日本が誇るハイテクスーパーカー、ホンダ NSX│存在感溢れるド派手な外装を写真でチェック

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2016年にデビューしたホンダ 2代目NSX。見る者全てを釘付けにするド派手な外観に、ハイブリッドシステムをはじめ、さまざまな最新デバイスを装備して大きく生まれ変わった2代目NSXを写真と共に解説する。
目次[開く][閉じる]
  1. 最新のハイブリッドシステムで誰でも高レベルなコーナリングを体感できる
  2. スーパースポーツらしい低くてワイドなスタイリング
  3. “人間中心のスーパースポーツ”を体現するインテリア

最新のハイブリッドシステムで誰でも高レベルなコーナリングを体感できる

2016年に登場したホンダ 2代目NSXは、1990年から2005年まで販売されていた初代と同じく座席の後ろにエンジンを搭載し、ミッドシップスポーツカーらしい低くワイドなスタイリングを持つ。

V6 3.0リッター(後期は3.2リッター)の自然吸気エンジンを搭載した初代に対し、2代目ではツインターボ化されたV6エンジンに3つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。3つのモーターはエンジンに直結しているダイレクトドライブモーターと、前輪の左右に配置されたツインモーターユニット(TMU)で構成されている。

この、3モーターハイブリッドシステムは「SPORT HYBRID SH-AWD」と名付けられ、システム最高出力581PS、システム最大トルク646Nmを発生。また、各モーターの回生力とブレーキを利用することで、自然な荷重移動(トルクベクタリング)と旋回力(ヨーモーメント)を生み出す。難しい操作を意識せず、誰でも高レベルなコーナリングを体感できる。

座席後方に配置されるエンジンの後ろには、9速のデュアルクラッチトランスミッションを搭載。多段ギアとモーターを組み合わせたことにより、スーパースポーツにありがちだった気難しいクラッチ操作は不要で、尚且つ優れた環境性能と滑らかな乗り心地、さらにレスポンスの良い走行性能を実現した。

スーパースポーツらしい低くてワイドなスタイリング

外観は低いボンネットにワイドな印象を強調する横長のLEDヘッドライトを装着し、ドアのすぐ後ろには、エンジンへ空気を送るエアインテークを設けた。

シンプルにまとめられたリア回りには、左右のテールランプをつなぐ横一文字のレッドガーニッシュが装着され、横方向への広がりとスポーティーさを演出している。

足まわりは前後異径のホイールを装着。フロント19インチ、リア20インチのアルミ鍛造ホイールの奥には、カーボンセラミックブレーキローターを装備(カスタムオーダー)。さらにフロント6ポット、リア4ポットのアルミモノブロック製の大型キャリパーが装着され、速さには欠かせない強力で確実な制動力を発揮する。

“人間中心のスーパースポーツ”を体現するインテリア

内装は「Human-Support Cockpit」というコンセプトをもと、ドライバーが運転に集中できるシンプルな造形が特徴。ダッシュボード、メーターフード、ベルトラインは視界を妨げないよう出っ張りや抑揚を抑えた。

さらにセンタークラスターおよびセンターコンソールは、ボタンの数が少なく運転に必要なスイッチ類が並ぶ。ナビ画面下の大型ダイヤルはドライブセレクトとなっており「Quiet」「Sport(標準モード)」「Sport+」「Track」の4つモードを選択できる。

ちなみに、Quietモードはエンジン回転数を抑えるだけではなく、アイドリングストップやモーターのみのEV走行を積極的に使用するモード。スーパースポーツでありながらEV走行ができるのは、NSXならではの大きな特徴だ。

シートはサポート性に優れたヘッドレスト一体型のセミバケットタイプを採用。サイドサポートの張り出しが大きすぎないため、乗降性に優れているのもNSXならではの配慮だ。

NSXのコンセプトである「人間中心のスーパースポーツ」は、乗り降りにに関わるシートにまで行き渡っている。

ホンダ/NSX
ホンダ NSXカタログを見る
新車価格:
2,420万円2,420万円
中古価格:
482.3万円2,534.6万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ NSXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ NSXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ NSXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ NSXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ NSXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる