MOTAトップ 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ボクらが熱く語れたあのクルマ、あのエンジン|【1980年代パワーウォーズ ベスト3】

自動車評論家コラム 2019/7/18 12:22

ボクらが熱く語れたあのクルマ、あのエンジン|【1980年代パワーウォーズ ベスト3】(1/2)

Text: 永田 トモオ Photo: 日産自動車/トヨタ自動車/ホンダ
日産 スカイライン 2.0 ターボRS
日産 スカイライン 2.0 ターボRSオートモビル カウンシル 2019シビック Si 3ドア日産 スカイラインハードトップ ターボRS(1983年式)[同乗試乗]|日産ヘリテージコレクション 取材会[2018年6月27日/日産座間事業所(神奈川県座間市)]画像ギャラリーはこちら

リッター当たり100馬力越えを競った1980年代

ガソリンエンジン危うし? 世界の自動車メーカーが、こぞってハイブリッド車や電気自動車化に舵を切っていく今、ガソリンエンジンは、日本でも徐々に脇へと追われ始めている。

もちろん、ガソリンエンジンが消えることは当分ないし、自動車の性能ももっとよくなるだろう。でも、その昔のように、みんなが熱く語れるようなエンジンとクルマの関係は、生まれてこないかもしれない。

ではその昔、日本の乗用車が高性能化してパワーウォーズに突入した1980年代の、クルマとエンジンのベスト3カップルを独断と偏見を交えて、個人的な思い入れもたっぷりに挙げてみようと思う。

まずはFJ20ETエンジンを搭載した日産 スカイライン 2000 RSターボC。次に1G-GTEU搭載のトヨタ ソアラ 2.0GT ツインターボ。そして、ZCエンジンを搭載したホンダ シビックSiだ。ベスト3もこの順番としたい。

1位のスカイライン 2000 RSターボCは、84年に六代目R30型の最強モデルとしてラインアップ。FJ20ETは、排気量2リッターの4バルブDOHCにターボ・インタークーラーの装着で最高出力205psを発揮するという、国産初の“リッター100ps”オーバーエンジンだった。

誰からともなく呼ばれ始めたニックネームが「鉄仮面」で、国内ツーリングカーレースでも大活躍している。それでも、スカイラインRSがGT-Rを名乗れなかったのは、『FJ20エンジンが4気筒だったから』というのも有名な都市伝説だ。結局、FJ20ETは86年までの5年間という短命で生産終了。鉄仮面の名前とともに、80年代パワーウォーズの起爆剤として、オールドファンの語り草になっている。

懐かしの鉄仮面やソアラ、シビックSiを画像で見る[フォトギャラリー]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR