日本では未発売!? 新型「日産ジューク」新旧モデル比較

  • 筆者: MOTA編集部

9年ぶりに(欧州で)新型ジュークを発表

2019年9月3日、日産はフルモデルチェンジした新型ジュークを、欧州5都市での日産独自イベントで発表しました。実に9年ぶりのモデルチェンジ、唐突な発表ゆえに驚いた人も多いのではないでしょうか。そんな新型ジュークの内外装や旧型との違いが気になっている人も多いはず。

どこが変わったのか、どんな部分を旧型から引き継いでいるのかを新型と旧型の画像で比較を行いながらチェックしていきます。画像を並べて見比べることで新型のジュークの進化が良くわかりますよ!

>>あのジュークが超スマートで高級感のあるデザインに! 新型・旧型ジュークを画像で比較!

エクステリア比較

フロントビュー比較

新型ジュークの外観デザインでは日産車を象徴する「Vモーショングリル」を強調するようなデザインとなりました。

全体的な配置は旧型を引き継いでいることや、特徴的な丸形ヘッドランプによって、新型もジュークだと一目で分かりますね。ちなみに、このヘッドライトはラリーカーの大型フォグランプをイメージしたものなんですよ。

新型の車幅は1800mm、旧型は1765mm(NISMOは1770mm)だったため、新型は35mmが広くなりました。

旧型のデザインで特徴的だったボンネット付近のポジションランプは廃止され、左右に伸びるようなスマートなデイライトとなりました。

リアビュー比較

テールランプの形状が大きく変わりました。旧型ではブーメラン型で特徴的なレンズでしたが、新型では旧型ほど主張の強いレンズ形状ではなくなりシャープな印象に。

しかし新型ジュークのテールランプのレンズを覗き込むとブーメラン型のコンビネーションランプが採用されています。ここにもジュークのDNAが引き継がれているのが分かりますね。

サイドビュー比較

フォルムは旧型を引き継いでいますが、ピラーをブラックアウトさせ軽快に見えるフローティングルーフを採用し、カジュアルでありながらシャープな印象となりました。Cピラーの色の切り替え部分のデザインもエッジがあり特徴的です。

旧型で特徴的だったフロント・リアフェンダーを強調するようなキャラクターラインは廃止され、代わりに新型ではフェンダーの幅が広くなりSUV感を高めています。

新型のサイドステップ付近には、車体側面にメリハリをつけるキャラクターラインがハッキリと表現されています。これは旧型から引き継がれたデザインではないでしょうか。

新型ジュークでは19インチの大型なホイールを採用しており、旧型に比べホイールがサイドビューを占める割合が高くなりました。

全長が旧型の4135mmに対して新型は4210mm、全高も1550-1570mmから1595mmとなり高くなりボディサイズはアップしています。

しかし柔らかいラインが多かった旧型に対して新型はエッジのあるデザインになったこと、ホイールが大きくなったことによりボディ自体のサイズアップはあまり感じさせません。

インテリア比較

新型のステアリングホイールは近年日産車で採用されているD型となりスポーティさが高まりました。またナビも大型ディスプレイが採用されています。日産デイズなどと同様に、アラウンドビューモニターもこちらに表示されるのではないでしょうか。

センターコンソールやエアコンの吹き出し口などに注目すると、旧型と同様に“丸”を意識した意匠が新型にも引き継がれていることが分かります。

旧型ではセンターコンソールがバイクのタンクをイメージしたという印象的な形状でしたが、新型もそのイメージを継承しつつシンプルにまとめられています。

新型では高速道路の単一車線でドライバーを支援する先進安全技術「プロパイロット」が搭載されました。

歩行者や自転車を検知する「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」や、車線逸脱防止支援システム、道路標識を認識して車速を調整する「インテリジェントスピードアシスト」、後側方車両検知警報など安全技術も充実させています。

後部座席の快適性を高めるために足元や天井スペースを拡大。膝周りを58mm、天井とシートのスペースを11mm広げています。収納スペースを20%アップさせたことで使い勝手も向上させています。

またシートの形状・素材がスポーティになり、ホールド性も高めたようです。ダッシュボードやドアトリムなどソフトタッチな素材となり、高級感を演出しています。

さらにオプションで高級素材のアルカンターラや革張りも用意されており、ラグジュアリーな内装にすることも可能なようです。

ボディ、ルーフ、インテリアのカラーリングも複数組み合わせて選べるようになるようです。

日産の新技術を搭載し、ジュークらしさを残しながらもリニューアルして登場した新型ジューク。新型と旧型を画像で比較してきましたが、新型も大変魅力的なクルマではないでしょうか。

なお、新型ジュークの日本での発売時期や仕様などは明らかになっていません。世界的にも日本でも人気なSUVですので、日本での発売も期待したいですね。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

日産 ジュークの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ジュークのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ジュークの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ジュークの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ジュークのニュース一覧

新型車解説の最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事