アウディ “ド迫力フェイス”の新型Q8が登場|メルセデス初EV ほか【月曜必読記事5選】

  • 筆者: MOTA編集部

先週話題の記事を月曜のうちにチェック

先週1週間で公開されたMOTAのオススメ記事を、ランキング形式でご紹介。

忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見。これさえ読めば、今話題のクルマ・最新情報がよく分かります!

>>新型Q8を含む先週話題になったクルマを画像で見る[23枚]

1位:アウディ新型「Q8」デビュー|アウディ初のクーペSUVただの派生モデルじゃない!

アウディは2019年7月3日、ブランドとして初となるクーペSUVモデル「Q8」を東京都・現代美術館にて発表した。販売は同年9月3日からで、すべて右ハンドルとなる。

BMWのX6やメルセデス・ベンツのGLEなど、世界を席巻しつつあるクーペSUV市場に対してアウディの出した答えがQ8だ。

記事では、気になる価格や、参考デザイン、内外装の特長を紹介している。

>>この記事を読む

2位:武 豊、ウマの次は“メルセデスEV”に乗る!?|メルセデス・ベンツ EQC 発表会

メルセデス・ベンツ日本は2019年7月4日、メルセデス・ベンツブランドで日本初となるEV(電気自動車)モデルを六本木・メルセデス ミーにて初披露した。

2019年7月18日11時からオンラインストアにてEQC Edition 1886のウェブ商談予約が開始される。なおデリバリーはEQC Edition 1886は同年10月以降、EQC 400 4MATICは2020年春を予定している。

記事では、EQCの内外装の特長や、ジョッキーの武 豊氏のクルマに纏わる貴重なエピソードも紹介!

>>この記事を読む

3位:トヨタ 新型スープラ vs BMW 新型Z4 どっちが買い!? 徹底比較

新型スープラはトヨタのスポーツカーで、基本部分をBMW 新型Z4と共通化した兄弟車だ。この2車種ではエンジンやプラットフォームは共通だが、ボディ形状は異なる。新型スープラはクローズドボディのクーペで、Z4は電動で開閉するソフトトップを備えたオープンモデルだ。

そこで自動車評論家の渡辺 陽一郎氏に、新型スープラと、その兄弟車である新型Z4を徹底比較していただいた。

記事では、気になる勝敗結果や両車種の良い所・悪い所を解説している。

>>この記事を読む

4位:SUVみたいなミニバン、新型「デリカD:5」の実燃費を計ってみた

三菱は2019年2月、新型デリカD:5を発表した。新型デリカD:5は、大胆な「ダイナミックシールド」デザインに一新したフロント周りなど、ほぼフルモデルチェンジと言えるほどの大変革を遂げた。

そして6月某日、MOTA編集長が新型デリカD:5 ディーゼルに試乗する機会に恵まれたので、無理を言って夜な夜な実燃費をレポート!

記事では、新型デリカD:5 ディーゼルの気になる実燃費や、ドライバビリティを事細かに解説している。

>>この記事を読む

5位:新型MAZDA3/アクセラ比較|まったく“別モノ”のように進化したMAZDA3の魅力【新旧比較】

マツダは2019年5月24日、新型MAZDA3(アクセラ後継モデル)を発売した。以前、日本ではアクセラとして売られていたが、海外ではMAZDA3という車名で売られており、今回は国内でもアクセラの名が消えMAZDA3に統合された。

そこで新型MAZDA3とアクセラではどのような違いがあるのか徹底比較してみた!

記事では、アクセラとMAZDA3の細かな違いや特徴を徹底解説している。

>>この記事を読む

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる