autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ ミラココア 試乗レポート/竹岡圭 4ページ目

試乗レポート 2009/8/27 13:07

ダイハツ ミラココア 試乗レポート/竹岡圭(4/4)

関連: ダイハツ ミラココア Text: 竹岡 圭 Photo: 小平寛/撮影協力:東京ドイツ村
ダイハツ ミラココア 試乗レポート/竹岡圭

扱いやすく、ほのぼの系テイストの乗り味

ミラココア:エンジン

さて、最大の機能性と言えば運転のしやすさがどうかと言うことだが、まずミラココアはドライビングポジションを調整するアジャスタブルパック(※)が全車標準装備となっているので、小柄な方でも問題なくポジションが取れるのはナイスポイント。

そしてきちんとポジションを確保すると、もっと背の高いマルチワゴンに乗っているのではなかったっけ?と錯覚してしまうほど、視界がいいのも高ポイント。

やっぱりナンダカンダ言っても、周りがよく見えるのが最大の安全性能なワケで、視界を邪魔しないように細めに作られたAピラーや、斜め後方の視界を確保する6ライトデザイン、広めのリアウインドウなど、デザイン性をスポイルせずに本当に上手く作られているなぁと感心させられてしまう。

私のポジションだと、せっかく水平基調に作られた車両感覚が掴みやすいボンネットが、いまひとつ見えないのは残念だけれど、ダッシュボードが前下がり気味になっているため、前方が見にくいということもないので、とにかく安心して取り回しできる。

もしかしたらこの安心感は、ステアリング操作量に対しゆったりめに動くようにチューニングされた走り味からも来ているのかもしれない。重心高の高さを考えたら、ミラジーノくらいキビキビ動いてもいいかな?という気もするのだが、ほのぼの系テイストでもあることだし、エントリーユーザーにも安心感が感じられるフィーリングは、全体像として上手く収まっていると思う。

乗り心地は、路面のあまり良くないところの低速トロトロ領域だと微振動が若干気になり、少々タイヤの設定空気圧が高すぎるような気もしないではないが、基本的にはゆったりと乗れる設定になっているのも似合っている。

そんな性格に合わせて、パワートレインはNAエンジン+CVT or 4ATのみだが、このエンジンはかなり余裕を持って力があるので、車重800kg前後のミラココアを動かすには十分あまりあるほどだ。ただし時速80キロで2,500rpmくらいは回ってしまうので、高速利用が多いユーザーだと、さすがに静粛性的には厳しいかもしれない。その辺りは多車種展開をしているダイハツならではの住み分けというところなのだろう。

兎にも角にも、カワイさと機能性が上手くマッチしたミラココア。またまた人気が出そうな注目の1台であることは間違いない。

(※アジャスタブルパック:運転席シートリフター、チルトステアリング、アジャスタブルショルダー ベルトアンカー(運転席/助手席))

ミラココア:フロントスタイルミラココア:リアスタイルミラココア:フロントビューミラココア:リアビューミラココア:サイドビュー
筆者: 竹岡 圭

ダイハツ ミラココア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミラココア の関連記事

ダイハツ ミラココアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミラココア の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミラココア の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21