autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ アルファブレラ 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2006/4/21 11:12

アルファロメオ アルファブレラ 海外試乗レポート(2/3)

関連: アルファ ロメオ アルファブレラ Text: 西川 淳 Photo: フィアット・オート・ジャパン
アルファロメオ アルファブレラ 海外試乗レポート

コンセプトカーを非常に高いレベルで再現

ブレラコンセプトを見て気に入った人を裏切らないスタイリングになったことを、素直に喜びたい。コンセプトカーと異なるのは、前ヒンジのカウンタックドアでないこととミラーデザインぐらい。ガラスルーフやリアセクションの造形など、コンセプトカーとほぼ同じイメージに、非常に高い再現性をみせた。特にガラスルーフはすべてのモデルに標準で、ルーフインナーライナーを3分割で開くシステムのみオプションだ。これも、コンセプトカーのあのデザイン性を重視した結果である。

ただし、中身=メカニズムはコンセプトカーと随分違う。ブレラコンセプトはマセラティクーペベースのV8トランスアクスルミッションのFRであったが、市販ブレラは159ベースのFFである。これは早くから言われてきたことなので、アルファ好きにとってはもう”消化”できている事実なのかも知れない。

いかにマセラティと同じグループになったとはいえ、フェラーリ製とも言えるあのシャシー&エンジンを容易く手に入れることができるわけもなく、またできたとしても販価の高騰は避けられまい。現実的な選択肢であった。

とはいえ、そのまま2+2のハッチバッククーペボディを被せたわけではない。ホイールベースを75mmほど縮め、足回りには専用チューニングを施した。位置付けとしてはBMW3シリーズやM・ベンツCクラスのサルーンに対するクーペモデルであるが、アルファ ロメオ首脳陣に言わせればライバルはアウディTTの次期型だという。そういえば、東京モーターショーに出ていたアウディシューティングブレイクは同じようなスタイリングコンセプトであった。

魅力的なスパイダーモデルも控えている(試乗会当日にもテストコース上で目撃された!)から、事実上、GTV&スパイダーの後継といえよう。アルファGTに関しては、もう少し実用的なクーペとして今しばらく存在理由が認められそうだ。なんせ後席の居住性はアチラの方が上なのだ。ボディサイズが小さいにも関わらず。

乗り込むと、159と同じ景色が広がる。パネルとメーターが異なるのみで、ダッシュボードは共有だ。ただし、彩色されたトリムレベルを選ぶことも可能で、展示されていたブラックボディに赤×クリームの内装の組み合わせなどは、かなりエキサイティングな装いであった。

アルファ ロメオ アルファブレラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ アルファブレラ の関連記事

アルファ ロメオ アルファブレラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ アルファブレラ の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ アルファブレラ の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    446万円1,132万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円