アウトドアにも災害時にも使える!便利と安心を手に入れられるおすすめウォータータンク3選

  • 筆者: MOTA編集部
大人数でのアウトドアで大活躍するウォータータンク。飲料、料理、足を洗うなどたくさんの用途があるので、キャンプなどにおすすめです。さらに災害用にも利用可能。今回はオススメノウォータータンク3つをまとめてみました。

ウォータータンクってどんな時に使うの?

ウォータータンクはたくさんの水を持ち運びするときに便利なアイテム。アウトドアに大人数で出かけるときにペットボトルを箱買いするよりも、経済的かつゴミなしで環境にも優しいアイテムです。また、万が一の災害時、給水車から水をもらう、生活用水を貯めておくなど、いざという時にも大活躍!

選ぶ際のポイントは、収納方法と水の容量。しっかりとしたポリタンクタイプは扱いやすい反面収納に困りますし、容量が大きい方が安心ですが、大きすぎると持ち運びが難しくなってしまいます。

なので、折り畳みかどうか、また、大容量で持ち運びが不安という方は複数個持っておくなど、自分の使い方に合わせて揃えて置くと良いでしょう。

アウトドア専用ブランドの安心感!

ロゴス 水缶 抗菌広口水コンテナは、タンクの下部にある蛇口部分から水を出しながら、上部の広口を開けられる設計になっています。こうすることで柔らかいタンクが水圧でへこむのを防ぐことができ、簡単に水を注ぐことができるのです。

ロゴスというアウトドア専用ブランドなだけあって、安定感は他の商品と比べてかなり良いとの評判。たった400gのタンクに16Lの水が入るので、かなり効率が良いと言えるでしょう。

ベルト付きで持ち運びをしっかりと考えられた設計なのも、嬉しいポイントですね。

ロゴス 水缶 抗菌広口水コンテナ
メーカー名ロゴス
商品名水缶 抗菌広口水コンテナ
重量400g
サイズ30cm×24cm×27cm
収納時サイズ24cm×22cm×14cm
容量16L
Amazon販売価格(2020年7月31日時点)1,727
楽天販売価格(2020年7月31日時点)3,914

縦でも横でも使用可能!アウトドアにもってこいなウォータータンク

寝かせた状態でも立てた状態でも水を注げるというのが嬉しいこちらのFIELDOOR ウォータータンクは、アウトドアでの地面が安定しないなかでも使いやすいウォータータンクです。

きれいに折りたたむことができるので、次の使用時になかなか開けられないということもありません。

2Lのペットボトル6本分以上の水が入るので、長時間の移動にも対応しています。

FIELDOOR ウォータータンク 15L
メーカー名FIELDOOR
商品名ウォータータンク 15L
重量215g
サイズ27cm×27cm×27cm
収納時サイズ27cm×27cm×11cm
容量15L
Amazon販売価格(2020年7月31日時点)1,550
楽天販売価格(2020年7月31日時点) ※2個セット2,860

家族連れなら複数持ちがオススメ!

上記2アイテムと比べて10Lと水の入る量は少ないノムラテックのウォータータンクWT-10ですが、女性が持ち運びやすい重量で人気の商品です。

折り畳み時にかさばらない大きさのウォータータンクなので、収納面に優れたアイテム。注ぎ口が取れやすいこともないので、使いやすさも収納力も高いウォータータンクとして人気です。

ノムラテック ウォータータンク WT-10
メーカー名ノムラテック
商品名ウォータータンク WT-10
重量150g
サイズ22.5cm×22.5cm×22.5cm
収納時サイズ
容量10L
Amazon販売価格(2020年7月31日時点)1,280
楽天販売価格(2020年7月31日時点) ※2個セット1,122

災害などの緊急時にも役立つ!

ウォータータンクを1つ持っていると、アウトドアだけではなく災害時などの緊急を要する事態にも対応できます。水を保存しておくもよし、畳んで収納しておくのもよしなので非常に利便性が高いといえるでしょう。

そんなウォータータンクをまだ持ってないという人がいれば、ぜひこの機会に購入検討してみてもいいのではないでしょうか?

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 時音の宿 湯主一條
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる