autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート [試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也

試乗レポート 2015/9/15 17:05

[試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也(1/3)

関連: フォード フォーカス Text: 大谷 達也 Photo: フォード・ジャパン・リミテッド
[試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也

世界で最も人気のあるクルマ、その名は「フォード フォーカス」

[試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也

1998年のデビュー以来、これまでに累計1200万台を販売し、「フォードのなかでもっとも成功したモデル」とされる『フォード フォーカス』。実はフォードのなかでもっとも売れているだけでなく、現行型の3代目が誕生した直後の2012年と2013年には「単一車名のモデルとして世界でもっとも多く販売された乗用車」にも輝いたという。つまり、時には同じCセグメント・ハッチバックに分類される「フォルクスワーゲン ゴルフ」さえ凌ぐセールスを記録するほど、フォーカスは世界的な人気銘柄なのである。

そのフォーカスがビッグマイナーチェンジを受け、いわゆるダウンサイジング・エンジンが搭載されることになった。

マイナーチェンジでダウンサイジングターボ「エコブースト」エンジンを搭載

[試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也

2013年に日本市場に導入された3代目フォーカスは、直4 2.0リッター自然吸気エンジンと6速デュアルクラッチ・ギアボックスを組み合わせた“スポーツ”の1グレードのみ。このエンジン自体、決して完成度が低かったわけではないが、最新のダウンサイジング・エンジンに比べると中低速トルクが不足気味なうえ、エンジン回転数を上げたときに聞こえるがさついたノイズがやや耳障りに感じられた。しかも、これに組み合わされるギアボックスは、同じ6速でも新型ではデュアルクラッチ式ではなくトルコン式に改められるという。

その仕上がりを確かめるべく、私は春まだ浅い9月のオーストラリアに向かった。

違和感なく、しかし大きく変わったフロントマスク

[試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也

会場にずらりと並んだ新型フォーカス(今回も基本グレードは“スポーツ”で、これに装備が豊富な“スポーツ+”が加わる)を見て、「あれ、フロントマスクには手をつけなかったのかな?」と疑問に思った。

実はこれ、私のまったくの勘違いで、薄いグリルの下に大きな台形のエアインテークを設けた従来型とはまるで異なるデザインが新型には与えられているのだが、“おちょぼ口”をしたグリルの周辺にヘッドライトとフォグランプを並べた造形があまりにもすんなりとフォーカスのスタイリングに収まっていたせいで、そんな風に思ってしまったのだ。それだけ、まとまりのいいデザインといえるだろう。

[試乗]フォード 新型 フォーカス[1.5リッターエコブースト搭載・マイナーチェンジモデル] 試乗レポート/大谷達也

私が誤解したもうひとつの理由は、これがフォードの新しい“顔”としてすっかり定着していることに起因している。

そう、新型「フォード フィエスタ」も、ヨーロッパで目にすることの多い新型「モンデオ」(日本未導入)も、これと同じ顔つきをしているのだ。ちょっと生意気なことをいうと、取材でヨーロッパへたびたび出かけている私には、これはとてもよく見慣れたフォード・デザインで、だからこそ違和感なく受け入れられたのだと思う。いずれにせよ、スポーティかつモダンな印象のこのフロントマスク、私は決して嫌いではない。

[フォードの技術力の高さを改めて実感したワケとは・・・次ページへ続く]

フォード フォーカス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォード フォーカス の関連記事

フォード フォーカスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード フォーカス の関連記事をもっと見る

フォード フォーカス の関連ニュース