GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)/日産 新型 GT-R 公道試乗レポート(1/4)

GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)/日産 新型 GT-R 公道試乗レポート
日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏 日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏 日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏 日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏 画像ギャラリーはこちら

GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)

日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏

すでに先行試乗会なども行われていた「日産 GT-R」の2017年モデルをやっと試すことが出来た。

>>日産 新型 GT-R[2017年モデル]画像ギャラリー

結論から書くと「やっぱりGT-Rって凄い! しかも楽しい! 内容を考えれば素晴らしくお買い得である。そして、今まで乗る度に不満を感じていたことの原因がやっと解った。この点さえ気にならなければどうぞ!」

・・・になります。

R35型「GT-R」、約9年間の変遷について改めて振り返る

日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏

2017年モデルの内容についてはオートックワンで何度か紹介しているが、とりあえずウンチク&今までの流れから入らなくてはならないクルマだと思う。

御存知の通り、開発責任者・水野和敏さん時代のGT-R(2007年~2012年)は、基本的にワンスペックを貫く。

すなわち「ニュルブルクリンクでタイムアタックするスペックのまま、街乗りもしてください」ということ。

これ、基本的に難しいと私は思う。サーキットで速いクルマと、一般道で楽しいクルマは全然違うからだ。

実際、ポルシェだってレース仕様とストリートバージョンをハッキリ分けている。どうやら水野さんも、GT-Rの開発をすすめていくにあたり「これ以上サーキットを速く走ろうとすれば、街乗りで厳しくなるかもしれない」と考えていたようだ。

>>日産 新型 GT-R[2017年モデル]画像ギャラリー

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる