レトロなワーゲンバスは現役の“営業車”だった!? TOYMOCKブースで見つけたVW タイプ2(T1)に注目【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」には興味を引くクルマの展示も多かった。自立式ハンモックとして高い人気を誇るTOYMOCK(トイモック)ブースに置かれていた「フォルクスワーゲン タイプ2 T1」(いわゆるワーゲンバス)もそのひとつだ。1950年代に登場した「ホンモノのレトロ車」でしか醸し出せない雰囲気を生かした展示用に持ってきたのかな、と思いきや、なんとこれはTOYMOCKのプロモーションカーだった!
目次[開く][閉じる]
  1. 全国の展示会などを実走で巡業している現役のワーゲンバスに遭遇
  2. 初代タイプ2はサーフ&キャンプシーンとの相性も抜群だ
  3. 展示車はタイプ2の中でも希少な初期モデルだった

全国の展示会などを実走で巡業している現役のワーゲンバスに遭遇

デモカーやプロモーションカーともなると、基本的には個人で所有せず、社員が代わる代わる運転することが多い。運転技術は人それぞれだから、可能ならば、誰でも乗りやすいクルマが好ましい。

しかしフォルクスワーゲン タイプ2は、左ハンドルのマニュアルというだけでなく、現代のクルマと比べると動力性能・制動性能は及ばない。交通の流れに乗ったり、車間距離を多めに取ったり、ブレーキを早めに踏むなど、運転中にも気を配る必要がある。乗りなれてしまえば運転することはむろん可能だが、乗り手を選ぶクルマでもあるだろう。

初代タイプ2はサーフ&キャンプシーンとの相性も抜群だ

このようないわゆる「旧車」をデモカーに選んだ理由を、TOYMOCKを製造販売する株式会社ノルコーポレーションの方にお聞きしたところ、同社では元より「面白いことをしよう」というムーブメントがあり、サーフシーンやキャンプシーンに似合うクルマとしてタイプ2を選んだとのこと。

たしかに、TOYMOCKブランドのハンモックやブランケットなどの製品に囲まれたタイプ2は、サーフ&キャンプシーンとの相性の良さを感じさせ、映えるシチュエーションを作り出していた。

展示車はタイプ2の中でも希少な初期モデルだった

同社では実際に、このタイプ2でデモキャンプなどに参加したことがあるそう。本来が商用バンであるタイプ2の、高い積載性・収容力を遺憾なく発揮したに違いない。

なおこのタイプ2は、フロントウインカーが飛び出ていて、テールライトも小型という、初期に製造された個体(アメリカ仕様では1955〜1961年、ヨーロッパ仕様では1960〜1963年のいずれかに該当)なのも注目したいポイントだ。

なおトイモックのブースでは、社員が社内で独自に立ち上げた「ブタ印工務店」の製品も初お披露目。キャンプで感じた「こんなモノがあったらいいな」という実体験から生まれた、シンプルで使い勝手に優れた木工製品を並べていた。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

フォルクスワーゲン/ヴァナゴン
フォルクスワーゲン ヴァナゴンカタログを見る
新車価格:
429万円429万円
中古価格:
135.9万円534万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン タイプIIの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン タイプIIのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン タイプIIの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン タイプIIの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン タイプIIのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる