autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ベーシック軽トールワゴン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2008/12/3 16:16

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較(2/4)

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較

見た目も走りも大きく質感向上

フロントスタイルリアスタイル

誰の目にもワゴンRとわかるスタイリングのまま、ボディパネルの抑揚や、ウインドウ形状などにこだわり、前進感や上質感を表現。前後ランプの形状も特徴的なものとなった。

新規プラットフォームの採用により、走りも大幅に進化。基本となるボディ剛性が高く、ステアリングやサスペンションの取り付け剛性も向上しており、走りのしっかり感が格段に増した。さらに、乗り心地の快適性や静粛性も大きく向上している。これらの要素は旧型とは比較にならないレベルである。

エンジンは、FXリミテッドでは54psの可変バルブタイミング機構付き自然吸気エンジンに、ジャトコ製CVTもしくは4速ATが組み合わされる。ATではどうしてもゼロスタート直後や登坂時の加速にストレスを感じるが、CVTはエンジンの効率のよいところを巧みに引き出し、スムーズに加速してくれる。またCVTでは、カテゴリー中トップとなる23km/Lの低燃費を実現しているところにも注目したい。

全体として、旧型に比べて見た目も走りも大幅にクオリティ感が向上し、一気にライバルに追いつき、超えたといえる完成度を誇る。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

四角さを強調したスタイリング

フロントスタイルリアスタイル

丸味を帯びた現行ムーヴのスタイルは、軽トールワゴンの次世代のカタチとして意図されたものだが、反面、四角いほうが好みというユーザーも少なくなかったという。そこで企画されたのがムーヴコンテだ。

四角さを強調したボディは、エッジを面取りし、不要なモールやライン類を入れることもなく、プレーンにデザインされている。フロントマスクは、やや素っ気ない印象もあるが、それも個性のひとつだろう。上級グレードではフォグランプが標準装備される。また、この形状により非常に見切りがよい。

すでに走りには定評のあるムーヴがベースであるだけに、ムーヴコンテの走りもいたってそつない。ロングホイールベースにより、比較的ゆったりとした乗り味をもたらしつつ、コーナリング時の安定性も高く、直進性にも優れる。

ムーヴコンテカスタムにはターボの設定もあるが、ムーヴコンテは自然吸気エンジンのみの設定で、グレードによりCVTと4速ATが組み合わされる。

ダイハツ独自のインプットリダクション方式3軸ギアトレーン構造を採用したCVTは、伝達効率に優れ、低回転域でのトルクの立ち上がりがスムーズである。

少し気になったのは、電動パワステの軽さだ。速度が乗れば据わり感が出るが、低速時には少々軽すぎるように思う。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ハイルーフをもつ力強いフォルム

フロントスタイルリアスタイル

ボクシーなフォルムに、ブリスターフェンダーを持つ力強いスタイルが特徴。eKワゴンをベースに、そのままハイルーフ化したといえるパッケージングで、乗員の着座位置やベルトラインなど基本レイアウトを踏襲しながら、ルーフのみをハイルーフ化したような成り立ちとなっている。見た目にも、各ウインドウが縦方向に異様に長い印象だ。

ラズベリーレッドパールのような特徴的なカラーを設定している点や、フロントグリルを好みで着せ換えできるようになっているのはトッポの特徴である。

ベースとなったekワゴンも、走りの素性の良さには定評があり、トッポもその良さを受け継いでおり、とくに大きな不満はない。ハイルーフ化したことで、アタマの重い感覚は多少あるが、乗員の着座位置は低いままであるため、腰高感はそれほど大きくない。

自然吸気エンジンは50ps仕様で、トランスミッションは今回持ち込んだ中では唯一の4速ATとなり、CVTの設定はない。

ATらしく、停止状態からの走り出しは自然な感覚だが、そこから少し上の低~中回速域や上り坂ではトルクの薄さを感じるのは否めない。高速道路や上り坂のある道を走る機会の多い人は、ターボを選んでおいたほうが無難だろう。また、上記の2車に比べると、静粛性にはやや劣るが、騒々しい。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

このカテゴリーのスタンダードたるワゴンRは、従来はプレーンなスタイルであること自体が持ち味でもあったが、新型はキャラクター性が強まった。

ムーヴコンテは、ムーヴの派生車種ではあるが、それにとらわれず、独自の路線を歩むひとつの個性が表れている。そしてトッポは、三菱らしさを感じさせるトールワゴンである。

今回は全車、自然吸気エンジンのベーシックモデルだが、エンジンよりもむしろCVTかATか、あるいはタイヤサイズやスタビライザーの有無などによって、だいぶ走りが違うので、実際に選ぶにあたっては、グレードによる装備の違いにも考慮し、必ず試乗することをオススメする。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴコンテ 関連ページ

三菱 トッポ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20