ボルボ 新型XC60 T6 AWD R-Design & D4 AWD R-Design 試乗|世界中でイチバン売れている理由を探る(1/3)

大幅に洗練(Refinement)されたR-Design

世界で一番売れているボルボであり、昨年同社としては初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーの栄冠を勝ち取ったXC60(ちなみに今年もXC40が選出され、ボルボはCOTY二連覇を果たした)。

そのバリエーションにおいて、XC60のお洒落番長とも言える「R-DESIGN」のMY19(19年モデル)に今回試乗することができた。

「R-DESIGN」は、XC60の魅力や本質をスポーティに演出することにある。ちなみにその“R”が意味するのは「Refinement」(洗練)。変更点はスタンダードモデルの内外装とシャシー系のスープアップにあるが、決して「Racing」ではないところがミソである。

具体的にそのリファインされた内容を見てみると、外観ではフロントグリル、サイドウィンドートリム、ドアミラーカバー、リアバンパー下部(グロッシーブラックトリム)を専用パーツで“ひと巻き”し、19インチ/21インチふたつのホイールを用意。

インテリアはその特徴的なスカンジナビアンデザインのインパネトリムやコンソールパネルをメタルメッシュ・アルミニウムパネル化し、ここに黒基調のレザーステアリングとヌバック(起毛革)×ナッパレザー・コンビのシートで引き締めている。

その印象はシンプルながら暖かみのある「インスクリプション」のウッド系インテリア×レザーシート内装に比べ、モノトーンの色合いがソリッドさを引き立てていた。ボルボいわく「高度なテクノロジーを操る戦闘機のコクピット」がイメージなのだそうだ。

そんなRデザインが設定されるのは「T6 AWD」と「D4 AWD」の2グレード。ここにT5とT8が加わらないのは、ツインエンジンとしてモーターを搭載するT8が最上級ラグジュアリーモデルであり、Rデザインはスポーティさを強調するバージョンだからT5とは差別化を図った、ということだろう。

世界中で人気のXC60 R-Designを写真で確かめる

ボルボ/XC60
ボルボ XC60カタログを見る
新車価格:
625.4万円941.1万円
中古価格:
84.8万円779.9万円
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボ XC60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ XC60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ XC60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ XC60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ XC60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる