autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ホンダ新型「シビックタイプR」日本では1000台限定販売!?

自動車評論家コラム 2015/6/29 17:10

ホンダ新型「シビックタイプR」日本では1000台限定販売!?

関連: ホンダ シビックタイプR Text: 国沢 光宏 Photo: 国沢光宏

いよいよ欧州で先行発売!日本はいつ?

ホンダ 新型シビックタイプR

新型「ホンダ シビックタイプR」が、いよいよ欧州で先行発売される。

【画像で見る】新型シビック タイプR

新型シビックタイプRは、ル・マン24時間レースの時にフランスでも披露され、パレードラップ。その後、ホンダブースに展示された。もちろん、しっかりと見てきました!「日本車なのに、なんで欧州から売るの?」という不満はさておき、現在分かっている情報をいくつか。

2リッターとは思えない、途方もないトップスピードを叩き出す

ホンダ 新型シビックタイプR
ホンダ 新型シビックタイプRホンダ 新型シビックタイプR

まず、新型シビックタイプRの基本スペックを並べておく。

搭載されるエンジンは2リッター直噴ターボで310馬力&最大トルク400Nm。ニュルブルクリンク市販車FFモデル最速記録を持つ「ルノー・メガーヌRS 275 トロフィーR」の275馬力を凌ぐ。

6速マニュアルトランスミッションを組み合わせており、最高速は2リッターエンジンとしては途方も無い「270km/h」とのこと。 ちなみに、6速ギアが伸びきって270km/h出るということなので、レーシングカーと同じようなギア配分を持つ(普通の市販車の6速は燃費を稼ぐための巡航用)。

車重はメガーヌRS 275 トロフィーRの1.310kgより少し重い「1,382kg」と発表されている。ル・マンで展示されていた車両は、イギリスで先行販売される右ハンドルじゃなく「左ハンドル」でした。

実車を見て興味深かったのが「ボディワーク」。トレッドを確保するためワイドフェンダーとし、空気抵抗の減少と高速域でのダウンフォースを少しでも稼ぐべく、大型のリアスポイラーやディフューザー形状のリアバンパー、それだけではなくフロント部分のリップスポイラー、そしてテールランプ下に空力付加物が加えられている。

ブレーキは、もはや定番になった「ブレンボ」。競技にも使えそうなほど大きなサイズの対向ピストンだった。

気になるダンパーを聞いてみたら「まだ公表してません」。ニュル一等賞を狙うなら、オーリンズかビルシュタイン、ザックスしかないでしょう。今まで欧州生産のタイプRはザックスだったので、迷うこと無い?

なんと!日本での販売は台数限定!?

ホンダ 新型シビックタイプR

続いてタイヤを見て「あらま!」、“無印”であります!

御存知の通り、タイヤでサーキットのラップタイムは大きく変わる。全長2kmの筑波サーキットですらSタイヤを履けば2秒速くなるほど。13km以上あるニュルなら簡単に10秒も違う。御存知の通り新型シビックタイプRはプロトタイプでメガーヌのラップを更新してます。その時のタイヤを知りたかったのだけれど、どうやら“公開できないタイプ”だったようだ。

考えてみれば最近の86レース用のタイヤを見ると、Sタイヤ(真っ直ぐ方向のミゾが無く雨天時は使用制限ある)でなく、市販タイヤのパターンで超ソフトコンパウンドのタイプも出てきた。そういったタイヤを使っていたのかもしれない。

すでにニュルは危険防止のため全開アタックを禁止。もし市販タイヤを使った新型シビックタイプRの全開アタックが済んでいなければ、開発目標の「ニュルで市販FF車世界最速」のタイトルは難しくなってしまう。

もう一つとっておきの情報を!日本での販売は「1,000台限定」になるようだ。新型シビックタイプRが欲しいなら、早めに動いて吉です。

筆者: 国沢 光宏

ホンダ シビックタイプR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シビックタイプR の関連記事

ホンダ シビックタイプRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックタイプR の関連記事をもっと見る

ホンダ シビックタイプR の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円