autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 輸入車プレミアムクーペ 徹底比較 2ページ目

3台比較 2006/9/14 16:07

輸入車プレミアムクーペ 徹底比較(2/4)

輸入車プレミアムクーペ 徹底比較

社内デザインによる流麗なクーペスタイル

フロントスタイルリアスタイル

パッと見では、406クーペの延長上にある流麗なクーペスタイルに目を奪われるとともに、406よりもずいぶん大きくなったという印象を受ける。セダンの407に比べても、全長は140mmも大きくなっている。

プジョーというとピニンファリーナがデザインを手がけることが多いが、クーペ407は社内で行なったとのこと。そのせいか、昨今のプジョー車が共通して用いているモチーフが、より強調されているように思える。

切れ長のヘッドライト、大きなフロントグリル、長いフロントオーバーハングなどはセダンと同様。

フロントバンパーの両サイドにはサメのエラようなダクトも備わる。伸びやかなリアビューがクーペを所有する優越感をより大きなものとしてくれる。

日本仕様のパワートレインは、210psを発揮する3L V6のみの設定で、6速ATが組み合わされる。滑らかな回転フィールとともに十分なトルクを発揮しつつ、意外と高回転型の性格を垣間見せる。動力性能的には十分だ。アイシン製と伝えられるATの制御にはダイレクト感があり、ロックアップ感がある。

初期の当たりの硬さをほとんど感じさせない「猫足」は、セダンよりもスポーティな方向にチューニングされている。しなやかな乗り心地を損なわない中で、ロールやピッチングを極力抑えるよう設定されている。 姿勢が乱れそうになると急激にダンピングを効かせる設定で、 スポーティなフィーリングを味わわせてくれる。

スタイルよし、ドライブフィールよし、クーペ 407のイメージに相応しい、期待どおりの優雅でスポーティなテイストを満身で表現している。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

新たなアルファの魅力を提示するモデル

フロントスタイルリアスタイル

アルファブレラは、いうまでもなくアルファ159のクーペバージョン。その159は156の後継機種であり、まもなくモデル終了を迎える166に代わって、新たにアルファのフラッグシップとなるモデルでもある。

アルファロメオには2+2クーペのアルファGTというモデルも存在するが、アルファブレラのアルファGTよりも短く幅広いボディは、よりオリジナルティに満ちたデザインとなっている。 アルファの量販モデルとしては大柄なボディを持ち、これはアルファロメオがアメリカ市場に久々に復帰することを受け、居住空間の確保を考慮したためと思われる。

デザインはジウジアーロの手による。最近のアルファらしくグリルを大きく強調し、彫刻的なデザインとなっている。このフロントマスクは、今どきこれほど立体感のあるデザインをよくぞ実現したと思えるほど特徴的。ちなみに159とは、盾グリルの大きさやバンパーの造形などが似て非なる。

もっとも特徴的なのはリアビューだ。リアコンビランプが目つきのように見え、まるでリアにも「顔」があるかのようなデザインを呈している。クーペというよりもビッグサイズのハッチバック車のようでもあり、丸みを帯びたテールゲートにより、斜め後方のある角度から見ると、クルマ全体がタマゴ型の楕円状に見えたりする。 走りのテイストも従来のアルファ車と異なる。アルファロメオと聞いただけでイメージする走りの世界があるが、159もそうだったように、アルファブレラの走りも、スポーティというよりもGT的な要素が色濃い。スタビリティや操縦安定性を重視したものとなっている。

反面、軽快さやビュンビュン吹け上がるエンジン、クイックなステアリングなどという、かつてアルファがもてはやされた要因といえる側面は少々鳴りを潜めているのも事実だ。

旧来のアルファテイストを望むユーザーには不満のタネとなるかもしれないが、1台のクルマとして考えた場合、こちらのほうが現代的であり、乗る人を選ばないメリットがある。

エンジンは2.2L直4と、今回の3.2L V6+Q4が選択可能。アルファ伝統のV6が生む野太いサウンドには、いつもホレボレさせられる。

先進のAWDシステム「Q4」を今回は試すことができなかったが、いかなる状況下でも安心して快適に走行可能であり、その実力は相当にハイレベルと伝えられる。これもまたアルファの新しい魅力のひとつである。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

メルセデスの一員らしいシュアな乗り味

フロントスタイルリアスタイル

Cクラスをベースに、スペシャリティクーペとして仕立てたのがCLKだ。価格はCクラスに比べてグンと跳ね上がるが、それもうなずけるだけの数々の専用装備を持つ。日本でも都市部を中心に意外なほど好調に売れている。

今回は、他の2台に比べるとかなり高価であることを承知で、エンジンタイプが他の2台と近く、上級装備を持つCLK350をあえて持ち込んだ。

CLKの流麗なクーペスタイルは、CLやSL、SLKなどメルセデスのスポーティモデルとはまた違った優美さを放つ。昨年秋にフェイスリフトされ、より新しい感覚のエクステリアを得た。

その走りは、まぎれもなくメルセデスの一員といえる味をしっかり備えている。今回唯一の後輪駆動車であり、高いボディ剛性に裏付けられたシュアなステアフィールはメルセデスならでは。切れば切ったぶんだけ正確に反応してくれるし、直進安定性も非常に高い。硬い中に柔らかさが、柔らかい中に硬さ感のあるしっとりとした足まわりも、メルセデスならではのフィーリングだ。いかなるシチュエーションでも快適に走れるのはもちろんとして、今回のライバル車2台もレベルアップを図ってきたとはいえ、やはり高速走行時の操縦安定性の高さは一歩リード。意外かもしれないが、単に「スポーツカー」として斬った場合も、CLKがもっともその要素を多分に備えている。

新世代の3.5L V6エンジンは、かつてのメルセデスのV6ユニットにはない緻密に回転フィールと力感を持っている。低回転では力強さを感じさせ、高回転まで気持ちよく吹け上がる、スポーツカーらしい雰囲気がある。V6らしいサウンドの演出にも好感が持てる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

今回の3台は実に三者三様。近年の欧州プレミアムブランド各社は、より自身のブランドを強調する方向でデザインを進めているし、走りのテイストもそれぞれ大きく異なる。また、このカテゴリーのクルマを買う人にとっては、ブランドそのものについても重視するはずだ。もっとも無難といえるのはCLKだろうが、プジョーやアルファも近年では固有の「味」が薄れてきた反面、求められる「普遍性」を身につけた。その意味では、あまり「冒険」と認識せずに、スタイル、走り、プライスバリューなどが期待に応えるものを備えていれば、どれも積極的に「買い」である。

プジョー 407 関連ページ

アルファ ロメオ アルファブレラ 関連ページ

メルセデス・ベンツ CLKクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

プジョー 407 の関連記事

プジョー 407の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 輸入車プレミアムクーペ 徹底比較

    3台比較

    輸入車プレミアムクーペ 徹底比較

    2ドアのクーペモデルというものは、いつの時代も羨望の的。国産車にも同様のモデルがいくつも存在したが、いつのまにか衰退の一途をたどり、今では数....

  • プジョー 407 試乗レポート

    試乗レポート

    プジョー 407 試乗レポート

    401から始まった4シリーズの7代目・NEW 407!8年を超えるロングランを続けてきた406の後継モデルとして、本国フランスでは2004年....

  • プジョー 407 新車発表会速報

    新型車リリース速報

    プジョー 407 新車発表会速報

    「ミディアムサイズモデル4シリーズの新型車、日本に上陸」プジョーは、現行406の後継車として407を発表した。フランスでは昨年の発売以来、売....

プジョー 407 の関連記事をもっと見る

プジョー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • プジョー
    208

    新車価格

    199万円368.7万円

  • プジョー

    新車価格

    263万円285万円

  • プジョー
    RCZ

    新車価格

    433.5万円550.8万円