autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 新型XC60 T6 AWD R-Design & D4 AWD R-Design 試乗|世界中でイチバン売れている理由を探る

試乗レポート 2018/12/27 07:30

ボルボ 新型XC60 T6 AWD R-Design & D4 AWD R-Design 試乗|世界中でイチバン売れている理由を探る(1/3)

関連: ボルボ XC60 Text: 山田 弘樹 Photo: 小林 岳夫
ボルボ
ボルボボルボボルボボルボ画像ギャラリーはこちら

大幅に洗練(Refinement)されたR-Design

世界で一番売れているボルボであり、昨年同社としては初めて日本カー・オブ・ザ・イヤーの栄冠を勝ち取ったXC60(ちなみに今年もXC40が選出され、ボルボはCOTY二連覇を果たした)。

そのバリエーションにおいて、XC60のお洒落番長とも言える「R-DESIGN」のMY19(19年モデル)に今回試乗することができた。

「R-DESIGN」は、XC60の魅力や本質をスポーティに演出することにある。ちなみにその“R”が意味するのは「Refinement」(洗練)。変更点はスタンダードモデルの内外装とシャシー系のスープアップにあるが、決して「Racing」ではないところがミソである。

具体的にそのリファインされた内容を見てみると、外観ではフロントグリル、サイドウィンドートリム、ドアミラーカバー、リアバンパー下部(グロッシーブラックトリム)を専用パーツで“ひと巻き”し、19インチ/21インチふたつのホイールを用意。

ボルボ

インテリアはその特徴的なスカンジナビアンデザインのインパネトリムやコンソールパネルをメタルメッシュ・アルミニウムパネル化し、ここに黒基調のレザーステアリングとヌバック(起毛革)×ナッパレザー・コンビのシートで引き締めている。

その印象はシンプルながら暖かみのある「インスクリプション」のウッド系インテリア×レザーシート内装に比べ、モノトーンの色合いがソリッドさを引き立てていた。ボルボいわく「高度なテクノロジーを操る戦闘機のコクピット」がイメージなのだそうだ。

そんなRデザインが設定されるのは「T6 AWD」と「D4 AWD」の2グレード。ここにT5とT8が加わらないのは、ツインエンジンとしてモーターを搭載するT8が最上級ラグジュアリーモデルであり、Rデザインはスポーティさを強調するバージョンだからT5とは差別化を図った、ということだろう。

世界中で人気のXC60 R-Designを写真で確かめる

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ XC60 の関連編集記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR