autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フェラーリ FF 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2012/1/5 14:23

フェラーリ FF 試乗レポート/石川真禧照(1/3)

関連: フェラーリ FF Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
フェラーリ FF 試乗レポート/石川真禧照

フェラーリ初の4駆は、しっかりと座れる4人乗り!

フェラーリFFフェラーリFFフェラーリFFフェラーリFF

フェラーリFF画像ギャラリーはこちらをクリック

フェラーリの最新モデルの名称はFF。

その意味はフェラーリ・フォー。フォーという意味はいくつかある。まず4人乗り。これまでのフェラーリもカタログ上では4人乗りは存在した。456Mや612スカリエッティだが、これらはリアシートがある、というレベル。とても大人が長時間座れる広さではなかった。ハンドバッグやジャケット置き場と割り切ったほうがよいスペースだった。

しかし、FFのリアシートは違う。2ドアなので、出入りこそフロントドアからだが、一度座ってしまえば、ロングドライブも可能なほどのスペースが確保されている。

もうひとつの「フォー」は四輪駆動を採用したこと。もちろんフェラーリ初の四駆。フロントエンジン、リアドライブをベースに独自の技術を導入している。V12、6.3L、660PSのパワーだが、雨や雪の日でも安心して、安全の乗ることができるフェラーリなのだ。

フェラーリFF画像ギャラリーはこちらをクリック

クラウンよりも長く、アルファードよりも広く、そしてレクサスLSよりも長い!?

フェラーリFF

フロントマスクは、最新の458などと同じ縦長のヘッドライトにLEDのポジショニングライトを配し、低い位置で大きく拡がったグリルが印象的。しかし、サイドに周りこむとこれまでのフェラーリにはないボディラインで、ルーフがボディの後ろまで延びている。まるでステーションワゴンのようだ。

このような高級なスポーツカーをワゴンのようにするのは、ヨーロッパでも特にイギリスでシューティングブレイクと呼ばれ、貴族や富豪が狩猟をする時の足にするクルマとして、認知されている。

フェラーリFFは一応“人が4人乗れる”というコンセプトだが、広い荷室のフェラーリという捉え方もある。だから開閉出来るリアゲートも備えているのだ。ちなみにリアゲート付きのフェラーリというのも史上初だ。

ピニンファリーナのデザインしたボディは、かなり大きい。国産車と比較してみると、全長はクラウンよりも長い4907mm、幅はアルファードよりも広い1953mm、そしてホイールベースは2990mmなので、レクサスLSよりも長いのだ。

フェラーリFF画像ギャラリーはこちらをクリック

フェラーリFFフェラーリFFフェラーリFFフェラーリFFフェラーリFF

フェラーリ FF 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フェラーリ FF の関連記事

フェラーリ FFの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フェラーリ FF の関連記事をもっと見る

フェラーリ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29