MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 GT-R NISMO 2020年モデル 試乗|あの辛口評論家の心をも動かすGT-R、遂に登場

試乗レポート 2019/7/8 14:00

日産 GT-R NISMO 2020年モデル 試乗|あの辛口評論家の心をも動かすGT-R、遂に登場(1/2)

関連: 日産 GT-R Text: 国沢 光宏 Photo: 日産自動車
日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]
日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]画像ギャラリーはこちら

尊敬すべき存在だが、欲しくはならなかったGT-R

今まで日産 GT-Rに対し相応の敬意を払ってきた私ながら、2007年のデビュー以来「欲しい」と思ったことは一度も無かった。単に速いだけのクルマだと認識していたからだ。

しかし! 2020年モデルをベースにした『GT-R NISMO』のハンドルを握ったら、最後の1台として真剣にGT-Rの購入など考え始めている自分に気づく。超いいクルマです!

>>2020年モデルはどこが違う!? 新しいGT-Rを画像で見る[フォトギャラリー]

目指していたのは「ニュル最速」の称号だった

なぜGT-Rに魅力を感じなかったのか? 前述の通り、速さだけ追求したクルマだと思っていたからに他ならない。

実際、GT-Rをゼロから開発した水野さん(2007年発売時の開発責任者、水野 和敏氏)最大の目的は「ニュルブルクリンク※のラップタイムNo1の奪取」でしたから。

デビューした当時のGT-Rのハンドルを握ると、速いけど乗り心地の悪さにウナらされる。洗練の反対といってよかった。

もちろん硬いクルマが好きな人は全く問題無いと思う。されど、ポルシェに代表される外国製スポーツモデルや競技車両で感じる「ホンモノの強さ」や「奥行き感」無し。聞けば「GT-Rに試乗したけれど自分の好みと違った」と諦めた人は少なくないようだ。

※ニュルブルクリンク:1周20キロを超えるドイツのニュルブルクリンクサーキット北コース(ノルトシュライフェ)。高低差があり変化に富んだ難コースで、世界の自動車メーカーがスポーツカーなどの開発にも用いることでも知られる。

日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]日産 GT-R NISMO 2020年モデル[Photo:日産自動車]

開発責任者が交代し、2014年モデルからはGT-Rの変革が始まった

されど開発責任者が水野さんから田村さん(田村 宏志 チーフ・プロダクト・スペシャリスト)に変わり、大きく変わり始めた。

2014年モデルから乗り心地が劇的に変わり、続く2017年モデルでも「絶対的な性能を落とさず正統派の良いクルマ」という方向となってきた。もう少し詳しく書けば絶対的な速さはピュアに走りを追求する『NISMO』の役割にして、標準モデルはポルシェ911ターボのように毎日の足として使える味付けを目指したワケ。

残念ながら、それでも私は文頭の如く敬意を払うも欲しいと思えなかった。

<参考>

GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)/日産 新型 GT-R 公道試乗レポート[2016/9/15]

そんなことを考えつつ新しいGT-R NISMO 2020年モデルに乗って心底驚きましたね! 本来なら速さを追求したモデルなのに、素晴らしく上質で快適で楽しいクルマだったからだ。どんな評価基準を持ってしても「最良」であります。フロントバンパーからリアバンパーまで妥協無し!

>>GT-R NISMO 2020年モデルをサーキットから一般公道まで走らせてみた印象は!?[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 GT-R の関連編集記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR