autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 売れ筋輸入車ワゴン徹底比較 2ページ目

3台比較 2009/5/15 09:00

売れ筋輸入車ワゴン徹底比較(2/4)

売れ筋輸入車ワゴン徹底比較

もっとも扱いやすいパワーシフト

フロントスタイルリアスタイル

今回の中でもっともボディサイズがコンパクトながら、ボルボらしいスクエアな雰囲気を残しつつ、ボディパネルやルーフラインはかなり丸みを帯びているという表情豊かなものとなっており、ひとめでわかる存在感を醸し出している。段付きのウエストラインや、連続性のある縦長のテールランプが織り成すリアビューも印象深い。

2007年9月のマイナーチェンジで、前後ランプ類などのデザインがリフレッシュされている。

145馬力(107kW)を発生する新開発2L直4NAエンジンは、パワーシフトとの組み合わせに特化して開発された印象で、いかなるシーンでも必要十分なトルクを得ることができる。

トルコンを持つATに近い感覚のシフトフィールは、引っかかり感もなく、今回の3台の中でもっとも違和感なく乗れる。マニュアル操作をすると、メーター内のポジション表示が先行し、あえてゆっくりとシフトチェンジすることで、変速ショックを極力起こさないようにしている。クリープも自然で、車庫入れなどの微低速での移動もしやすい。いたって扱いやすい仕上がりである。

乗り心地も十分に快適に保たれているが、フットワークではスポーツワゴン的な引き締まった感覚もあり、小気味よい走りが楽しめる。走り味はいたって軽快ながら、ステアリングの切り始めはゆるやかに反応し、ゆったりと落ち着いて乗れる側面も併せ持つ。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

1.4LTSIでも十分にパワフル

フロントスタイルリアスタイル

特徴的なワッペングリルに始まるエクステリアは、大きくスラントしたボンネットが、そのまま傾斜角のきついフロントピラーにつながり、Dピラーも大きく寝かせるワンモーション的なフォルムを形成している。

ただ、トレンドラインではスチールホイール+ホイールカバーが標準となるので、なんらか手を入れたいところではある。

初めてDSGに乾式クラッチを採用したことで注目されているが、ドライブフィールでは、ネガ要素が少々気になるところ。1.4L直噴ターボエンジンは十分にパワフルで、高速道路の再加速も不満なくこなす。ただし、ある境界点から急に過給される印象で、さらに、半クラッチ制御の難しい乾式クラッチと組み合わされたことで、実用域ではギクシャク感を伴いがち。とくに再加速時には顕著に顔を出し、低回転域でのジャダーも気になる。ダイレクト感は高いのだが、扱いやすさの面では弱点も多々見受けられるのは否めない。

流れに乗ってしまえばあまり気にならなくなるのだが、渋滞路や住宅地、車庫入れ時、とくに勾配のついた場所では、それなりに気を使うことになる。

ただし、このあたりは先般モデルチェンジしたゴルフⅥではだいぶ改善されていたので、その変更内容がヴァリアントにも早期に盛り込まれることを期待したい。

乗り心地は、3台中でもっとも快適といえる。ハッチバックのトレンドラインではエコタイヤが標準となるが、ヴァリアントは一般的なタイヤを履く。ゴルフらしいしっかり感があるものの、反面ロードノイズは大きめとなる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

2L TFSIエンジン+7速Sトロニックの妙味

フロントスタイルリアスタイル

Dセグメントとしては大柄なボディとなった現行A4のアバントは、セダン同様、ダイナミックで美しいシルエットを得た。Dピラーを細身に見せつつ、大きく傾斜させることで、ワゴンっぽさの払拭を狙ったかのような、スタイリッシュなボディに仕上がっている。

Sラインでは、専用のエアロフォルムバンパーとサイドシルなどが付くほか、足まわりが専用設定となり、ホイールも専用の5スポークデザインの18インチ仕様となる。

新設計されたエンジンは、従来と同じボア×ストロークだが、バランスシャフトや可変排気バルブリフトシステムを採用するなど、全面的に刷新されている。スペック面でも従来の2L TFSIよりも大幅に向上しており、1.8L TFSIに対しても、わずか200ccの違いとは思えないほど差が開き、ピークトルク値は3.2L V6をしのぐほど。実際にドライブしても、この恩恵を享受できる。また、静粛性は非常に高く、上質感も身につけている。

7速Sトロニックは、A3のものよりもだいぶ洗練されており、ダイレクト感を持ちつつも、扱いやすくしつけられている。パドルシフトを介して意のままに瞬時にシフトチェンジさせることもできる。ただし、微低速での移動のスムーズさについては、まだ改良の余地がある。

前後の駆動力配分を40:60とし、状況に応じて最大で20:80から60:40まで変化する最新のクワトロシステムにより、ナチュラルなハンドリングを得ているところもよい。

エンジン、AT、サスペンション、ステアリングなどの特性をスイッチ操作で切り換えることのできるオプションの「アウディドライブセレクト」は、高価ではあるが、クルマの特性がガラッと変わり、ドライビングプレジャーを高めてくれる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

3モデルともデュアルクラッチトランスミッションながら、ドライブした印象は三車三様でけっこう違いがある。VWとアウディは、ダイレクト感を重視したと思われるが、反面ややギクシャク感を伴う。これも時間の経過により、洗練されていくことだが、現状では少々気になる。逆にV50は、扱いやすさを最重視したように思われる。あくまで現状における3モデルの仕上がりで、日本の道路事情においては、V50の味付けがもっとも適しているといえるだろう。

フットワークについては、俊敏でかつ安定性の高いA4アバントの仕上がりぶりが光る。それは、攻めた走りをしたときもそうだが、一般走行時においても痛感させられる。他の2モデルに対する価格差も大きいわけだが、やはりハイレベルな仕上がりではある。 ゴルフヴァリアントも、安定感は高く、もっとも乗り心地がよい 。V50は、乗り心地の快適性を損なうことなく、落ち着きのある中にスポーティな感覚も持ち合わせており、そのバランスは絶妙である。乗り比べてみるとそれぞれのよい点を感じ取ることができる。

ボルボ V50 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント 関連ページ

アウディ A4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V50 の関連記事

ボルボ V50の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • ボルボ 新型 V40(ブイ・フォーティ) 試乗レポート/飯田裕子

    試乗レポート

    ボルボ 新型 V40(ブイ・フォーティ) 試乗レポート/飯田裕子

    濃厚ジュースのように滋味深い1台2月19日、ボルボから新型車「V40」(ブイ・フォーティ)がデビューした。従来型「V50」など複数のモデルの....

  • 欧州コンパクトワゴン 徹底比較

    3台比較

    欧州コンパクトワゴン 徹底比較

    国内メーカーのこのクラスのワゴンはめっきり数が少なくなっているが、欧州メーカーでは各社がしのぎを削っており、それが日本市場でも一定の人気を維....

  • 売れ筋輸入車ワゴン徹底比較

    3台比較

    売れ筋輸入車ワゴン徹底比較

    かつてのワゴン人気が一段落し、いつしかワゴンユーザーの目は、C~Dセグメントの較的コンパクトで、価格もそれほど高くない実直的なモデルに向けら....

ボルボ V50 の関連記事をもっと見る

ボルボ V50 の関連ニュース

  • ボルボ、V50・S80の特別限定車を発売

    自動車ニュース

    ボルボ、V50・S80の特別限定車を発売

    ボルボ・カーズ・ジャパンは、V50およびS80に特別限定車を設定、V50は4月16日、S80は4月23日より販売を開始する。V50ならではの....

  • ボルボ、50周年特別限定車「V50 SPORTS」発売

    自動車ニュース

    ボルボ、50周年特別限定車「V50 SPORTS」発売

    ボルボ・カーズ・ジャパンは正規輸入開始50年目を記念し、同社の主力車種であるV50シリーズにアウトドアなどでのスポーツをより愉しむための厳選....

  • ボルボ、V70・V50の特別限定車を発売

    自動車ニュース

    ボルボ、V70・V50の特別限定車を発売

    ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社は、主力車種であるV50とV70にインテリア・装備を充実し、コストパフォーマンスを高めた特別仕様の限定車「V....

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円