自動運転へまた一歩近づいたか? 日産プロパイロット2.0を使ってみた

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:小林 岳夫
画像ギャラリーはこちら
目次[開く][閉じる]
  1. そもそもプロパイロットとは?
  2. プロパイロット2.0は何がすごい?
  3. ナビと連動して車線変更も自動!
  4. スピードを出す気にならないという発見も
  5. 関連コンテンツ

2019年7月にマイナーチェンジした日産 スカイラインの大きなトピックは二つ。一つは400Rが復活したこと。もう一つは高速での手放し運転が可能になった“プロパイロット2.0”の搭載だ。今回はその“プロパイロット2.0”を実際に使用した感想を速報でお伝えする。

>>夢の手放し運転が可能! スカイラインで未来を味わおう♪【画像ギャラリー】

そもそもプロパイロットとは?

プロパイロットは2016年にデビューした現行型の日産セレナに初搭載されたもの。高速道路で同一車線であればアクセル・ブレーキ、さらにはステアリング操作をクルマ側が行ってくれるというものである。

単眼カメラで道路状況を確認するというシステムだったのだが、まっすぐな高速道路を走行していてもステアリングが常に左右に振られ、筆者にいわせれば「少し頼りない」という印象であった。

とはいうものの実際に遠出や渋滞時には重宝するのは事実で、搭載車種も国内だけで見てもエクストレイルにリーフ、さらにはデイズと4車種にまで増えていて、完成度も年々向上している。

プロパイロット2.0は何がすごい?

先ほど記述したとおり、プロパイロットは同一車線のみでの使用で、ステアリンングをしっかり握っていなければならなかったが、今回のプロパイロット2.0はハンズオフが可能となった。簡単に言えば、作動中はステアリングを手から離してOKというわけ。ここが最大の違いとなる。

技術的な話をすると、車両に搭載したカメラ、レーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データを組み合わせることで、車両の360度の情報と道路上の正確な位置を把握していることで可能となっている。

もっといえば、今までのプロパイロットはカーブに差し掛かってから道路状況(どれくらい急なのか)を読みとり、制御していたが、プロパイロット2.0は予めデータがあるのでカーブでも自然な運転が可能となる。

ナビデータとは別に車線の数や標識、勾配など非常に詳細な地図データがメモリされており、こちらを元に作動するという。

ちなみにプロパイロット2.0の作動スピードは最大100km/hで、それ以上(〜135km/h)はこれまでのプロパイロットと同じ機能となる。

ナビと連動して車線変更も自動!

SF映画などに出てくる“未来のクルマ”は、目的地を入力すればクルマが勝手に目的地まで運転してくれる。そこまではいかないが、プロパイロット2.0では世界で初めてナビとの連動が可能になった。目的地をセットしたと同時に、そのルートの地図データを呼び出して走行ルートを引いてくれるというもの。その際に、“どこの車線がベストか?”や"いつ車線変更するのがいいのか?"なども考えるそうだ。ちなみに地図データの更新は、画面に更新するか? 否か? が表示され、任意のタイミングでも可能。データ更新中もナビの使用は可能だ。

つまり目的地を設定すれば、ナビと地図データから分岐などのデータを元に車線変更を提案してくれたりするのだ。もちろん、ナビを設定していなくてもプロパイロット2.0の起動は可能である。

筆者は中央自動車道の河口湖I.Cから談合坂SAまで試乗したのだが、結論から言うと極めて自然な動きでアシストしてくれた。高速に入ってすぐに、ステアリングスポークにある青のスイッチでON。白線の読み込みも以前よりもはるかに素早く読み取ってくれ、すぐに手放し運転OKのアニメーションが表示された。

分岐の際は、車両に入っている地図データと照合し適切なタイミングで「車線移動した方がいい」と教えてくれ、OKとこちらでボタンを押せばウィンカーが作動。この時ばかりは、ステアリングを握る必要があるが、スムースに車線移動をしてくれるのだ。

法定速度は標識+10km/hまでの範囲で設定が可能。工事や制限速度が変わったタイミングで、クルマが判断し速度を下げてくれるなど、至れり尽くせり!

ただし80km/hで巡航している際に、工事区間に入って制限速度が50km/hとケースでは、急激に減速される。流れに乗って走っている後続車は不意を突かれて驚いてしまうのでは? という懸念事項もあるのだが……。

スピードを出す気にならないという発見も

スポーティなクルマに乗ると、ついつい飛ばしてしまいがちだ。だが、新型スカイライン プロパイロット2.0を使っていると「運転してくれるなら急がなくても……」と気持ちに余裕が出来るのか、あえてスピードを出す気にならないという意外な発見があった。

まだ完璧な制御とはいえないものの、今後の改良に期待したい。

【筆者:MOTA編集部 撮影:小林 岳夫】

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる