日本のクルマの税金は高いと言われていますが、海外ではどうなの?【教えて!MJブロンディ】

日本のクルマの税金は高いと言われていますが、海外ではどうなの?【教えて!MJブロンディ】
フェラーリ 458スパイダー 日本と世界の税制 自動車に関わる税金 画像ギャラリーはこちら

日本の車に対する税制って高い?

フェラーリ 458スパイダー

若者の車離れが止まらないようです。

都会では、公共交通機関を利用するだけで、大抵の所に行けますし、時間も正確です。時間の読めない車で移動するのが、ばかばかしくなるのも分かります。スポーツカーを買っても、常に渋滞では、高出力であることは、燃費の悪さでしか実感できません。

しかし、そもそも、日本の車に対する税制がおかしいのではないかと思います。

日本では、車は金食い虫です。取得税、消費税、重量税、自動車税、ガソリンの燃料税と消費税、駐車場代と・・・・。これだけ税金を取られ、渋滞を我慢し、自動車の保険代まで払ってまで車に乗りたいと思う人がどれだけいるのか、はなはだ疑問です。

高級車に乗るのが、ステータスであり、ボロアパートに住んでも、ローンで高級車に・・という時代は、はるか昔です。

海外の車に対する税制は、どうなのでしょうか?日本程税金が高い国は無いような気がします。(Volklさん)

其の疑問、MJブロンディがお答え致します!

日本と世界の税制

Volklさんのおっしゃるように、日本の税制は、保有税(クルマを持っているだけでかかる税金)が世界一レベルで高いです。

たとえばJAFのHPには、このようなグラフが載っています。

日本の自動車にかかる税金は、ドイツの4.2倍、アメリカの約50倍。

「なんだこりゃ!ひどすぎる!」と思って当然ですね。

ところが、このグラフには、重要なものが抜けています。ガソリン税や消費税などです。実は日本は、そちらに関しては、少なくともヨーロッパよりもはるかに安いのです。

ヨーロッパでは、消費税が20%前後です。クルマを買う時は、有無を言わさずこれが徴収されます。日本でも、2年後に消費税が10%に上がる予定ですが、同時に取得税を廃止する方向なので、約半額のままです。

最大の差はガソリン税です。

日本でも、ガソリン価格のうち50円/L以上が税金なので、「税金取りすぎだ!」と感じてしまいますが、ヨーロッパでは、なんとそれが100円/Lくらい!

つまり、走れば走るほど、税金がバシバシかかります。

自動車に関わる税金

JAFのHPにあるグラフに、1800cc車に11年間乗ると仮定して、ガソリン税など、計上されていない他の税額を加えてみました。

すると、日本の自動車ユーザーの税負担は、ヨーロッパより低くなってしまいました。アメリカは依然バカ安ですが、実はこの上に、州によって異なる消費税や動産税が上乗せされるので、日本の半分くらいのところまでは上昇します。 (参照http://www.shimizusouichi.com/blog/archives/003344.html

しかも比較対象が軽自動車なら、ヨーロッパに比べて税負担は大幅に安くなり、アメリカに近づきます。日本のメディアは、こういったことを正しく報道していません。

JAFがこういったグラフをHPに載せて、「日本の自動車関連税は高すぎる!」とPRするのは、ユーザーの利益を代表する機関だからで、つまり一種の利益誘導です。農協が「もっと農家に補助金を出せ!」と要求するのと、似たようなものですね。

アメリカは完全なクルマ社会で、ニューヨークを除けば、クルマがなければどこへも行けません。

クルマはものすごく魅力的な交通機関なので、税負担を日本の半分に減らすと、公共交通機関が壊滅へ向かい、アメリカみたいな社会になってしまう、と考えていいかと思います。 実際、軽自動車の普及率が高い地方では、アメリカ的になっていますよね。

では、日本より税負担の重いヨーロッパでは、なぜあんなにみんなクルマが好きなのか? その背景には、まず歴史があります。

ヨーロッパは自動車発祥の地であり、馬車時代も長かったことから、昔から道路建設に力を入れていました。2000年以上前のローマ街道ですら、時速100キロでクルマが走れるほど平滑な石畳舗装が施されていました。 クルマが発明されれば、クルマ社会化が早く進むのは当然でした。

第二に、ヨーロッパでは、日本のようなデフレ不況がなかったことがあります。 日本のデフレ不況は、すでに15年以上。バブル崩壊後の不況から数えると、25年にもなります。

不況こそ、クルマ離れの最大の原因なのです。日本でも、景気が回復して数年経てば、クルマ熱が盛り返し、それが若者にも波及していくと考えています。

なぜなら、「豊かになる競争」において、クルマは最もわかりやすい対象だからです!

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる「教えて!MJブロンディ」。クルマに関するご質問や素朴な疑問などを随時募集しておりますので、皆さまドシドシお寄せ下さい!

【募集中!】自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを教えてください!

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松川渓谷に佇む宿 信州山田温泉 山田館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる