独走は許さん!スカイライン、ローレル、セフィーロでマークII3兄弟に対抗した日産のハイソカー【MOTA写真館】

画像ギャラリーはこちら
80年代から90年代の頃、ハイソカーと呼ばれる高級感のあるセダンやクーペがブームとなった。そんなハイソカーブームの主役に躍り出たのがマークII、チェイサー、クレスタの「マークⅡ 3兄弟」だ。当時、トヨタのライバルであった日産は、マークII 3兄弟に対抗するため、「スカイライン」「ローレル」「るセフィーロ」という個性の異なる3台を世に送り出した。

>>個性が異なる日産のハイソカーを画像でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. GT-Rの復活!スカイラインの名を再燃させたR32型 8代目 日産 スカイライン
  2. 打倒マークII!日産ハイソカーの高級路線担当 C33 ローレル
  3. 「くうねるあそぶ」個性際立つ5ナンバーセダン|日産 初代セフィーロ
  4. 走り・質感・満足感そのすべてが高かったバブル時代のハイソカー

GT-Rの復活!スカイラインの名を再燃させたR32型 8代目 日産 スカイライン

1989年に誕生したR32 日産 スカイラインは、同社の「1990年代までに技術世界一を目指す」901運動の最中に生まれた。4ドアハードトップセダンと2ドアクーペのボディタイプ、1800ccから2600ccまでの幅広いエンジンバリエーションを揃える。

また、日産スポーツモデルの象徴である「GT-R」が16年ぶりに復活。特に、直列6気筒2568cc 4バルブ DOHC ツインターボ RB26DETT型エンジンは、今でも多くのファンから支持されている名エンジンのひとつだ。

>>R32スカイラインの内外装写真はこちら

スペック

■全長×全幅×全高:4,530-4,580mm×1,695mm×1,325-1,340mm

■エンジン

・直列6気筒 DOHC RB26DETT

・直列6気筒 DOHC RB20DET

・直列6気筒 DOHC RB20DE

・直列6気筒 DOHC RB25DE

・直列6気筒 SOHC RB20E

・直列4気筒 SOHC CA18i

■トランスミッション:4速AT/5速AT/5速MT

■駆動方式:FR/4WD

■ボディタイプ:4ドアハードトップセダン、2ドアクーペ

■販売期間:1989年~1994年

打倒マークII!日産ハイソカーの高級路線担当 C33 ローレル

1989年にフルモデルチェンジされた日産 ローレルは、6代目 C33型となり、4ドアピラーレスのハードトップのみのラインナップとなった。日本経済に活気があり、景気が良かったバブル時代に開発されたこともあり、豪華でスポーティーという言葉がぴったりな大人のスポーツセダンだ。本物の木材を使った本木目クラスターが装備され、インパネにもシートと同じトリムを貼る凝りよう。豪華なインテリアはシーマやセドリックを上回るほどであった。

>>C33ローレルの内外装写真はこちら

スペック

■全長×全幅×全高:4,690mm×1,695mm×1,365mm

■エンジン

・直列6気筒 2500cc DOHC RB25DE型

・直列6気筒 2000cc DOHC ターボ RB20DET型

・直列6気筒 2000cc DOHC RB20DE型

・直列6気筒 2000cc SOHC RB20E型

・直列4気筒 1800cc SOHC CA18i型

・直列6気筒 2800cc ディーゼル RD28型

■駆動方式:FR

■トランスミッション:4速AT/5速AT/5速MT

■販売期間:1989年~1993年

「くうねるあそぶ」個性際立つ5ナンバーセダン|日産 初代セフィーロ

1988年に登場した初代日産 セフィーロ(A31型)は、バブル時代を象徴する4ドアセダン。「くうねるあそぶ」のキャッチコピーや印象的なテレビCMを覚えている方も多いだろう。エンジン・内装・外装色などを好みに応じて選択できるセミオーダーシステムの「セフィーロ・コーディネーション」の組み合わせはなんと810通り。オーナーの要望に応え、さらにメーカーの独自性を盛り込んだ初代セフィーロは、まさにバブル時代の日産を象徴する1台だ。

>>初代セフィーロの内外装写真はこちら

スペック

■全長×全幅×全高:4,690mm×1,695mm×1,375mm(2.0クルージング)

■エンジン

・直列6気筒 2500cc RB25DE型

・直列6気筒 2000cc ターボ RB20DET型

・直列6気筒 2000cc RB20DE型

・直列6気筒 2000cc RB20E型

■トランスミッション:4速AT/5速AT/5速MT

■駆動方式:FR/4WD

■販売期間:1988年~1994年

走り・質感・満足感そのすべてが高かったバブル時代のハイソカー

高級志向が高まっていたバブル時代を象徴するハイソカー。基本部分を共有するマークII 3兄弟に対し、日産はそれぞれ異なるベクトルで勝負を挑んだ。

また、スカイライン、ローレル、セフィーロは、日産の名エンジンとして名高いRB型を搭載しているのも興味深い共通点。バブル時代のハイソカーを象徴しているだけではなく、「技術の日産」を反映している個性派3台といえるだろう。

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
19.8万円598.2万円
日産/セフィーロ
日産 セフィーロカタログを見る
新車価格:
236.4万円330.9万円
中古価格:
25万円170.2万円
日産/ローレル
日産 ローレルカタログを見る
新車価格:
239.8万円374.6万円
中古価格:
29.8万円404.5万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる