autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ シエンタに2列シート仕様が登場|評論家の選ぶベストグレードはどれ?

新型車解説 2018/9/11 13:40

トヨタ シエンタに2列シート仕様が登場|評論家の選ぶベストグレードはどれ?

関連: トヨタ シエンタ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: トヨタ自動車
トヨタ 新型シエンタ
トヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタトヨタ 新型シエンタ画像ギャラリーはこちら

マイナーチェンジの概要

人気ミニバンのシエンタがさらに商品力アップ

最近はミニバンの需要が下がり気味で、車種による販売格差も生じてきた。この競争の中で、売れ筋に位置付けられるのがトヨタ シエンタだ。2018年上半期(1〜6月)は、ミニバンでは日産セレナ、トヨタ ヴォクシーに次いで好調に売れた。

シエンタはトヨタの全店(全国約4900店舗)が扱うから、もともと売れ行きを伸ばしやすいモデルではあるが、商品自体の魅力も強い。

全長が4300mm以下のボディは、トヨタ ヴィッツのようなコンパクトカー並みに運転がしやすい。その一方で、独自の薄型燃料タンクを採用して床を低く抑えた。全高が1700mm以下のコンパクトなボディだが、3列目のシートに座っても膝の持ち上がる窮屈な姿勢にならない。3列目を畳んだ時の荷室も広い。1.5Lエンジンは燃費が優れ、ハイブリッドも選べる。そして価格が200万円前後に収まるグレードがあることも、出費が増えがちなファミリーユーザーには魅力だ。

2列シート5人乗りグレードが新たに追加、燃費も向上

現行シエンタの発売は2015年7月だから、デビューから約3年を経過した。そこで2018年9月11日にマイナーチェンジを実施した。

マイナーチェンジで最も注目されるのは、従来から用意された3列シートの6/7人乗り仕様に加えて、2列シートの5人乗りを加えたことだ。

5人乗り仕様の特徴は荷室の使い勝手が優れる点にある。

また今回の改良では、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、歩行者の検知が可能になり、ハイブリッドのJC08モード燃費は28.8km/Lに向上するなど、変更点は多岐にわたる。これらの概要を細かく見ていきたい。

◆待望の2列シート仕様車の使い勝手は?フォトギャラリーでチェック

外観デザインの変化

もともとシエンタの外観は、大胆なデザインのフロントマスク、波打つようなボディサイドの形状などに特徴があった。マイナーチェンジでは、斬新でスポーティな感覚を継承しながら、フロントグリルとバンパー、ヘッドランプ、リヤランプ、ホイールキャップの形状を変更して質感を高めている。

2列シート車の「ファンベース」を新たに設定

トヨタ 新型シエンタ FUNBASE(2列シート/5人乗り)

マイナーチェンジでは、2列シートで乗車定員が5名のファンベースが設定された。

2列目を倒すことで、平らな荷室を拡大できる。最大の荷室長は2065mmとされ、後席の左右を両方ともに倒した状態であれば、26インチのマウンテンバイクを2台搭載できる。車内で宿泊する用途にも対応できる。

荷室の両側に、ユーティリティホールを9個ずつ(合計18個)装着したことも特徴だ。日産 キャラバンなどの商用車やスズキ ハスラーのようなレジャー指向の車種に見られる装備で、ディーラーオプションのユーティリティフックやシステムバーを簡単に取り付けられ、荷室を便利に使える。

2列シートのファンベースでは、デッキボードも使いやすい。ボードを反転させることで、ローデッキ(荷室の床面地上高は530mm)とハイデッキ(610mm)に切り換えられる。

ローデッキでは荷室高が1070mmに達して、背の高い荷物も積みやすい。ハイデッキでは、荷室の床面がフラットになり、長い荷物を積んだり車内で宿泊する時に便利だ。

床面は左右に5:5の割合で分割されているから、片側をローデッキ、もう一方をハイデッキにする使い方も可能になる。

トヨタ 新型シエンタ FUNBASE(2列シート/5人乗り)トヨタ 新型シエンタ FUNBASE(2列シート/5人乗り)トヨタ 新型シエンタ FUNBASE(2列シート/5人乗り)

安全装備の進化と充実

歩行者検知機能追加&自動ブレーキ、駐車支援の機能アップ

トヨタ 新型シエンタ

シエンタは以前から緊急自動ブレーキを作動できる安全装備のトヨタセーフティセンスを採用してきた。センサーには単眼カメラと赤外線レーザーを使っていたが、歩行者の検知ができなかった。

マイナーチェンジでは、昼間の歩行者検知が可能になり、欠点を解消した。ただし緊急自動ブレーキの作動上限速度は、車両に対しても時速80kmにとどまる(警報は時速140kmまで作動する)。緊急自動ブレーキは、時速100kmまでカバーして欲しい。

超音波センサーを使ったインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)も設定している。低速、あるいは停車時に作動する緊急自動ブレーキだ。例えばゆっくりと前進/後退しながら車庫入れをしている時、後方の障害物を検知するとブレーキを自動的に作動させる。センサーは前後に各4箇所(合計8箇所)に装着した。

このほかパノラミックビューモニターをオプションで用意した。車両を上から見たような映像として表示したり、ドライバーの死角に入る左右のフェンダー付近を見せることも可能だ。

快適装備の進化と充実

日本初、荷物置き忘れ防止機能を採用

トヨタ 新型シエンタ FUNBASE(2列シート/5人乗り)

スライドドアを電動で開閉させるパワースライドドアには、予約ロック機能が装着された。スライドドアを電動で閉めている最中に施錠の操作をすると、閉まった後で自動的に施錠される。スライドドアが閉まり終わる前に車両を離れることが可能だ。

ただしセキュリティを含めて安全を考えると、離れた位置からでも良いから、閉まったことだけは確認したい。

日本初採用の装備には、後席の荷物の置き忘れを通知するリヤシートリマインダーがある。後席のドアの開閉でシステムが作動し(ここで車両側は荷物を後席に置いたと判断する)、走行後、車両を停車させてイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止のメッセージが表示される。

ボディカラーの追加

ボディカラーには、2トーンの6色が新たに用意された。ルーフとピラー(柱)はブラックマイカで、ボディの中央から下側は、レッドマイカ/ホワイトパール/ベージュ/イエロー/ヴィンテージブラウン/グリーンメタリックを選べる。

ベージュはモノトーンについても新色だが、2列シート専用色とされる。

ハイブリッド車の燃費向上

以前のハイブリッドは、JC08モード燃費が27.2km/Lだった。これが改良後は、28.8km/Lになった。2020年度燃費基準プラス50%を達成して、エコカー減税が免税になる。購入して最初に車検を受けた時の自動車重量税も、同様に免税だ。

ウェルキャブ仕様車も同様に改良

車いす仕様車、助手席回転チルトシート車にも、前述の改良を施した(ただし車いす仕様車はインテリジェントクリアランスソナーの設定がない)。

また車いす仕様車では、荷室が使いやすいスロープ前倒れ機能を拡大設定して、全車に標準装着した。

価格とベストグレード

トヨタ 新型シエンタ

3列シート車のグレードは、従来のXと上級のG、2017年8月に特別仕様車として設定されたGクエロがある。これに2列シートのファンベースXとファンベースGが加わった。3列シート車では、ハイブリッドとノーマルエンジンの2WD(前輪駆動)は乗車定員が7名、ノーマルエンジンの4WDは6名になる。

改良前と後で価格を比べると、ほぼ据え置きだ。少し上乗せしたグレードもあるが、それに見合う機能の向上が見られる。競争の激しいカテゴリーでもあるから、実質的に値上げされていない。

2列シートのファンベースは、3列シートの同グレードと比べて3万9960円安い。SUVの3列目シートは7〜15万円くらいだが、シエンタの場合は2列シート車にもユーティリティホールや専用のボードなど独自の機能を装着する。従って価格差があまり開かない。3万9960円ならば妥当だ。

ハイブリッドの価格は、ノーマルエンジンに比べて装備差を補正すると約36万円高い。実用燃費がJC08モードの85%、ガソリン価格が1リッター当たり145円で計算すると(今は150円を超えるが高すぎる)、1km当たりの燃料代はハイブリッドが5.9円、ノーマルエンジンは8.4円だ。そうなると36万円の価格差を約14万kmで取り戻せる。ハイブリッドのエコカー減税を含めて12万kmくらいだ。

コンパクトな車種はノーマルエンジンも燃費が優れるから、ハイブリッドの価格上昇分を燃料代の差額で取り戻しにくい。それでも1年間に1.5万km以上を走るユーザーならば、検討する価値があるだろう。ハイブリッドには、加速感が滑らかになったり、走行音が静かになるメリットもあるからだ。

トヨタ 新型シエンタ FUNBASE(2列シート/5人乗り)

機能的にはX(181万6560円/3列シートの2WD)で十分だが、加えたいオプションも多い。トヨタセーフティセンス(オプティトロンメーターなどとセットで8万1000円)、インテリジェントクリアランスソナー(2万8080円)、サイド&カーテンエアバッグ(4万8600円)、LEDヘッドランプパッケージ(11万6640円)、スマートエントリーパッケージ(3万9960円)、パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ(5万7240円)という具合だ。合計すると218万8080円になる。これにディーラーオプションのカーナビを加えた235万円前後が、実質的な車両の価格になるだろう。

さまざまな安全装備が充実するのはとても良いことだから、なるべく積極的に装着して、事故を防いでいただきたい。ただしその分だけ価格が高まるのは避けられない。軽自動車やコンパクトカーが売れ筋になるのは、当然の市場動向だろう。

[Text:渡辺 陽一郎/Photo:トヨタ自動車]

トヨタ 新型シエンタの主要スペック
試乗車グレードFUNBASE G[FF/5人乗り/ガソリン]G Cureo[FF/7人乗り/ハイブリッド]
メーカー希望小売価格(消費税込)2,340,360円~2,532,600円~
JC08モード燃費20.2km/L28.8km/L
WLTCモード燃費ーー22.8km/L
市街地モード燃費ーー22.7km/L
郊外モード燃費ーー23.9km/L
高速モード燃費ーー22.1km/L
全長4260mm
全幅(車幅)1695mm
全高(車高)1675mm
ホイールベース2750mm
乗車定員5人7人
車両重量(車重)1320kg1380kg
エンジン種類直列4気筒ガソリンエンジン
駆動方式FF(前輪駆動)
排気量1,496cc
エンジン最高出力80kW(109PS)/6,000rpm54kW(74PS)/4,800rpm
エンジン最大トルク136N・m(13.9kgf・m)/4,400rpm111N・m(11.3kgf・m)/3,600~4,400rpm
モーター最高出力ーー45kW(61PS)
モーター最大トルクーー169N・m(17.2kgf・m)
トランスミッション自動無段変速機(Super CVT-i)電気式無段階変速
燃料無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量42L

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ シエンタ の関連編集記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連編集記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR