autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)/日産 新型 GT-R 公道試乗レポート

試乗レポート 2016/9/15 15:28

GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)/日産 新型 GT-R 公道試乗レポート(1/4)

関連: 日産 GT-R Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志
GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)/日産 新型 GT-R 公道試乗レポート

GT-R 2017年モデルはやっぱ「凄い!楽しい!お買い得!」(1点を除いて)

日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏

すでに先行試乗会なども行われていた「日産 GT-R」の2017年モデルをやっと試すことが出来た。

>>日産 新型 GT-R[2017年モデル]画像ギャラリー

結論から書くと「やっぱりGT-Rって凄い! しかも楽しい! 内容を考えれば素晴らしくお買い得である。そして、今まで乗る度に不満を感じていたことの原因がやっと解った。この点さえ気にならなければどうぞ!」

・・・になります。

R35型「GT-R」、約9年間の変遷について改めて振り返る

日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏日産 新型 GT-R[2017年モデル] 公道試乗レポート/国沢光宏

2017年モデルの内容についてはオートックワンで何度か紹介しているが、とりあえずウンチク&今までの流れから入らなくてはならないクルマだと思う。

御存知の通り、開発責任者・水野和敏さん時代のGT-R(2007年~2012年)は、基本的にワンスペックを貫く。

すなわち「ニュルブルクリンクでタイムアタックするスペックのまま、街乗りもしてください」ということ。

これ、基本的に難しいと私は思う。サーキットで速いクルマと、一般道で楽しいクルマは全然違うからだ。

実際、ポルシェだってレース仕様とストリートバージョンをハッキリ分けている。どうやら水野さんも、GT-Rの開発をすすめていくにあたり「これ以上サーキットを速く走ろうとすれば、街乗りで厳しくなるかもしれない」と考えていたようだ。

>>日産 新型 GT-R[2017年モデル]画像ギャラリー

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 GT-R の関連編集記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR