結婚を機に購入したクルマと手放したクルマ

画像ギャラリーはこちら

家族そろってクラシックなバスで行くドライブを夢見て

一昨年の暮れ、42歳にして入籍した。一人の暮しが二人になったわけで、当然、いろんなことを変えていかなきゃならない状況でもある。クルマに関してもそうで、新調するべきかどうか悩みは尽きない。

きっと誰もが通る道なのだろう。そうした悩みを周囲に漏らすと、結婚を機にクルマへの向き合い方を変えた話が聞こえてくる。

とある友人は軽に買い替えた。またある友人はクーペからワゴンに乗り換え、現在はミニバンを所有している。東京近郊に住んでいると、仕方がないことなのだろう。クルマを持つとしたら一家に一台だから、結婚後のクルマはファミリーカーという位置付けになってしまう。

そんな中、好みを変えずにクルマを買い替えた人がいる。

イラストレーターのYさんは、アメリカ西海岸風のカスタムを施したビートルに乗っていた。そのYさんがクルマを乗り換えたのは、やはり結婚がきっかけだ。授かり婚ということもあり、3人以上がゆったり乗れて、荷物もたっぷり積載できるクルマに替えたかったそうだ。

というわけでまず籍を入れたYさんは、奥様と一緒に住む前にビートルを手放し、新しい愛車を招き入れた。その愛車というのが1972年製のVW タイプ2だった。ちなみにタイプ2とは、VWが1967年に発売したバンで、愛らしいキャラとVW バスの名前でもおなじみだ。趣味嗜好やファッションの好みが合う奥様も気に入るはずだし、驚かせたいとの思いから、Yさんは秘密裏にクルマの買い替えを進めていた。家族3人、クラシックなバスでドライブする光景を思い浮かべながら……。

サプライズは地雷を踏んだだけだった...

ところが、年季の入ったバスを披露された奥様は大激怒。罵詈雑言を浴びせかけ、「今すぐ返してきなさい」と言い放ったという。

その後、「うるさい」「暑い」「寒い」などなど散々の言われようだったそうだが、大事に乗り続けてきた個体だったこともあり、Yさんは十分に納得できる額で同車を売却。今では笑い話になっているそうだ。

ただ、この件は自分も肝に命じておかなければいけない気がする。もちろん今回のケースではたまたまタイプ2がやり玉に挙がってしまったが、例えばそれがスポーツカーだったり、アメ車だったりと、どんなクルマでもそうなる可能性がある。そしてどうやら、常に現実を見据えている女性は趣味嗜好の延長線上にクルマを置いていないようだし、相談もせずにコトを進めると、そこにとんでもない逆鱗があるかもしれないということだ。

どちらかというと、自分は喜んでもらえると勘違いしてサプライズを企てるタイプ。クルマを新調するか否かについても、きちんと議題に上げて進めようと思う。

[筆者:井口 豪]

■ミキティ、結婚10周年で夫に日産 リーフをおねだり! 夫婦円満の秘訣は「言いたいことは、すぐに言う」

■皆さんフルブレーキングって踏むことができますか!?|VWテックディ

“ワーゲンバス”出動! VWのバス無償貸出サービス「バスカスフェス」が本格始動

■LS400、アルシオーネ、シティ・カブリオレなどメーカーの垣根を超えた旨熱モデルが一挙勢揃い!!【オートモービルカウンシル2019】

■希少車・旧車・クラシックカーを高く買い取ってもらう方法

この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フォルクスワーゲン タイプIIの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン タイプIIのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン タイプIIの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン タイプIIの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン タイプIIのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる