(フィットハイブリッドに4WDの設定はない)。クロスオーバーであるヴェゼルの個性を打ち出した。ヴェゼルの4WDは、電子制御される多板クラッチによって後輪に駆動力を伝えるタイプだが、ヴェゼルではコーナリング時に後輪の駆動力配分を高めることにより、車両を内側に曲げる力を強められる。

JC08モード燃費はグレードによって異なる。ハイブリッドの場合、最も燃費の高い標準仕様の2WDは「27km/L」だが、4WDのX・Lパッケージはタイヤサイズも17インチになって「21.6km/L」に下がる。

1.5リッターのノーマルエンジンは2WDなら「19.2km/L」~「20.6km/L」、Gの4WDでも「19km/L」だから、上級グレードを選べばハイブリッドでも燃費性能にあまり差は生じない。システム最高出力が152psまで高まる半面、燃料の消費量も相応に増えるわけだ。

ライバル車も含め、SUVがちょっとしたブームになりそう

ホンダ ヴェゼル

装備では「あんしんパッケージ」に注目。フィットなどにも採用されているが、赤外線レーザーを使った衝突回避の支援機能を備えている。サイド&カーテンエアバッグを含めてオプション価格は僅か6万円と、少ない出費で高い安全性を得られるのでおススメしたい。

ヴェゼルのグレード構成は、「G」「X」「S」の3グレードがノーマルエンジンで、4WDは「G」にのみ設定されている。つまり、2WD中心の構成だ。

ヴェゼルハイブリッドについては、「標準仕様」「X」「X・Lパッケージ」の3グレードで、それぞれに2WDと4WDが設けられている。

ホンダ ヴェゼルホンダ ヴェゼル

ノーマルエンジンとハイブリッドとの価格差は約34万円。フィットの場合は1.3リッターとの比較で実質27万円、1.5リッターとの比較なら実質15万円程度だが(いずれも装備の違いを補正した価格)、ヴェゼルではハイブリッドも直噴式になるため、ハイブリッドの価格上乗せは大きめだ。

2WDと4WDの価格差については、装備の違いを補正するとハイブリッドが約16万円、ノーマルエンジンは18万円ほど4WDが高い。4WDの相場は18~20万円なので、ヴェゼルハイブリッドでは4WDを選ぶ価値がありそうだ。額面上は20万円以上の差額になっても、4WDにはコンフォートビューパッケージなどが標準装着されている。

グレード間の装備と価格の違いを照合すると、ヴェゼルでは上級グレードになる程、割安だ。例えば2WDの「ハイブリッド(標準仕様)」と「ハイブリッドX」を比べると価格差は16万円だが、プラスされる装備はあんしんパッケージ(オプション価格は6万円)、LEDヘッドライト(フィットのオプション価格は6万5,000円)、LEDポジションランプ、フォグランプなど、総額22万円相当に達する。

ホンダ ヴェゼルホンダ ヴェゼル

さらに、「ハイブリッドZ」になると「ハイブリッドX」に対する価格上昇は15万円だが、アルミパッケージ(オプション価格は8万4,000円)、コンビシート&専用インテリア、ラゲッジルームハードボードなど、21万円相当の装備を加えている。もっとも、実用性を考えると、ノーマルエンジンなら「X」(2WD:201万円)、ハイブリッドも同様に「X」(2WD:235万円/4WD:256万円)がお買い得だ。

そして、付加価値を求めないならばノーマルエンジンの「X(2WD)」で十分だろう。ハイブリッドを選ぶなら、走行安定性が向上して機敏な運転感覚も得られる「ハイブリッドX(4WD)」にすると良い。

「ハイブリッドX(4WD)」の車両価格は256万円だから、先ごろ発表された「日産 エクストレイル」の「20X エマージェンシーブレーキパッケージ(4WD:252万7350円/2列シート)」に近い設定。広い室内を得られるエクストレイルか、付加価値の高いヴェゼルのハイブリッドか、という選び方になる。また、価格が少し高まるが、スバル「XV ハイブリッド」の「2.0i-Lアイサイト(278万2,500円)」もライバル車に含めて良いだろう。

マツダ「CX-5」や「XV」の人気が高く、「エクストレイル」、トヨタ「ハリアー」もフルモデルチェンジを受けた。さらにヴェゼルが登場したことで、SUVがちょっとしたブームになりそうだ。

ホンダ ヴェゼル

過去を振り返れば、この15年ほどの間日本車にはブームがなく、売れ筋は実用指向の軽自動車/コンパクトカー/ミニバンで硬直化していた。来年以降は、この流れが少し変わるかも知れない。

2014年4月には消費増税があるが、SUVの好調な売れ行きは、国内販売にとって追い風となるはず。この需要を絶やさないためには、地道に商品改良を行い、大切に売って行くことが求められる。SUVは実用指向の軽自動車やコンパクトカーほど生命力が強くないから、油断をすれば売れ行きが下がる。2014年はSUVを発端に、クルマの世界が楽しくなる年であって欲しい。

ホンダ ヴェゼル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ヴェゼル の関連記事

ホンダ ヴェゼルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ヴェゼル の関連記事をもっと見る

ホンダ ヴェゼル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円