日本を代表するスーパースポーツ! 14年経っても一線級であり続ける日産 GT-Rを写真でチェック

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
GT-Rといえば、元々は日産を代表するモデル「スカイライン」の最上級グレードの1つだった。だが、そんなスカイラインの名が外れ、世界の名だたるスーパースポーツと対抗すべく、2007年に独立車種として誕生したのが通称R35GT-Rだ。14年が経った2021年でも、日本を代表するスポーツカーであり続ける日産 GT-Rの凄さについて、内装外装の写真を交えながら見ていこう。
目次[開く][閉じる]
  1. 14年経っても最高峰のスポーツカーであり続ける凄さ
  2. すべては速さのため! 徹底的に空力性能を追求
  3. 速さ一辺倒ではないインテリア

14年経っても最高峰のスポーツカーであり続ける凄さ

スカイラインの名が外れ、いわば“新生GT-R”として生まれ変わったR35GT-Rが登場したのは2007年で、誕生から14年近くたった2021年でも新車として販売されている。フルモデルチェンジをすることなく、これほどの長期間販売され続けているのは驚きだ。

普通であれば14年も前に設計されたスポーツカーは、時代遅れと言われてもおかしくない。しかし、GT-Rは毎年のように進化を続け、2021年の現在も日本を代表するスーパースポーツであり続けている。

エンジンの最高出力は初期型の480馬力から、最新のNISMOでは600馬力までアップ。フロントバンパーや内装など目に見える大幅な改良以外にも、2017年の改良でCピラー(最後部の柱)の折り目を無くして空力性能を向上させるなど、とにかく重箱の隅をつつくような改良を積み重ねている。

その血のにじむような地道な改良を続けてきた結果、2007年からの基本設計を変更することなく、2021年現在も一線級のスポーツカーであり続けられるのだろう。

市販車初! 筑波1分切りを果たしたGT-R NISMO

そしてGT-Rを語る上で忘れてはいけないのが、NISMOバージョンの存在だ。600馬力にまで引き上げられた最高出力もさることながら、カーボンセラミックブレーキや専用空力パーツの採用。タイムアタックの聖地と言われる茨城県の筑波サーキットでは、市販車初の1分切りとなる59.361秒を記録した。

すべては速さのため! 徹底的に空力性能を追求

スポーツカーらしい攻撃的な印象のエクステリアデザインだが、ただ攻撃的なのではなく、すべて速さのためだけに設計されたものだ。

2020年モデルで言えば、大きく開いたフロントバンパーの開口部でエンジンルームの冷却性能を確保。対して、開口部が大きくなることで悪化する空力性能を補うため、サイドやリアのボディ形状が変更されている。

先に触れた進化する過程において、空力が占める要素はかなり大きい。その考え方はレーシングカーと同じで、究極の機能美と言っても過言ではないカッコ良さだ。

初期モデルから基本設計の変わらないリアセクション

迫力満点の4本だしマフラーや大型のリアスポイラー、そして、かつて冠していた“スカイライン”の流れを組む4灯式のテールランプなど、リア回りのデザインも細かな形状変更を除けば2007年に登場した初期モデルから大きくは変更されていない。

車の空力を考える上で、空気が抜けて行くリアセクションは非常に重要。そんなリア周りのデザインが大きく変わっていないのは、初期型の設計がどれほど優秀だったのかを物語っている。

速さ一辺倒ではないインテリア

スポーツ性能ばかりが注目されるGT-Rだが、快適な室内空間も特筆すべきポイントだ。

インストルメントパネルには、高級本革として知られるナッパレザーを使用。オプションとはいえ、ナッパレザーを一枚使いにすることで、コックピット全体に圧倒的な上質感と高級感を醸し出している。

4つのエリアで快適性を追求

そして、コンポーネントをひとまとめにした「スタートエリア」、ステアリングから手を離さずセットアップスイッチの設定やパドルシフト操作ができる「ドライバー操作系エリア」、ドアミラーやセンターディスプレイの視認性に富んだ「視認・情報エリア」、そして、ドアハンドルやアームレストといったパッセンジャーのための高級感を演出した「助手席ホスピタリティエリア」という4つのエリアに分けることでドライバーの負担を軽減させ、快適な車内空間を実現させている。

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
496万円1,908.1万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる