【今さら聞けない!?】今をときめく新型車クイズー♪ 初級編

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
せっかくのゴールデンウィークなのに今年は出かけられず、退屈な休日が確定している方へ簡単なクルマクイズを! ライトやクルマの一部を写した写真と、そのクルマにお話をヒントにチャレンジしてみてください! これがわかればあなたもクルマ好き〜♪
目次[開く][閉じる]
  1. Q1.ヒントは超可愛い丸〜い目!
  2. Q2.間も無く登場のみんなの人気者
  3. Q3.久しぶりに日本市場に復活したあのクルマ!

Q1.ヒントは超可愛い丸〜い目!

エクステリアのヒントは丸ーいヘッドライト。実はこのクルマ車内も丸だらけ!

ちなみにこのクルマは、最近モデルチェンジしたばかりの超人気モノ。価格は136万5100円〜179万800円の軽自動車だ!

さてさて、答えはなーんだ!? 正解はコチラ!

Q2.間も無く登場のみんなの人気者

1997年に登場した初代モデルは、その後の自動車史を変えたほどの名車。プレミアムSUVというカテゴリーを作ったパイオニア的存在だ。

2013年に登場した現行モデルは、間も無くのモデルチェンジを控えているにも関わらず今なお人気の一台。

さて、2枚の写真と説明分をヒントに考えてみよう!

正解はコチラ!

Q3.久しぶりに日本市場に復活したあのクルマ!

2019年に久しぶりに日本市場に復活し、日本のみならず北米や中国で大人気のクルマ。

初代モデル登場の1994年当時、ランクルやパジェロなどの本格的なクロカンしかなかったが、スズキ エスクードとともにライトクロカン市場を生み出したエポックメイキングな一台。

ちなみに2問目のクルマと兄弟車だ。

さて正解はなんでしょう!?

答えはコチラ!

次回はもっとマニアックなクイズに挑戦!?

2020年4月30日に、ほんの少しだけ難しいクイズを出題予定! 初級編がクリアできたなら、楽勝? それとも……とにかく次の問題をお楽しみにー♪

クイズに登場したクルマたちの詳しい情報は下記の記事をチェック▼

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる