autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A7スポーツバック 試乗レポート/大谷達也 4ページ目

試乗レポート 2011/6/14 13:23

アウディ A7スポーツバック 試乗レポート/大谷達也(4/4)

関連: アウディ A7スポーツバック Text: 大谷 達也 Photo: オートックワン編集部
アウディ A7スポーツバック 試乗レポート/大谷達也

アウディらしい機敏さと乗り心地の良さ

ずいぶん前置きが長くなってしまった。そろそろ試乗車に乗り込んでみよう。

日本で発売されるアウディA7スポーツバックは、3リッターのスーパーチャージャー付きV6エンジンを積む1モデルのみ。

アウディ A7スポーツバック

最高出力の300psはこのクラスの標準的な値だが、最大トルクの440Nmはライバルを確実に凌いでいる。このデータから、街中での扱いやすさがまず想像できる。

実際のところ、アウディA7スポーツバックは混雑した市街地でもスイスイと軽快によく走る。ドライバーの操作に、遅れなく反応してくれる。だからストレスが溜まらない。

いやいや、それどころか、これほど簡単に、自分の思いどおりに走らせられるクルマはそうそうない。レスポンスのいいクルマの代表選手といっても過言ではないだろう。

このエンジンのよさをそのまま引き出してくれるのが、前述したSトロニックである。

アクセル操作に機敏に反応し、ポンポンとリズムよくシフトアップしたかと思えば、アクセルを踏み込めばドーンと一気にシフトダウンし、猛然と加速し始める。なんだかビデオで早送り再生しているみたいな、素早いドライビングが楽しめる。いかにも最近のアウディらしい仕上がりだ。

アウディ A7スポーツバック

乗り心地も舌を巻くほどいい。

試乗車は265/35R20という、ちょっと前のスーパーカー並に大きなタイヤを履いていたが、この、薄っぺらくて重いはずのタイヤであることを忘れてしまうくらい、サスペンションの動きはしなやかで快適だった。

それでいながら、ハンドルをすっと切ると、クルマの鼻先はピュンと内側を向いてくれる。ここでも、アウディらしい機敏さを感じてもらえるはずだ。

キャビンも広々としていて気持ちいい。

身長172cmの筆者が後席に腰掛けても、頭上には拳半分ほど空間が残るし、膝周りは前席シートバックとの間に拳ふたつ分のスペースがある。

大人が長時間、過ごすことのできるシートだ。

室内の仕上げも申し分ない。ひとつひとつの部品の精度が高く、それらが寸分の狂いもなく取り付けられていることがよくわかる。

どこをとっても不満がない。アウディA7スポーツバックは、その流麗なデザインに象徴されているとおり、まるで未来からやってきたクルマのようだ。

アウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバック
アウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバックアウディ A7スポーツバック
筆者: 大谷 達也

アウディ A7スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A7スポーツバック の関連記事

アウディ A7スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A7スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ A7スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円