こんなクルマで駆け抜けたい! 美しさと強さを兼ね備えた至高の高級スポーツカー5選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
黒や白、シルバーといった落ち着いたボディカラーが主流の高級セダンに対し、赤や黄色といったビビットなボディカラーの多いスポーツカー。なぜなら、スポーツカーは走ること、運転することを心から楽しむために存在するかです。

今回は性能も見た目も振り切ったスポーツカーを5車種紹介!写真を見ながらフルスロットルで突き抜ける自分の姿を妄想してみてはいかがでしょう?

目次[開く][閉じる]
  1. 日本を代表するスーパースポーツ! 14年経っても一線級であり続ける日産 GT-Rを写真でチェック
  2. ガルウィング×700馬力! もはや敵なしのランボ “アヴェンタドールSVJ”にはスーパーカー世代も降参!
  3. 美し過ぎる最新フェラーリ! 過去の名車へのオマージュ、あなたはいくつ分かる? フェラーリ F8トリブートを写真でチェック
  4. レクサスのハイソなクーペにため息… 美し過ぎる国産最高峰のラグジュアリーカー、レクサス LCを写真でチェック
  5. 日本が誇るハイテクスーパーカー、ホンダ NSX│存在感溢れるド派手な外装を写真でチェック

日本を代表するスーパースポーツ! 14年経っても一線級であり続ける日産 GT-Rを写真でチェック

GT-Rといえば日産を代表するスカイラインのスポーツグレードとして、日本のみならず世界中で絶大な人気を博してきました。

6代目GT-RにあたるR35GT-Rはスカイラインの名が外れ、独立した新たなスポーツカーとして2007年に発売開始。

特徴的な丸目四灯ライトやパワートレイン等の基本設計は過去のGT-Rから継承しつつも、2021年現在までも続く改良により、2007年に発売されたとは思えないほど高品質でアグレッシブなスポーツカーになっています。

下記の記事ではそんな衰えを知らないスポーツカー、GT-Rの進化した姿を写真と共に紹介しています。

ガルウィング×700馬力! もはや敵なしのランボ “アヴェンタドールSVJ”にはスーパーカー世代も降参!

ランボルギーニから自社のフラッグシップモデル「アヴェンタドール」のハイパフォーマンスモデルとして、アヴェンタドールSVJが900台限定で2018年に販売されました。

ハイパフォーマンスというだけあり、700馬力のV型12気筒エンジンをミッドシップに搭載するなど、スポーツカーとしても非常にパワフルな仕様となっています。

また、スーパーカーを象徴するガルウイング仕様のドアは、スーパーカー世代にはたまらないポイント! 下記の記事では、ピュアな進化を遂げたアヴェンタドールSVJのスポーツカーぶりを写真と共に紹介しています。

美し過ぎる最新フェラーリ! 過去の名車へのオマージュ、あなたはいくつ分かる? フェラーリ F8トリブートを写真でチェック

トリブート(尊敬、賞賛)と名付けられたフェラーリ F8トリブートは、過去のV型8気筒エンジンを搭載したV8フェラーリのオマージュが各所に散りばめられています。

オマージュをコンセプトとしていながらも、徹底的に強化されたV8エンジンは優れたエンジンユニットとして多くの章を受賞。デザイン面でもV8フェラーリのオマージュを意識していると共に、現代的にアレンジもされているので、見る者を飽きさせません。

下記の記事では、最後のV8フェラーリとも言われるF8トリブートの、見ても楽しいオマージュデザインを写真と共に詳しく紹介しています。

レクサスのハイソなクーペにため息… 美し過ぎる国産最高峰のラグジュアリーカー、レクサス LCを写真でチェック

レクサスがLuxury Coupe(ラグジュアリークーペ)の意味を込めて、2017年から販売したのがレクサス LCです。

全長約4.8メートル、全幅1.9メートルのボディにV型8気筒5.0Lという非常にパワフルなエンジンを搭載。

鋭いラインのボディと、レクサスの象徴である大きなスピンドルグリルは高級感と美しさがあり、まさにラグジュアリーの名に相応しい豪華な1台です。

下記の記事では、国産の技術の結晶、レクサス LCの輸入車にも勝るとも劣らないラグジュアリースタイルを写真と共に紹介します。

日本が誇るハイテクスーパーカー、ホンダ NSX│存在感溢れるド派手な外装を写真でチェック

ホンダが誇るフラッグシップスポーツカーNSXは、2代目として約10年ぶりとなる2016年に復活しました。

NSXの特徴であるミッドシップエンジンに加え、電気モーターの力を借りたハイブリッドシステムを搭載。スポーツカーとして更なるパワーアップに成功しました。

地を這う様な低い姿勢とインパクト抜群の鋭いフェイスは、純粋たるスポーツカーの雰囲気と世界のスーパーカーにも負けないラグジュアリーな表情を両立。

下記の記事ではNSXのアグレッシブなスタイリングと、ドライバー目線で考えるホンダの工夫を写真と共に解説していきます。

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,464万円
中古価格:
578万円1,898万円
レクサス/LC
レクサス LCカタログを見る
新車価格:
1,327万円1,500万円
中古価格:
818万円1,797.3万円
ホンダ/NSX
ホンダ NSXカタログを見る
新車価格:
2,794万円2,794万円
中古価格:
720万円2,423万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる