autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート/松下宏

試乗レポート 2010/10/20 20:45

ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート/松下宏(1/3)

関連: ホンダ フィットハイブリッド , ホンダ フィット Text: 松下 宏 Photo: オートックワン編集部
ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート/松下宏

モーターの存在を意識させない、洗練されたフィーリング

フィットハイブリッド
フィットハイブリッドフィットハイブリッド

10月8日に発表されたフィットハイブリッドは、CR-Zやインサイトなどと同じハイブリッドシステムである「IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)」方式が採用されている。

IMAにおけるモーターの役割は、あくまでもエンジンのアシストだ。その為、他のホンダのハイブリッド車と同じようにイグニッションを回すとエンジンが始動する。さらに、発進はエンジンだけを駆動力とし、その後の状況に応じてモーターが加速をアシストしていく。

巡航からアクセルを踏み込んでいくと、じんわりとモーターの力が加わってくるのだが、フィットハイブリッドではこのアシストの効かせ方がとても穏やかで、モーターの存在を意識させないほど自然だ。かつてのシビックハイブリッドなどで体感した様な加速感とは、まるで異なる味付けがされている。

少し強めにアクセルを踏み込んでも、瞬間的に加速するのではなく、なだらかに加速が盛り上がっていく。知らず知らずのうちに速度が上がっている、という感覚である。

これまでのホンダのハイブリッド車に比べても、走りはかなり洗練された感がある。

逆に、時速40km/h~80km/h位の定速走行から徐々にアクセルを緩めていくと、アクセル開度が4分の1程度になったところからEV走行モードに入った。EV走行では、エンジンを使わずにモーターのみで走行する。

フィットハイブリッドでは、他のハイブリッド車に比べて車両重量が軽いというメリットを生かし、EVモードで走れる領域や時間を拡大させたという。

フィットハイブリッドフィットハイブリッド

インパネにあるマルチインフォメーションメーターで「エネルギーモニター」を表示させていると、EV走行中はメーター内部に小さくEVの文字が浮かび上がり、EV走行に入ったことが分かる。

フィットハイブリッドのメーターは、インサイトと同じ「アンビエントメーター」が採用されており、燃費の良い走り方のときにはメーター照明が「グリーン」になり、燃費の悪い走り方をしているときには「ブルー」になる。

また「ECONモード」が設定されているのもインサイトと同じで、スイッチオンのときにはメーターに葉っぱのマークが表示される。

フィットハイブリッドでは、プリウスのようにドライバーの意志により自由にEVモードにして走ることは出来ないものの、アクセルワークを上手に行えばかなりの距離をモーターのみで走行することが出来るだろう。

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円