autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 ホンダ フリードスパイク グレード比較 2ページ目

新車グレード比較 2010/7/8 15:26

ホンダ フリードスパイク グレード比較(2/3)

関連: ホンダ フリードスパイク Text: 松下 宏 Photo: 村西一海
ホンダ フリードスパイク グレード比較

C/価格訴求のためのベースグレード

フリードスパイク C

160万円を切る価格が設定された、ベースグレードの「C」。

フリードスパイクが、「150万円台」から買えることをアピールするために設定したグレードで、購入の対象外と考えていい。

エアコンがフルオートではなく「マニュアル」となり、運転席アームレストやバニティミラー付サンバイザー、シートバックポケットが装備されず、ドアミラーがブラックでホイールキャップすら付かない。このグレードは積極的に選ぶ人も少なく、おすすめとはいえないだろう。

G/割安グレードではあるが、物足りない装備

フリードスパイク G

「G」グレードは、バリエーションの中心ともいえる割安グレードだ。

Gには「Gジャストセレクション」というグレードの設定もある(以下参照)が、GジャストセレクションとGでは装備の違いが大きすぎるため、ここでは別グレードとして解説したい。

Gの価格は、Cに対して10万円高の170万円を切る設定。

価格がアップした10万円分の違いとしては、エアコンがマニュアルから「フルオート」になり、運転席アームレストやバニティミラー付サンバイザー、シートバックポケットなどが装備され、タイヤもホイールキャップ付になる。ドアミラーもボディ同色だ。

ホンダ HDDインターナビ

また、Gではホンダ純正の「HDDインターナビゲーション」がオプション装着できるようになる。

エアコンがフルオートになるのは大きいが、Gでもまだ装備には物足りなさが残る。

横滑り防止装置のVSAや、パワースライドドアなどをセットにしたLパッケージ、コンフォートビューパッケージなどをオプション装着することができないことも、物足りなさに繋がっている。

Gジャストセレクション/充実装備&オプションでおすすめのグレード

フリードスパイク ライトイメージ

Gをベースに魅力的な装備を追加し、さらにオプション選択の自由度を高めたのが「Gジャストセレクション」で、Gに対して9万円高い178.8万円の価格が設定されている。

Gとの装備の違いは、まず最近の人気(必須?)装備である「ディスチャージヘッドライト」が挙げられる。

フリードスパイク インテリア(Gジャストセレクション)

内装関係も、チタン調インテリア、チタン調ATレバー、シルバードアハンドルなどによってグレードアップされ、ドリンクホルダーには照明が付く。プライバシーガラスも標準だ。

オプションもGでは選択できなかったVSAを始め、パワースライドドアやスマートキーなどをセットにした「Lパッケージ」、スカイルーフ(FF車のみに設定)、撥水ガラスなどの「コンフォートビューパッケージ」(4WD車は標準装備)などが、Gジャストセレクションでは選択できるようになる。

ホンダ フリードスパイク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリードスパイク の関連記事

ホンダ フリードスパイクの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリードスパイク の関連記事をもっと見る

ホンダ フリードスパイク の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円