autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー トラバース 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2010/2/15 13:53

シボレー トラバース 試乗レポート/岡本幸一郎(1/2)

関連: シボレー トラバース Text: 岡本 幸一郎 Photo: 茂呂幸正
シボレー トラバース 試乗レポート/岡本幸一郎

2-3列目の高い居住性とシートアレンジのし易さ

シボレー トラバース
シボレー トラバースシボレー トラバース

三井物産オートモーティブでは、大型SUVをメインに、GMの日本法人とは別に、個性的なGM車の輸入販売を手がけている。シボレーブランドの新世代クロスオーバーSUVであるトラバースも同社が手がける1台で、2009年5月より日本に導入されている。

角ばっていないフォルムや、スムーズな面で構成されたスタイリングにより、実寸よりも小さく見えるところだが、5,210mm×1,990mm×1,790~1,840mmというフルサイズのボディは、日本に持ってくれば間違いなくかなり大柄なクルマ。

乗り込むと、モノトーンを基調に光沢を抑えたシルバーのパネルがアクセントとしてクリーンなインテリアを披露。アメ車らしい潔さもありつつ、往年のアメ車とは異なるモダンな印象もある。大きく寝かされたフロントスクリーンも現代的だ。

シボレー トラバース

2列目、3列目のシートはベンチタイプ。これだけ横幅があれば3人掛けもあまり苦にならない。2列目の居住性は申し分なし。

3列目へのアクセス性はあまりよろしくないが、乗り込んでしまえば、身長172cmの筆者が座っても、それほど窮屈ではない。頭まわりも広くはないが余裕はある。3列目の中央席にも、もちろん3点式シートベルトが設定されている。

2列目、3列目はともに6:4分割可倒式で、フルに前へ倒すとフラットで大容量のラゲッジルームになる。アレンジのしやすさは至って現代的で、キレイにフラットになるところもいい。トラバースは、実用車としての実力も相当に高いのだ。そしてやはり、日本車や欧州車とはスケール感が違う。

トラバースには、車両価格498万円の「LS」と、598万円の「LT」という2グレードがあるが、今回試乗したのは上級のLTグレードで、スタンダードのLSグレードに対して、駆動方式がFFから4WDになるのをはじめ、多くの部分が異なる。

タイヤ&ホイールは17インチから20インチとなり、パワステが速度感応式になるほか、レザーシート(運転席8WAYパワーシート)、リアパーキングアシスト、レザーステアリングホイール、リアシートオーディオコントロール、パワーリフトゲート、サンルーフなどが標準装備され、ボディサイドモールディングがボディ同色となり、ドアミラーがサイドターンランプやブラインドストップミラーの付く上級仕様となる。

これだけ違って100万円差であれば、どうせトラバースを買うならLTグレードといきたいところだ。

シボレー トラバースシボレー トラバースシボレー トラバースシボレー トラバースシボレー トラバース

シボレー トラバース 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー トラバース の関連記事

シボレー トラバースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー トラバース の関連記事をもっと見る

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21