トヨタ シエンタ 2列シート仕様と3列シート仕様を画像で比べてみた | 荷室の違いや使い勝手を徹底解説

  • 筆者: オートックワン 編集部
  • カメラマン:小林 岳夫

シエンタの3列シート仕様と2列シート仕様を徹底比較!

トヨタの小型ミニバン「シエンタ」に2シート仕様が設定されたのは2018年9月。既に人気を博していたシエンタに新たなバリエーションが加わったことで、ユーザーの選択肢はより広がりました。

ミニバンの購入ユーザーにはファミリー層も多いと思われますが、そういったユーザー全員が多人数乗車をするとは限りません。どちらかというと、広い荷室を求めてミニバンを購入している、という方も多いのではないでしょうか。その場合、ラゲージルームの使い勝手が鍵となってきます。

今回は、シエンタの2列シート仕様と3列シート仕様を画像も交えて徹底比較。自分にとってどちらの方が使いやすそうか、画像で確かめてみてください。

◆2列シート仕様と3列シート仕様の荷室の違いを画像で見る

トヨタ シエンタのエクステリア

▲画像左:3列シート仕様 / 画像右:2列シート仕様

現行型シエンタのひと目で分かる特徴は、なんといってもその個性的な外装デザイン。ヘッドライトとテールランプには「タレ目」にも見えるようなデザインが加えられていて、癒し系にも見えるキャラクターを演出しています。

後部ドアはスライド式が採用されていますが、全体的に丸みを帯びているデザインなので、スライドドア車特有の威圧感は感じられません。

なお、記事内の2列シート仕様のバックドアに貼られている「ファンベース」と書かれたステッカーはオプション装備です。

トヨタ シエンタのインテリア

シエンタの内装は、外装同様に丸みを帯びたデザインになっています。オレンジの差し色も相まって、運転が楽しくなるインテリアといえるでしょう。

ティッシュボックスも収納可能な助手席アッパーボックスや、センターコンソール脇に設けられたコンソールサイドポケットなど、使い勝手も追求されています。

トヨタ シエンタの荷室

シエンタの2列シート仕様と3列シート仕様の最大の違いは、もちろん3列目シートがあるかないかという点です。シートの有無だけでなく、それぞれ違う使い方ができるよう設計されているので、どちらが自分のライフスタイルに合うか比較してみましょう。

2列シート仕様

2列シート仕様の荷室は、3列シート仕様と比べよりゆとりのある空間となっています。室内長は2065mmにも達し、よりアクティブに使うことができそうです。

側面には、オレンジの縁が印象的な「ユーティリティホール」と呼ばれる穴が左右それぞれ9個ずつ設けられています。ユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで自分好みの荷室にカスタマイズできるので、趣味に活かしたい方にピッタリではないでしょうか。

また、大型デッキアンダートレイが装備されていることも特長の1つです。濡れたものや汚れたもの、人に見られたくない荷物を積むことに適しています。

3列シート仕様

シエンタの3列目シートは、2列目シートの座面下に収納できるよう設計されています。そのため、収納された状態でシートが邪魔になることはなく、荷室を広く使うことが可能です。2列目シートも畳んだ状態の室内長は、1430mmとなっています。

跳ね上げ式シートと違い、後方視界が邪魔されないことも嬉しいポイントですね。

地上から荷室までの高さが505mmと低床設計になっている点も特長です。重たい荷物もラクラク積むことができます。

[筆者:オートックワン編集部 / 撮影:小林 岳夫]

トヨタ シエンタの主要スペック

トヨタ シエンタの主要スペック
車種・グレード名G(ハイブリッド仕様)FUNBASE G(ハイブリッド仕様)
価格(消費税込)238万320円234万360円
駆動方式2WD
トランスミッションCVT(電気式無段変速機)
JC08モード燃費28.8km/L
WLTCモード燃費22.8km/L
WLTC市街地モード燃費22.7km/L
WLTC郊外モード燃費 23.9km/L
WLTC高速道路モード燃費22.1km/L
全長4260mm
全幅(車幅)1695mm
全高(車高)1675mm
ホイールベース2750mm
乗車定員7人5人
車両重量(車重)1380kg
エンジン直列4気筒
排気量1496cc
エンジン最高出力54kW(74ps)/4800rpm
エンジン最大トルク111N・m(11.3kgm)/3600〜4400rpm
モーター最高出力45kW(61ps)
モーター最大トルク169N・m(17.2kgm)

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者オートックワン 編集部
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ シエンタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ シエンタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ シエンタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ シエンタの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ シエンタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる