autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ベーシック軽トールワゴン 徹底比較

3台比較 2008/12/3 16:16

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較(1/4)

ベーシック軽トールワゴン 徹底比較
ベーシック軽トールワゴン徹底比較

2008年9月、5年連続して、日本で最も売れている車種の座にあるワゴンRがフルモデルチェンジを実施。スズキの最新プラットフォームやパワートレインを手に入れるとともに、従来よりグレード体系が整理されてRR系を廃止。スティングレーとスタンダード系の2本柱とされた。今回はスタンダード系で自然吸気エンジンを搭載する上級モデルである「FXリミテッド」を持ち込んだ。

ワゴンRのモデルチェンジにわずかに先行する形でデビューしたムーブコンテは、2006年末にモデルチェンジして現行型に移行したムーヴをベースに、スクエアなエクステリアと、ルーミーなインテリアを与えた女性向けモデル。ダイハツお得意のカスタムもラインアップするが、現時点ではスタンダード系の販売比率のほうが高いとのこと。今回はベーシックグレードの「X」でチェック。

トッポは、ほぼ時を同じくして、三菱が久々に市場投入した従来のミニカ・トッポ~トッポBJの延長上にあるトールワゴンタイプの軽カー。ekワゴンをベースにルーフを高くし、クラス最大の室内高を実現したというクルマである。こちらもスタンダード系の他にスポーティ系のローデストがある。今回はスタンダード系の自然吸気エンジンを搭載する上級モデル「G」を持ち込んだ。

いずれもベーシックな仕様の軽トールワゴン、3モデルの特徴を探る。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スズキ ワゴンR の関連編集記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連編集記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR