軽を買うならターボは譲れない!? 日産 ルークスを購入するなら最上級グレードを選んだ方が良いワケ

画像ギャラリーはこちら

そろそろ親のお下がり車を卒業して、もっと家族で便利に使える新車が欲しいけど、まだまだ子供にお金もかかるし、なるべくランニングコストを抑えたいなぁ。

なんて悩んでいる20代のパパ・ママにオススメしたいのは、軽自動車でファミリーにイチバン人気のスーパーハイトワゴンで、最新モデルの日産 ルークス。

目次[開く][閉じる]
  1. 価格193万円! 日産 ルークスを買うなら最上級グレードがおすすめ
  2. 最上級グレードを買った方がいい理由はファミリーカー必須装備が揃っていること
  3. ファミリーで軽を買うならターボは譲れない! ルークスを買うなら思い切って最上級グレードを

価格193万円! 日産 ルークスを買うなら最上級グレードがおすすめ

日産 ルークスは、天井が高くて広い室内と、乗り降りしやすい両側スライドドアでとっても便利なのに、ファッションのトレンドを押さえたカラーや上質感のあるインテリアで、オシャレに乗れるんです。

そんなルークスのイチオシグレードは、「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」193万2700円。

グレードは全6種!

ルークスは、ベースグレードの「S」141万5700円からはじまって、コンプリートカスタムモデルのAUTECHも含むと、2WDだけで6グレードあります。

日産 新型ルークス グレード価格

S

141万5700円

X

154万6600円

ハイウェイスターX

173万4700円

AUTECH

174万7900円

ハイウェイスターX プロパイロットエディション

184万3600円

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション

193万2700円

イチオシグレードは「S」から51万7000円もアップしちゃうんですが、そんだけ出す価値あるの? 疑問に思うのもわかります。

最上級グレードを買った方がいい理由はファミリーカー必須装備が揃っていること

理由はまず、ファミリーカーとしてはぜひ欲しい装備の有無。

両手がふさがっている時などに、足の動作でスライドドアが自動開閉できる「ハンズフリーオートスライドドア」が標準装備されるのは、助手席側のみが「X」154万6600円と「ハイウェイスターX」173万4300円。

足で開閉できるハンズフリーオートスライドドアが両側に標準装備

それ以上の「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」184万4600円からは、両側が標準装備になります。

さらに、夜間の明るさがダンゼン良くなるLEDヘッドライトも、装備されるのは「ハイウェイスターX」以上。

しかも「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」からはオートレベライザー付きになります。

SOSコール・プロパイロットが標準装備

そして、あおり運転などに遭遇した際に通報できたり、万が一の事故でも自動で救急手配してくれたり、安心感がぐっと高まる「SOSコール」が標準装備されるのが、「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」以上なんです。

もちろん、高速道路でアクセル・ブレーキ・ハンドル操作を全車速で制御して、安全性アップと疲労軽減に貢献するプロパイロットも、遠出をするならぜひ欲しいところ。

ファミリー利用ならまずはこの2択!

となると、必然的に「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」か、「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」の2つに絞られるわけです。この2つの価格差は8万9100円。

装備ではどんな違いがあるかというと、「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」には、ブラウンの本革ステアリングと、通常14インチのところ、15インチアルミホイールも装備されます。

ファミリーで軽を買うならターボは譲れない! ルークスを買うなら思い切って最上級グレードを

そしていちばん大きな違いが、パワートレイン。

「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」にはインタークーラーターボのマイルドハイブリッドが搭載され、それ以外の5グレードはすべて、自然吸気(ノンターボ)エンジンのマイルドハイブリッドになります。

街中利用だけならNAでもOK

燃費はターボが18.8km/L(WLTCモード)に対して、自然吸気の方がちょっと優秀な20.8km/L。

なので、セカンドカーとしての購入や、ファーストカーだとしても「乗るのは街中メインかな」というファミリーは、自然吸気モデルでもいいと思います。

高速道路利用もあるなら圧倒的にターボ! NAの軽で追い越しはしんどい

でも、3~4人家族で休日にはちょっと遠出をしたいな~というなら、高速道路を走る時もしっかり余裕があるターボを選んだ方が、パワーだけでなく静粛性や安定感など、快適性の方も満足度が高いはず。

おそらく、自然吸気エンジンをめいっぱい回して高速道路を走るより、ターボの方が実用燃費は良い場合もあると思います。

というわけで、ファミリーカーとしてのイチオシは、「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」。

おすすめオプションは快適パックB! たった3万円で便利機能をフル装備

そこにオプションで、後席まで素早くエアコンの風を届けて快適にしてくれる「プラズマクラスター搭載リヤシーリングファン」や、前席と後席の行き来ができるウォークスルーとしても使えるフロントセパレートシート、後席で食事などの際に便利なパーソナルテーブル、今やドライブにも欠かせないUSBソケット、子供が飲み物をこぼしたりしても掃除がラクな撥水加工シート、日差しを遮るロールサンシェードが全部セットになった、「快適パックB」3万3000円はぜひ付けて欲しいところです。

家族でロングドライブも安心快適な性能と、子育てがグッとラクになる便利装備が満載のルークスで、心にもゆとりが持てる毎日を手に入れちゃいましょう。

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は12月2日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はマツダ MX-30をご紹介!

▼最新TOP3

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
163.8万円245.4万円
中古価格:
12.8万円268万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 ルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ルークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる