MOTAトップ 記事・レポート 特集 特別企画 アウディ “ド迫力フェイス”の新型Q8が登場|メルセデス初EV ほか【月曜必読記事5選】

特別企画 2019/7/8 07:00

アウディ “ド迫力フェイス”の新型Q8が登場|メルセデス初EV ほか【月曜必読記事5選】

Text: MOTA編集部
メルセデス・ベンツ EQCメルセデス・ベンツ EQC画像ギャラリーはこちら

先週話題の記事を月曜のうちにチェック

先週1週間で公開されたMOTAのオススメ記事を、ランキング形式でご紹介。

忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見。これさえ読めば、今話題のクルマ・最新情報がよく分かります!

>>新型Q8を含む先週話題になったクルマを画像で見る[23枚]

1位:アウディ新型「Q8」デビュー|アウディ初のクーペSUVただの派生モデルじゃない!

アウディは2019年7月3日、ブランドとして初となるクーペSUVモデル「Q8」を東京都・現代美術館にて発表した。販売は同年9月3日からで、すべて右ハンドルとなる。

BMWのX6やメルセデス・ベンツのGLEなど、世界を席巻しつつあるクーペSUV市場に対してアウディの出した答えがQ8だ。

記事では、気になる価格や、参考デザイン、内外装の特長を紹介している。

>>この記事を読む

2位:武 豊、ウマの次は“メルセデスEV”に乗る!?|メルセデス・ベンツ EQC 発表会

メルセデス・ベンツ EQC

メルセデス・ベンツ日本は2019年7月4日、メルセデス・ベンツブランドで日本初となるEV(電気自動車)モデルを六本木・メルセデス ミーにて初披露した。

2019年7月18日11時からオンラインストアにてEQC Edition 1886のウェブ商談予約が開始される。なおデリバリーはEQC Edition 1886は同年10月以降、EQC 400 4MATICは2020年春を予定している。

記事では、EQCの内外装の特長や、ジョッキーの武 豊氏のクルマに纏わる貴重なエピソードも紹介!

>>この記事を読む

3位:トヨタ 新型スープラ vs BMW 新型Z4 どっちが買い!? 徹底比較

トヨタ 新型スープラ vs BMW 新型Z4

新型スープラはトヨタのスポーツカーで、基本部分をBMW 新型Z4と共通化した兄弟車だ。この2車種ではエンジンやプラットフォームは共通だが、ボディ形状は異なる。新型スープラはクローズドボディのクーペで、Z4は電動で開閉するソフトトップを備えたオープンモデルだ。

そこで自動車評論家の渡辺 陽一郎氏に、新型スープラと、その兄弟車である新型Z4を徹底比較していただいた。

記事では、気になる勝敗結果や両車種の良い所・悪い所を解説している。

>>この記事を読む

4位:SUVみたいなミニバン、新型「デリカD:5」の実燃費を計ってみた

【三菱 新型デリカD:5 アーバンギア G-Power Package[4WD] 実燃費テスト】

三菱は2019年2月、新型デリカD:5を発表した。新型デリカD:5は、大胆な「ダイナミックシールド」デザインに一新したフロント周りなど、ほぼフルモデルチェンジと言えるほどの大変革を遂げた。

そして6月某日、MOTA編集長が新型デリカD:5 ディーゼルに試乗する機会に恵まれたので、無理を言って夜な夜な実燃費をレポート!

記事では、新型デリカD:5 ディーゼルの気になる実燃費や、ドライバビリティを事細かに解説している。

>>この記事を読む

5位:新型MAZDA3/アクセラ比較|まったく“別モノ”のように進化したMAZDA3の魅力【新旧比較】

MAZDA3 アクセラ 比較

マツダは2019年5月24日、新型MAZDA3(アクセラ後継モデル)を発売した。以前、日本ではアクセラとして売られていたが、海外ではMAZDA3という車名で売られており、今回は国内でもアクセラの名が消えMAZDA3に統合された。

そこで新型MAZDA3とアクセラではどのような違いがあるのか徹底比較してみた!

記事では、アクセラとMAZDA3の細かな違いや特徴を徹底解説している。

>>この記事を読む

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR