そこは“ドラえもん”がいる22世紀の街!? トヨタが世界に挑む「Woven City(ウーブン・シティ)」の目指すべき道

画像ギャラリーはこちら
お正月休み明けに突如発表されたトヨタの未来型都市「コネクティッド・シティ」実証プロジェクト、「Woven City」(ウーブン・シティ)。いわゆるスマートシティである。同分野では米・中が世界で先行する中、日本が目指すべき道は“エヴァンゲリオン”に“ドラえもん”の世界!? ジャーナリストの桃田健史が大真面目に予想する!

>>「つながる」スマートシティ“Woven City(ウーブン・シティ)”はドラえもんの世界!?[フォトギャラリー]

トヨタは先行する米・中のスマートシティを越えることが出来るのか

正月気分も抜けきらない2020年1月7日早朝、米・ラスベガスから飛び込んできたトヨタの未来都市“Woven City(ウーブン・シティ)”2021年着工のニュース。

自動車メーカーが「未来の都市構想」を描くのは決して珍しくない。歴史を紐解くと、いま(2020年)から81年前の1939年(昭和14年)、米・ゼネラルモーターズ(GM)はニューヨーク万博で、その時点で21年後となる1960年の未来都市を大型ジオラマ化した“フューチャラマ”を公開している。そこには、超高層ビルが立ち並ぶ中、自動車が自動運転のオートメイテッド・ハイウエイの模型で動いていた。

■【関連記事】トヨタ、静岡・裾野に「つながる」スマートシティ“Woven City”建設へ[2020/01/07]

トヨタ/カローラツーリング
トヨタ カローラツーリングカタログを見る
新車価格:
201.3万円299.8万円
中古価格:
59.9万円361.7万円

未来型都市「スマートシティ」の覇権争い

近年になると、未来型都市はスマートシティと呼ばれるようになった。

米・Google(グーグル・親会社アルファベット)がカナダのトロントに計画中の“サイドウォーク”、中国では政府が河北省雄安新区で進める国家政策があり、百度(バイドゥ)など中国IT大手も自動運転技術などで参加する予定だ。日本国内でも、大阪港湾エリアや、福岡市の九州大学跡地などが候補となっている。

今回のトヨタWoven Cityはこうした世界的プロジェクトと肩を並べるか、それ以上の規模を誇る可能性を秘めている。

巨大ロボットや、タケコプターを

日本らしい秘策はどこに!?

トヨタが公開した動画によると、Woven Cityには自動運転のe-Palette(イー・パレット)が走り、人の動向がデータ化されるなど、先進技術満載だが、正直なところ新しさに欠ける。デザイナーが著名なデンマーク人ということもあるが、世界があっと驚くような、いかにも日本らしい秘策が欲しいところだ。

あくまでも私見だが、第一候補は巨大レスキューロボット。ベタベタの日本カルチャーと思われるかもしれないが、エヴァンゲリオンやガンダムなどに登場する、人間が操縦する巨大ロボット。東京首都直下型地震や豪雨災害の際、Woven Cityから発進するというのはどうだろう。ふざけているように思うかもしれないが、これは真面目に期待したい。

Woven Cityは、トヨタの東富士研究所が隣接し、さらに陸上自衛隊の演習場とも近い。防衛省と連携した国家プロジェクトも是非進めて欲しいところだ。

助けてドラえもーん!

もうひとつは、ドラえもんの秘密道具“タケコプター”だ。空飛ぶクルマについて、日本政府は2024年頃の実用化を目指してオールジャパンで取り組む姿勢を示している。トヨタもグループ各社で空飛ぶクルマを企画するベンチャー企業に出資している。このプロジェクトをさらに加速させ、コンパクトな機器で人が自由に空を飛べるシステムを開発して欲しい。この分野、世界各地でベンチャーが存在するが、どれも本格的な実用化には至っていない。

Woven Cityはデータ通信による次世代社会であると同時に、日本のモノづくりの発想の凄さを世界にアピールする最良の場だと思う。

[筆者:桃田 健史]

自動運転のEV小型バス「e-Palette(イー・パレット)」はこんなクルマ

トヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向け、選手村内の移動に使われる自動運転のEV小型バス「e-Palette(イー・パレット)」を発表した。実車は2019年10月24日からスタートする第46回東京モーターショー2019会場で初お披露目される。これまでコンセプトモデルとして紹介されていたe-Paletteシリーズ初の実用化モデルとなる。

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる