autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 523d BluePerfomance(クリーンディーゼル)試乗レポート/日下部保雄 2ページ目

試乗レポート 2012/12/6 20:14

BMW 523d BluePerfomance(クリーンディーゼル)試乗レポート/日下部保雄(2/2)

関連: BMW 5シリーズ Text: 日下部 保雄 Photo: オートックワン編集部
BMW 523d BluePerfomance(クリーンディーゼル)試乗レポート/日下部保雄

低燃費と加速レスポンス、両方兼ね備えるのがディーゼルの魅力

BMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomance

ディーゼルの排気ガスの高度なクリーン化技術は、ポスト新長期規制を通すには欠かせない技術だが、BMWでは微粒子はDPF。HCとCOは酸化触媒。もっとも厄介はNOxには大量のEGRや前述の高圧のコモンレール直噴+ターボ、そして窒素酸化物吸蔵触媒を組み合わせる。

DPFは微粒子を吸着フィルターで処理し、吸収し、窒素酸化物吸蔵還元触媒は窒素酸化物を触媒内に吸蔵して水と窒素、二酸化炭素に分解して排出する。これらはメインテナンスフリーである。

2リッター4気筒クラスのディーゼルはこのシステムを使って吸蔵触媒で処理するが、X5に搭載する6気筒ツインターボディーゼルでは、AdBlueを使った尿素触媒を採用してパワーに応じて使い分けている。

まず気になるディーゼル特有の音と振動だが、ガソリンエンジンに比べると確かに大きい。ただトラックの様な大きなディーゼルノックがあるかといえば、それは限りなくガソリンエンジンに近い。

アイドリングではガラガラという音があるが、遮音がしっかりしていることと、ディーゼルエンジンそのものから発するノイズが画期的に下がっているのでディーゼルをそれほど意識しなくて済む。室内にいるとさらに静かで、ガラガラ音はかなり抑えられている。振動は若干あるもののロングドライブの渋滞でもそれほど気にならないレベルだ。

さらに走り始めるとパッセンジャーはよほど注意していないとディーゼルとは気づかないだろうし、振動もぴたりと収まる。遮音、制振についても320dを上回っている感じだ。

ディーゼルの強みである、頼もしい粘り強さ

BMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomance

BMWはアイドルストップに積極的だが、ディーゼルも例外ではない。ブレーキを踏み込んで停車すると直ぐにエンジンを止めに行く。確かにこのシステムに慣れるとアイドルストップしないと不安になるから慣れとは不思議なもので、燃費にも大きな効果がある。

320dと同じパワートレインのエンジン出力は135kw(184PS)/4000rpm、380Nm(38.7㎏m)/1750~2750rpmで、幅広い回転域で発生する分厚いトルクが魅力だ。320dの重量は1620㎏、523dでは1860㎏と260㎏増えているので、さすがに320dほどキビキビ感はないが、どこから踏んでも吐き出される分厚いトルクのおかげで、上り坂でもグイグイと引っ張ってくれるので痛痒を感じることはない。

ガソリンと比較するとシュンと軽快に力強く回る感じはないものの、頼もしい粘りがあるのはディーゼルの強味でもある。

ワゴンのツーリングではラッゲージルームに荷物を満載し、リアシートにも人を乗せて旅行をする場面もあるだろうが、そんな時でも大きなトルクによって余裕のドライビングが出来そうだ。

回転はトップエンドまでスッキリと回ってくれるが、変速は踏み込んでも4000回転+ぐらいで行われる。トルコン8ATによる変速はややビジーとも感じられるが、エンジン回転は常にトルクバンドに乗っており、これも燃費と加速レスポンスに優れているポイントだ。

BMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomance

ガソリン車同様にダイナミック・パフォーマンス・コントロールを採用

BMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomance

高速道路はディーゼルのもっとも得意とする領域。100km/hでのエンジン回転は僅かに1600回転、120 km/hでは1900回転しか上がらない。この回転からだとアクセルに直ぐに反応して追い越しも余裕を持って行える。

ちなみに523dもダイナミック・パフォーマンス・コントロールを持っており、場面に合わせたドライブモードをチョイスできる。エンジン出力、エアコンなどを制御して燃費を稼ぐECO PROモード、通常使われるCONFORTモード、エンジンレスポンス、サスペンション、ステアリングをスポーティに変更するSPORT、そしてそのSPORTに加えてDSCなどを解除するSPORT+の4つのモードが選べる。

試乗中、これらのモードをトライしたがECO PROモードではエンジン出力が制御され、アクセルレスポンスが落ちる。その為、普通に流している分には不便さは感じないが、CONFORTの方が走りやすい。SPORTは低いギアでエンジン回転を高い方にキープし、シフトアップも制限されるので、ワインディングでは乗りやすくなる。しかしディーゼルは低速トルクがあるので、ガソリン車ほどの差は感じられない。

オプション装備のダイナミック・ダンピング・コントロールはダンパーを走行状態に合わせて減衰力を自動調整するので、モードドライブに関係なく最適な乗り心地を得られる。

ステアリング操舵量は速度に応じて変わり、低速では少ない操舵量で大きく切れ、高速では大きな操舵量で少し切れることになる。BMWは前モデルの5シリーズからこのシステムを投入しており、かなりこなれたフィーリングになっているが、最初は慣れるまで少し違和感がある。ただ慣れてしまうとこれはなかなか便利なものだ。

ハンドリングはミドルセダンらしくハンドル操舵時の回頭性などは少しゆったりとしているが、BMWらしいスッキリしたところが特徴だ。粘り腰のグリップ感はフットワークは良い。ステアリングはBMWが熱心に取り組んでいるインテグレイテッド・ステアリング・システムを備える。低速では逆相に、高速では同相に入る4WSで低速ではホイールベース2970㎜のクルマとは思えないほど小回りが効く。

便利装備としてトランクリッドの開閉の際、キーを持っていれば両手が塞がっていてもリアバンパーの下に足を蹴り入れると開閉できる。ツーリングでは大きなテールゲートが自動開閉するのは便利だ(オプション)。またテールゲートのガラス部分だけ開閉できるので、ちょっとした荷物を放り込めるのも良い。またリアシートバックは40:20:40で倒れるので荷物のよって使い分けられるし、スキーの様な長いものでもセンターを倒して収納できる。

523dはガソリンの523iに比較して23万円高くなるが、トルクフルな加速フィールは魅力で、ディーゼルに有利な長距離走行が多いドライバーだけでなくともきっと新鮮な発見があるだろう。

BMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomanceBMW 523d BluePerfomance

「BMW 523d BluePerfomance」主要諸元

全長x全幅x全高:4915mmx1860mmx1490mm/ホイールベース:2970mm/車両重量:1860kg/乗車定員:5名/エンジン種類:DOHC 直列4気筒 ディーゼル/総排気量:1995cc/最高出力:184ps(135kW)/4000rpm/最大トルク:38.7kg-m(380Nm)/1750-2750rpm/トランスミッション:電子油圧制御式8速AT/駆動方式:FR(後輪駆動)/ステアリング位置:右/燃料消費率:16.6km/L(JC08モード)/タイヤサイズ:225/55R17/車両本体価格:663.0万円[消費税込み]

BMW 5シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 5シリーズ の関連記事

BMW 5シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 5シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25