autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 最新クーペ・カブリオレ 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/3/23 11:48

最新クーペ・カブリオレ 徹底比較(3/4)

最新クーペ・カブリオレ 徹底比較

オーソドックスに質感を磨き上げた

インパネシート

5分割のルーフという、ライバルにはない機構を採用したおかげで、Aピラーの角度が浅く、ほかのCCのくらべるとフロントウインドウが短い。よってオープンにしたときの開放感が高い。走行風の巻き込みも、他車に比べ小さく抑えられている、欲をいうと、開け終わりと閉め終わりを示す何らかの合図が欲しい。

また、このルーフはグラストップとしても使えるし、アウタースライディングできるのもポイント。BMW3シリーズカブリオレも同様の機構となるようだが、それを先取りした、現時点でもっとも機能的な電動格納式ハードトップを持つモデルといえるだろう。

インテリアは、このところのフォルクスワーゲン車らしく樹脂パネルのシボの質感が高いことに加え、アルミと金属調のパネルを要所要所に効果的に配し、整然とした中で質感を醸し出している。直線基調でありながら微妙に曲線を混ぜ、表情を与えている。ブルー照明のメーターもフォルクスワーゲンらしい部分である。

ドライビングポジションを取っても、室内空間が広いと感じられるほど、各部のクリアランスには余裕がある。リアシートも意外と使用に耐えうる設定で、座面は短いが、ヒップポイントを低く落として頭上空間を稼いでいる。

ラゲッジルームは、2段階の設定となっており、ルーフを開けたときでも容量を稼ぐ工夫がなされている。

安全性についての特徴は、Eos専用に開発された東部から胸部の広範囲にかけて展開するサイドエアバッグを装備することがまず一点。さらに、センサーが横からの強い衝撃や、一定基準以上の車両の傾斜角度を感知した際に0.25秒で作動して乗員を保護する「ロールオーバープロテクション」を装備する。

メーターシフトラゲッジ(オープン時)ラゲッジ(クローズ時)オープン機構

優雅な4シータークーペカブリオレ

インパネシート

V50、S40あたりと共通する部分が見受けられるのはもちろんだが、C70に合わせて大がかりな変更も加えられている。センターコンソールをリアまで通し、完全4シーターとして仕切っている。横移動はできないが、上質感の演出に一役買っており、座ってしまえばこちらのほうが雰囲気がある。

また、2ドアとしたことでドアパネルが大きくなり、インナードアパネルにスライド式のリッドの付く収納スペースを設定。また、特徴的なフローティングセンタースタックは、メタルからウッドに変更されるなどしている。

贅沢なレザーをふんだんに用いた仕様も選択可能で、このようなカラーコーディネートが楽しめるのもC70ならでは。オープンモデルとしての優雅な雰囲気を備えている。居住空間は十分に広く、ボルボ車としては各シートが小さめの設定であるものの、腰をおろして狭いという印象はない。分厚いドアもいかにもボルボらしい。

右ハンドル仕様での違和感は、今回の中ではもっとも小さく、ペダルのレイアウトは日本車と変わらない。また、ラゲッジスペースの機構は秀逸である。ルーフを閉じた状態であればゴルフバッグ3つを積載可能。そして、ルーフを開けた状態では容量は半減するが、トランクフードを開けて後端のスイッチを押すと、畳まれたルーフが上に持ち上がり、荷物を出し入れできるようになる。

安全面もボルボらしくぬかりはない。転覆時や被追突時には、リアシートの後ろから一対のロールバーが飛び出す。これはクーペ時にも作動し、その際はリアウィンドウを突き破る。側突時用のカーテンエアバッグは、ドアに内蔵される。

メーターシフトラゲッジ(オープン時)ラゲッジ(クローズ時)オープン機構

スポーティモデルらしい佇まい

インパネシート

外見から想像がつく通り、フロントウインドウの角度がかなり寝ている。運転席に座ってもそれは感じられ、ダッシュの奥行きが長く、オープンにした場合でも、けっこう頭上までシールドされている感覚がある。また、視界は悪くないが、ドアミラー、ルームミラーともやや小さく、もう少し広い範囲を映して欲しい気もする。

また、307CCはほとんど右ハンドルのみの設定で、「307CCスポーツ」のみ左ハンドル仕様が用意されているが、右ハンドル仕様は、いささかベストポジションがとりにくい。アクセルとブレーキぺダルの位置関係に違和感があり、ブレーキは右足で踏む場合はかなりヒザを曲げて踏むようになってしまう。また、左足にはフットレストが設置されていない。

フランス車らしく、メーター類はが奇数表示となっているところも特徴的だ。プジョー車というと、外観は非常に個性的で、ユニークなモチーフを多用しているが、インテリアというと意外とオーソドックスである。307CCもそれほど奇抜なところはなく、これはイメージとはやや異なる部分である。

後席スペースはミニマムで、人が座ることは例外的と考えている模様。ルーフの開閉は、動作がシンプルであり、また動作のスピード自体が速いこともあって、今回の他の2台に比べると約4分の3である25秒程度しか要しない。

後発のライバルが、実用性を含めかなり各部を洗練させてきたこともあり、やや古さが目立つようになってきたのは否めない部分もあるが、この独特のオシャレな雰囲気は、プジョーならではの世界である。

ボディの横転を感知すると0.15秒以内にフロントピラーとほぼ同じ高さまでリアヘッド後ろで飛び出す「オートマチックロールバー」など、安全性に関しても非常に注力している。

メーターシフトラゲッジ(オープン時)ラゲッジ(クローズ時)ルーフオープン機構

内装・装備の総評

いずれもそれぞれの魅力をアピールする中で、デザイン面では、ボルボC70に一興を感じた。4座のモデルを選ぶということで考えると、307CCは、後席の居住性はやや厳しく、あくまで+2という印象。これに対し、Eosはゴルフ、C70はS40やV50とも遜色ない広さを確保している。オープントップに対する安全性の考え方もそれぞれだが、いずれもかなり力を入れている。

フォルクスワーゲン イオス 関連ページ

ボルボ C70カブリオレ 関連ページ

プジョー 307CC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン イオス の関連記事

フォルクスワーゲン イオスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン イオス の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/23~2017/8/23

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円