ハイエースベースのキャンピングカー、モビーディックNH#01とNH#02の違いは?/【PR:FLEX株式会社】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:FLEX株式会社
画像ギャラリーはこちら
FLEXが展開するキャンピングカーシリーズ「MOBY DICK(モビーディック) 」。ラインアップのなかから、普段乗りも遣いやすい標準ボディ・ハイルーフのハイエースをベースにした5人乗りのNH#01と8人乗りのNH#02を比較してみました。
目次[開く][閉じる]
  1. ハイエースのキャンピングカー「MOBY DICK」とは?
  2. 標準ボディxハイルーフのNHシリーズ
  3. 5人乗りのキャンピングカー「モビーディック NH#01」の特徴は?
  4. 8人乗りのキャンピングカー「モビーディック NH#02」の特徴は?
  5. こんな人にオススメ
  6. モビーディックのメリットは?
  7. モビーディック NHシリーズで素敵な生活を

ハイエースのキャンピングカー「MOBY DICK」とは?

遊ぶための車と仕事や日常で使う車、それぞれを分けて所有できれば理想ですが、一緒ならそちらの方が経済的だし、さらに複数台所有できるなら別のジャンルの車も考えられますね。となると、日常でも普通に使える遊び車がよさそうです。

そんな人にオススメしたいのが、FLEXが展開するキャンピングカー「MOBY DICK(モビーディック)」です。このモビーディックは、ハイエースをベースにしたキャンピングカーで、ボディサイズや仕様の異なる5種類のモデルをラインアップしています。今回はその中から、標準ボディxハイルーフのハイエースをベースにしたNH#01とNH#02の2台をピックアップして、仕様の違いを比較してみます。それぞれどんな人にオススメなのか解説していきますので、キャンピングカーが気になっている人はぜひ最後までお付き合いください。

標準ボディxハイルーフのNHシリーズ

モビーディックのNHシリーズは、標準ボディxハイルーフのハイエースをキャンピングカー仕様に換装した車両で、5名定員のNH#01と8名定員のNH#02という2モデルをラインアップしています。

普段も乗りやすいボディサイズ

どちらもハイエースの標準ボディをベースにしているので、サイズは全長4,695mm x 全幅1,695mmと、一般的なミドルサイズミニバン並みの大きさです。ちなみに人気のアルファードのサイズは全長4,950mm x 全幅1,850mmなので、ハイエースがかなり小さく感じられるのではないでしょうか?

また、駐車場の切り返しなどでは小回りが効いたほうが楽に運転できますが、取り回しの良さの一つの指標である最小回転半径は、ハイエースの5.0m(2WD)に対してアルファードは5.6m(ハイブリッド)となっています。

さらに、ハイエースはボンネットの長さがないため見切りがよく、四角いボディ形状も相まって車両の長さが把握しやすいのです。

このことからも分かる通り、ハイエースは運転のしやすさという点で、ミドルサイズミニバンと肩を並べる存在と言えるでしょう。

室内空間が広いハイルーフボディ

NHシリーズはどちらもハイルーフボディをベースにしています。全高が2,240mmあるので、頭上の空間はかなり広く取られています。室内が広く開放感があるので、車内でゆっくりとくつろぐことができるでしょう。また、キッチンで立ったまま調理できるというのも嬉しいポイントと言えると思います。

ガソリン/ディーゼル/2WD/4WDを用意

NH#02は、NH#01同様にエンジンはガソリンとディーゼル、駆動方式は2WDと4WDを用意しています。例えば、多少うるさくても経済的な方がいいということであればディーゼルの2WDモデルがいいでしょうし、舗装路以外、雪道なども結構走るということであれば、ディーゼルの4WDモデルがオススメです。また、あまり長距離は走らないし、静かな方がいいならばガソリンの2WDモデルというように、乗る頻度や乗り方に応じて選ぶことができます。

NH#01コンプリート価格(税込)

ガソリン2WD 448万8000円

ディーゼル2WD 498万3000円

ディーゼル4WD 524万7000円

>>モビーディック NH#01の詳細はこちら【公式サイト】

NH#02コンプリート価格(税込)

ガソリン2WD 423万5000円

ディーゼル2WD 473万0000円

ディーゼル4WD 499万4000円

>>モビーディック NH#02の詳細はこちら【公式サイト】

5人乗りのキャンピングカー「モビーディック NH#01」の特徴は?

全員が前を向いて乗車できる

2列目に3名掛けのシートを用意しているため、移動時は一般的な乗用車と同じように全員が前を向いて座ることができるのがポイントです。横を向いて乗るとちょっと車酔いなどの心配があるという人は、こちらがいいでしょう。もちろんこの2列目シートはフルフラットになるので、ベッドスペース的に問題はありません。

L字型ダイネットでくつろげる

キャンプサイトなどでは、2列目シートを後ろ向きにしてテーブルを設置することで、L字型のダイネットにすることができます。車内でゆっくりとくつろぐこともできますし、車外を行ったり来たりしながら遊ぶなんて使い方も楽しめます。

8人乗りのキャンピングカー「モビーディック NH#02」の特徴は?

最大8名という大人数で楽しめる

後部に対面で6名分のシートがあるというのが最大の特徴です。進行方向に対して着座は横向きになりますが、気の合う仲間たちと一緒に遊びに行くのであれば、道中もこのレイアウトならばきっと楽しく盛り上がることでしょう。もちろん全席にシートベルトが備わっているので、安心して移動することができます。

ベッドを出してもキッチンが使える

NH#02は、2列目シートをフルフラットにしてベッドマットを展開することで、大人3名分のベッドスペースとなります。キッチンや収納は前席と2列目シートの間にまとめられているため、ベッドモードに変更する際に大幅な片付けの必要はありません。キッチンはそのままベッドスペースが作れるので、ちょっと疲れちゃって片付け面倒だなぁというときでも楽ちんです。また、朝起きてすぐに調理したいというシチュエーションでも、ベッドはそのままでキッチンを使うことができます。

こんな人にオススメ

同じ標準ボディ・ハイルーフのハイエースをベースにしたNH#01とNH#02ですが、シートやキッチン、収納、ベッドなどのレイアウトが異なります。それぞれどのような人や使い方に向いているでしょうか?

毎日ミニバンみたいに使いたい人は「NH#01」

平日は送り迎えで後席に家族を乗せたり、仕事で同僚などを乗せていて、休日は家族でキャンプやアクティビティに行きたいという人は、5人乗りのモビーディック NH#01をオススメします。スライドドアを開けるとすぐに2列目シートへアクセスできるので、普段はキャンピングカーと意識することなく、ミニバンと同じように使うことができます。そして遊ぶときは、ベッドもキッチンもあるキャンピングカーとして大活躍することでしょう。

みんなでワイワイ、または広々ゆっくりしたい人は「NH#02」

遊びに行くときはいつもメンバーが多いという人には、やはりNH#02がオススメです。8人乗りという定員は、みんなで楽しみながら過ごしたい人に最適です。後部に対面で6人というレイアウトの場合、前席と後席が隔離されるような感覚になりがちですが、NH#02では収納部分の家具の高さを低めにすることで、会話や雰囲気が共有しやすい空間に仕上げられています。

モビーディックのメリットは?

FLEXで自社設計・自社生産

モビーディックは、FLEXがキャンピングカーとして必要とされる要素を検討したうえで独自で設計しています。また、各パーツの製造とキャンピングカーへの換装を自社で行っています。つまり、設計からオーナーの手に渡るまですべての工程を一貫してFLEXで行っているので、高いクオリティを保つことができるというわけです。

全国のFLEXの店舗で購入・メンテナンスが可能

FLEXは、数多くのハイエースを手掛けているので、さまざまなノウハウを蓄えています。ショップがワンオフで製作した車両とは違い、FLEXがキャンピングカーのシリーズとして展開している車両なので、日本全国どの店舗でも購入することができます。また、日常のメンテナンスや車検、そして万一旅先でトラブルに遭った場合でも、近くのFLEXが味方になってくれることでしょう。

モビーディック NHシリーズで素敵な生活を

運転がミニバン並にしやすくて、スペース効率に優れた標準ボディ・ハイルーフのハイエースをベースにしたFLEXのキャンピングカー、モビーディック NH#01とNH#02。それぞれハイエースのプロが徹底的に作り込んだ車両です。遊びのシーンはもちろん、普段の使い勝手もバッチリ。1年365日、どんなシチュエーションで乗っても頼りになる家族の一員のような存在となってくれるでしょう。

今現在ミニバンオーナーで次もミニバンに乗り換えを考えている人や、そろそろキャンピングカーが欲しいなぁという人、そしてキャンピングカーを乗り継いでいる人も、モビーディックNHシリーズ「NH#01」と「NH#02」を検討してみては?

>>モビーディック詳細はこちら【公式サイト】

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
55万円866.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる